スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国・・・・・古いものが好きな国

.26 2007 海外旅行 comment(2) trackback(0)

2007年6月26日(火)


ココ生後10ヶ月(体重1.6Kg)


姪の娘が飛び入りしたために一回飛んじゃいましたが、「花の都パリ」からの続き、1971年のお話です。


カミさんがパリで遊んでいる間、アタシはクアラルンプールでひと仕事して、そこから西回りでロンドンへ直行です。カミさんとはヒースロー空港で待ち合わせです。


そう、ヨーロッパへのアタシの第一歩はロンドンから始まったんでした。イギリスと言えばかつての大英帝国。誇り高きジェントルマンの国。


20070625224807.jpg
(そう、プードルはフランス原産です。でもココは肥後の国で生まれたんですけどね・・・・)


勤めていた会社が英国系だったので、日本でも英国人との付き合いは多かったのですが、確かにスノービッシュな人もおりました。でもその一方で、気さくで人付き合いの良いウェールズ出身のおっさんタイプの人もいて、色々です。


でも、本国へ行くと大英帝国の名残なのか、誇り高いと言うか、権高いと言うか、 スノービッシュと言うか、取っつきにくかったです。ともかく気安くない。お堅いんです。


例えば、今は知りませんがあの当時(1971年)は、レストランなどでアルコール類を飲ませてもよい時間は制限されておりました。その時間をホンの数分過ぎてからビールを注文したら冷たく拒絶されました。周りでは皆美味しそうにジョッキを傾けているのに・・・・・。


イギリスではそれほど法令順守の精神が徹底されているのかと思い知らされました。


 20070626092436.jpg


(肥後生まれのオマエに言われたくないヨ)


 


20070625110005.jpg


( ロンドンで宿泊したケンジントン・クローズ・ホテル)


言葉もキングスイングリッシュもあればオーストラリアでは当たり前のコックニー訛りまであって、まるで分らない英語が耳に入ってきます。


20070626082511.jpg


 そりゃー、アタシが大学生の頃の話。いまじゃ標準語で話してくれまっせ。




20070625115359.jpg
(ロンドンブリッジではなくて、タワーブリッジでした。コメントにより修正します)


それにしてもロンドンは一年中傘を手放せないと聞いていましたが、ドンヨリした天気が続き気分が陰鬱になります。


 20070625115412.jpg
(ロンドン塔。それにしても陰鬱)


20070626155818.jpg


それに古い建物ばかり。東京が建設ラッシュで、霞が関ビルとか京王プラザホテルなど高層ビルが次々と建てられていたのに比べると、まるで活気がありません。


 


20070625120835.jpg
(国会議事堂)


20070625120929.jpg
(ピカデリーサーカス)


それでも木と紙で出来た古い家とコンクリートの新築ビルが併存するチグハグな感じの我が東京 に比べると、ロンドンの街並みは重厚で調和のとれた佇まいを感じさせます。


 20070625120945.jpg
(トラファルガー広場)


 


さて、アタシが泊まり込みの研修でいない間、カミさんは日本で重役だったオーストラリア人のC氏宅に滞在させて頂きました。


 20070625121121.jpg


御主人のC氏は海外出張中で、ロシア出身の奥様とわんチャンがカミさんの面倒を見てくれました。


20070625121145.jpg
(C氏邸の入口)


ロンドンからは数十キロ離れているんですが、ともかく大邸宅でした。 


 


20070626094412.jpg
(C氏邸の庭)


 それにしても年月を感じさせる建物です。


しかし、これで驚いちゃいけません。


20070626094433.jpg


 こちらは近所に残っている築5,6百年の家。この時まだ現役で人が住んでおりましたが、古色蒼然を絵に描いたみたいな家でした。イギリスには古いものを大事にする文化があるとは聞いていましたが、家具や小物だけでなく、家そのものにも骨董価値を認めているんですね。


20070626161427.jpg


その後20年くらい経ってシェフィールドという都市に行った時、大学教授が招待してくれた家は築600年で内部を大改造したご自慢の家でした。庭も自分で造作して小川を通して、自宅の庭で獲ったトラウトをごちそうしてくれました。そういうところにお金をかける贅沢もあるんですね。


 


 


20070626094450.jpg


 雨があがって陽が差し始めた田舎の小路。こんな路を犬と歩いていると、都会の喧騒を忘れて心がなごんできます。


 


20070626094505.jpg


 そして曲がりくねった小路を通り抜けると、目の前がぱっと開けて美しい田園が広がります。


イギリスはこういう田園風景が奇麗ですネ。島国ですが日本と違って高い山がないので、丘陵地帯が続き広々とした風景です。


 20070626162557.jpg


あ、研修は食事もお酒も美味しかったです。


 


それと、今日はココママの手作りのマフィンも美味しかったです。


 20070626164657.jpg


 

ぐらっぱ亭( ̄ー ̄)
いかにも古色蒼然とした写真の数々。40年も昔のネガじゃ、ココの言うとおりかも知れんなー。多少変色しているところが古い感じでいいよ。あの橋だけど、ロンドン・ブリッジじゃなく、タワー・ブリッジだと思うけどね。イギリス人、時に腹立たしく思うこともあるねー、確かに。慇懃無礼というか。そうか、あの頃は時間制限あったんだね、アルコールを出せる。それより、マフィンがうまそう。今度、ご馳走してもらおうっと。ココママによろしくね。
2007.06.28 11:51
ココパパ
ぐらっぱ亭さんへ

古いネガを引っ張り出して、スキャナーにかけたらホントにカビだらけの写真が多くてね。修正できないこともないけど、すげー時間がかかるんで、ま、汚いけど時代ものだから我慢してもらおうかーって載せちゃいました。
マフィンは絶品でした。買ってきたマフィンとは全然違いました。
2007.06.28 13:52

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/99-d73cffc8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。