スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ放送の黎明期

.17 2007 シニア日記 comment(4) trackback(0)

2007年4月17日 (火)


 ココ生後7ヶ月と22日


「パソコンと女房車は新しいほうが良い」と言いますが(いわねーか?)、新しいパソコン、気持ちいいですねー。サクサクと機敏に動いて、前に使ってたのがラッシュ時の小田急線の各駅列車だとすると、今度のは新幹線ってところですか。


でも、早いのはCPUとメモリーがアップグレードして、アプリケーションもインストールしたてだからであって、OSがVISTAであることは全く関係なし。ちなみに、前のパソコンを購入直後の設定済みの状態にリカバリーしたら、動きはほとんど新しいのと変わらなくなっちゃいました。


そんなら買い換える必要ないじゃん、と思う方は前回4月14日の記事をご覧ください。


20070417184835.jpg


  さて、閑話休題、今でこそテレビは水や空気みたいにあって当たり前 - なくても困らないけど ー でありますが、テレビを初めて見た時には正直、びっくり仰天でしたね。それまでの娯楽の主役は、ラジオと映画で聞くだけか、フィルムになったものを見るしかなかったんです。相撲にしろ、野球にしろ、ほかの場所でおこっていることが、全然別の場所で映像になって映るんですから、子供のアタシにゃ不思議な箱でしたよ。


そう、昭和28年でしたナ。NHKが放送を始め、まもなく日本テレビも放送開始した年です。アタシが小学校5年で11才の頃、ちょうど今のココの年頃ですよ。


まずNHKが大相撲の中継を始め、そのうち、日本テレビがプロ野球を放送し始め、街頭テレビは黒山の人だかりだったですね。昭和29年になるとプロレスの中継で、力道山の活躍に大人も子供も夢中になったもんです。


20070416161431.jpg


それまでは戦争に負けて意気消沈していた上に、進駐軍に首根っこをつかまれ言いなりにされていたようで、うっ憤がたまっていたんでしょうナ。アメリカからやってきた大男のシャープ兄弟を空手チョップで叩きのめすのを目の当りにして、誰もが拍手喝采。


20070416161249.jpg


 それで、街頭テレビの人だかりはますます膨れ上がって遥か彼方の小さな画面でしか見れなくなっちゃいました。まだまだ、自宅にテレビを持ってる人は少ない時代でしたから。


ところが、その時我が家にはテレビがあったんですヨ。アメリカ製のマジェスチックとかいうブランドでした。別にうちが超マジオニウルトラスーパー金持ちだったわけじゃございません。親父殿がこのテレビの輸入販売を手伝っていたもんで、タダ同然の値段でもらった一台をうちに置いといただけなんです。


国産テレビはシャープが14インチで17万5千円でしたが、アメリカ製は17インチで25万円だったそうです。このころの銀行の初任給が大卒で5600円だったといいますから、今の40分の1くらいですか・・・・。そうするとアメリカ製のテレビは今だったらなんと1千万円!


知らんかったですねー、そんな高いもんとは・・・・。だからなんですね。お茶の間の一番いい場所に鎮座してましたっけ。


20070417184854.jpg


しばらくすると、テレビが家にあるっていうんで、ご近所の方が「ちょいと見せて下さいナ」とやって来るようになりました。そのうちに噂が広がって、来る人の数が段々増え、夜なんか玄関は履物でいっぱいでした。家の中は電気を消し、八畳二間のふすまを開ききって、テレビだけが光を放っていましたよ。観客は八畳一杯に入っていてアタシの入る場所もない、なんてことがしょっちゅうでした。みんな、プロレス中継を見に来てたんです。


中継が終わって電気がパッと点くと、見ず知らずの人が半分くらい。そう、あの頃は玄関は開けっ放しで、誰でもテレビを見に入れるようにしてたんです。そうしないと、玄関のベルに対応するのが大変なんで。まあ、そんなのんびりした時代でした。


 20070416185003.jpg


アタシ達の小学校時代は塾なんかなくて、 せいぜい家庭教師をつけるくらい。その家庭教師も勉強を教えるよりも、プロレスの相手にされるほうが多かったです。外に出れば背の高い草の生えた空き地があちこちにあって、チャンバラごっこに恰好な場所は事欠かない。遊びに夢中になり、夕飯時になっても家に帰らないんで、お袋によく家まで引っ張って行かれたもんです。首に縄をつけて引っ張られてくみたいな気がしていやなもんでしたよ。ココも同じような気がしてるんですかね。(http://f.flvmaker.com/mc.php?id=8iHOZg.BXhMULHK_GXIJNlMc_ti65dhZwX3SHaFkNOKLmXZ9VBmSJqiLp7yBcg0YQeVWN6mafse9XNLaEDpcn9


20070417184908.jpg

misu☆
ココちゃん、激しく引きずられていますねー。
そこまで抵抗するココちゃんも実はがんこモノ???

TVそんな時代があったんですねー。
今は普通にどの部屋にも1台ある時代ですものね。
パソコンででも見れちゃうんですよねー。

私はド田舎出身なので、実は我が家にTVが来たのは、ココパパさんと同じ年くらいなんですよ!
しかも中古で、白黒でしたー。
夢中になって見てたのは、「愛と死を見つめて」「ザ・ドリフターズ」「ザ・べストテン」とかです。(ここら辺は時代が反映してますね)
2007.04.17 23:49
ココパパ
misu☆さんへ

そうなんですよ、ほんとに頑固です。テコでも動きませんから。
一人娘で甘やかしたのかなーと反省してます。

そういえば、今やテレビの時代からパソコンの時代に移っていますね。テレビを見るよりパソコンに向かっている時間の方がずっと長くなっています。(ま、最近は見るに値するテレビ番組が少なくなっているせいもあるけど・・・・)

あ、それからVISTAは自分の今の環境が全部対応できるのを確かめてからの方がいいですよ。電子認証なんか対応してないのもありました。
2007.04.18 17:01
ぐらっぱ亭( ̄ー ̄)
動画、今回はココママの声が入っているところがいいですね。
ヴィスタ、やはり当面導入を控える方が賢明のよう。
ココパパが早々と導入してくれて、大いに参考になりました。
ところで、愚亭が近所のラジオ屋の軒先でプロレス中継に夢中になっている頃、何と自分んちで見てた奴がいるとは!!!まるで別世界じゃ、こりゃ。
2007.04.18 23:30
ココパパ
ぐらっぱ亭さんへ

ホントかいな?動画に音声が入ってるって・・・・・
音声は入れないように設定したはずなんだけど。実際アタシのPCで再生しても音声は聞こえまへんで。
2007.04.19 08:19

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/86-1b3293b6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。