スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフレ目標よりも賃上げ目標を

.02 2013 シニア日記 comment(0) trackback(0)
今日は20℃前後のポカポカ陽気。

ココを連れて森厳寺から北沢川緑道の散歩に行く。


ゼッタイはなれないからネ

お散歩とわかると靴を履く間も待ちきれず膝の上に乗ってしまうので、靴の紐を結ぶのに一苦労する。

北沢川にはちっちゃなシラサギがよく来る。今日も来ていた。

130202動物


こんな陽気だと春も近いと思ってしまうのだが、桜のつぼみを見るとまだまだ春は遠い。

130202自然


庶民の暮らしのほうも、厳しい冬が当分続きそうだ。税金を引き上げたり物価を引き上げたりする話ばかりで、お給料を上げてやろうなんて話は一向に出てこない(多少の税優遇措置で企業の給与引き上げを誘導しようとはしているが、効果は果たしてあるのだろうか?)。
安倍首相は「消費税を引き上げていく前に、デフレから脱却をして経済を力強い成長軌道に乗せていく必要がある」との持論からインフレ目標2%を何が何でも達成しようと躍起になっているが、なんかヘンだ。
肝心かなめの庶民の生活の向上が前面に出てこないから、国民全体としては将来への不安が根強く残っている。これではいくら日銀に2%のインフレ目標を押し付けたところで、庶民の財布のひもは固くなるばかりだ。

今最も優先すべきことは物価水準の引き上げではなく、国民の所得水準の引き上げなのではないか。

安倍さんには、「今後10年間、給料を毎年2%引き上げます」という約束を経済団体から取り付けてもらいたい。これまで経済界に十分な貸しを作っている自民党ならば、それくらいの要求は飲ませる力もあるだろう。かつては「10年間で所得倍増」を公言実行したこともあるのだから・・・・。

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/795-9b873400
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。