スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敬語って疲れますネ

.22 2007 ペット comment(5) trackback(0)

2007年3月22日(木)


ココ生後6ヶ月と27日


最近敬語の乱れがしきりと話題にのぼりますネ。


昨年の10月に文化審議会が発表した、敬語の新しい分類方法が議論を呼んだようです。


丁寧語、尊敬語、謙譲語の3つに分類してきた敬語を、「美化語」「謙譲語2(丁重語)」を加えた5分類に細分化。謙譲語を、「謙譲語1」と「謙譲語2(丁重語)」に分けました。

 謙譲語1は「申し上げる」「伺う」など、へりくだって相手を立てる表現。謙譲語2(丁重語)は話し相手に主に自分の行為を丁重に述べるもので、「参る」「申す」などが当たるとしています。


 20070321214641.jpg


確かに敬語の使い方を間違うと、「ジョーシキの無い奴」と軽蔑されるか、「無礼な奴」と上役から目を付けられ、人間関係がぎくしゃくしてしまいます。


とは言うものの、敬語を必要としない世界を経験してくると、敬語っていうのはエネルギーを使うものなんだ、とつくづく思います。


30年近く前に二年半勤めたカナダの会社では、相手が社長だろうが取締役だろうがファーストネームで呼び合い、敬語的表現はほとんど意識しないで話していました。社内での地位は責任と権限を与えられた役割であって、あくまで人間としては平等であるという感じ。個々の人間、つまり独立した個人を尊重するというのが根底にあるからなんでしょうネ。


そこへいくと、日本では世の中の仕組が上下関係でがんじがらめに縛られている感じです。自分の立場がこの世の中でどの位置にあるのか、つまり誰が目上で、誰が目下に当るのか、あるいは同格になるのか、きちんと把握した上でしゃべらないと、通ることも通らなくなります。


 20070321214719.jpg


 カナダから帰国して一番とまどったのは、この人間関係の複雑さ。


例えば、会社の会議。社長や上役の日本人、それに同僚、部下の日本人が出席しているだけでなく、外人の会長、取締役、上司が同席し、日本人のそれぞれに的確な敬語を使い分けなければなりません。一方外人には敬語よりもロジックを重視して話す必要があります。


 ココちゃんはそうゆう苦労がなくていいよね。でも、自分の伝えたいことが思うように伝わらないで癇癪を起したくなるんじゃないかな?


20070321214745.jpg


それにしても、このボサボサぶり。ボロ雑巾みたい・・・・・


で、トリミングに行って来ました。 


 


20070321214801.jpg


 じゃーん!


ハイ、しっかりポーズ。


20070321214812.jpg


 お、こちらからも可愛いね。赤いおリボンをつけてもらって、少しは女の子らしくなったかな?


20070321225900.jpg


 全体のカットもとっても綺麗で、今度のトリマーさんには大満足です。


 


20070321225915.jpg


 でも、ココにはストレスが大きかったようで、珍しく膝の上でグッスリ。


 では、最後に動画の習作です。ココのマンボダンス、6秒だけですから見落とさないように・・・・・・


スタートボタンを繰り返し押していただけると、感じが伝わります。


 動画はコチラ(http://f.flvmaker.com/mc.php?id=rRxcPpX4__GKUTAF6Eq.PMqehLcwBpXOjEYGJBYuJLOSEhQXPKHlXbvu73Ci8JqIZgVPU2ekbjlAYViZCdF7hzs


 

カーリー・チョコ
はい…わたくしも、敬語の使い方には自信がありません。
我が子達にも、きちんとした話法を伝えたいと思います。

ココちゃん、キレイにしてもらったのね!
ぴかぴか・つるつる・ふあふあね♪かわいいよ~(^o^)/

しかも、ダンス さいこー!笑っちゃいましたー(≧▽≦)♪
2007.03.23 22:30
ココパパ
カーリー・チョコさんへ

ホントは敬語なんて使わなくて済めばいいんですけど、日本に住んでいる限り逃げられない宿命ですね。

ワンチャンにも命令語と褒め言葉をちゃんと分けて使わないと、混乱するんじゃないかと思うのですが、つい、「ココちゃん、ダメでちゅよー」なんて叱ったりして、我ながら恥ずかしくなってます。
2007.03.24 00:04
ぐらっぱ亭( ̄ー ̄)
最近、めちゃくちゃに日本語の上手い外人が多数、テレビにも登場するけど、さすがに敬語は無理でしょうねー。日本語で一番難しいのが数の数え方、つまり後に来るもので、一枚、一本、一葉などと使い分ける言い方とこの敬語でしょう。その点は外国語は簡単極まりないものね。
最近、NHKのアナウンサーですら正しく敬語使えない事例も珍しくなくなったから、一般人、まして若者には使えないでしょうね。中国語や朝鮮語もここまで細かい分類しているとは思えないしね。西洋語はまずほとんどないと言っていいでしょう。
2007.03.24 11:25
ココパパ
ぐらっぱ亭さんへ

「日本人は農耕民族で、村社会、ゲマインシャフト的思考にどっぷり漬かってきたから、他人のことに気を配る習性が抜けないんだ」みたいなことを、どこかで読んだような気がします。
よく言えば他人への思いやり・気配りだけど、これが高じると主体性が欠如する危険性があります。日本の外交なんてその典型ではないかって、思ったりもするんですよ。(もちろん、裏には色々なご事情もありでしょうがね)
2007.03.24 16:47
ぐらっぱ亭( ̄ー ̄)
ココパパどの、まったくその通りですよ。日本外交の6カ国会議でのあのテータラクは、まさにその典型じゃないでしょうかね。ほんとにナサケナイ!
2007.03.25 07:53

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/77-f8c40aad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。