スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発の再稼働

.07 2012 シニア日記 comment(4) trackback(0)
原発の再稼働に関する報道


原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長は十七日、
定期検査で停止中の原発を再稼働する条件とされている安全評価(ストレステスト)の一次評価について
「再稼働とは関係ない。二次評価まで終わらなければ、安全性の判断はできない。
一次評価は安全委が要求している(安全性の)レベルに達していない」との見解を示した。
(東京新聞2月18日)


「福島第一原発事故の検証結果も分からないうちに安全だとは言えない、ということで当然のことだ」と思いました。斑目さんもまともなことを言うようになりましたね。

デタラメ委員長の


藤村修官房長官は21日午前の記者会見で、原子力安全委員会の班目春樹委員長が原発の安全評価(ストレステスト)をめぐり1次評価だけでは不十分との見解を示したことについて、再稼働の手続きに影響しないとの立場を強調した。「再稼働は総合的に政治が判断する。現時点では今のプロセスに基づいて行うべきだ」と述べた。

同時に「班目氏も1次評価で再稼働を判断する政府方針を否定しないと言っている」と指摘した。
(産経ニュース2月21日)


安全かどうか



原発を推進したい人たちは、形式さえ整えれば何が何でも原発を再開させようとしているように見えます。本気で安全性を追求しているとはとても思えません。こういうことだから、今回のような原発事故が起こったのに・・・。


枝野幸男経済産業相が本紙の単独インタビューに応じ、需要がピークを迎える夏の電力対策で
「どういった場合でも対応できるよう最大限の努力をする」と述べ、
原発の運転ゼロを想定していることを明らかにした。

原発の再稼働では安全性を最優先に判断する考えをあらためて示し、
電力不足を理由に再稼働を目指す動きをけん制した。
(中日新聞2月20日)


枝野さん、見直した



電力不足だから原発の再稼働が必要なのではなくて、コストが安いから原発を動かしたいのです。
原発が動かなくても一時的には多少高くなっても火力で補えるはずです。
それに日本中が知恵を絞って1割省エネすれば、電気代だって増えないでしょう。
省エネ投資を加速させる政策に予算を回せば、省エネ関連産業が活性化して国内経済を元気にすると思うのですが・・・。


細野豪志環境相兼原発事故担当相は、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から1年となるのを前に産経新聞のインタビューに応じ、全国の原発が5月にも全停止する可能性について、安全性を確保した上で「再稼働は必要だ」との意向を示した。細野氏が立場を明確にするのは初めて。

 細野氏は先月の会見で、「再稼働の問題は経済産業省原子力安全・保安院が一義的に負っているので、踏み込んだ発言はできない」としていた。インタビューでは「(規制強化を)継続する中で、安全性が確保できたものについて再稼働は必要だと思う」と述べた。
(産経ニュース3月4日)


困ったものです。原子力ムラの圧力には到底太刀打ちできない人なんでしょう。環境相県原発事故担当相がこれでは、お先真っ暗です。「安全性が確保できたものについて」と条件を付けていますが、原発が全停止するのを避けるためにという文脈の中では、ストレステストの1次評価で妥当と判断したものは再稼働すべきだと主張していると理解します。


野田佳彦首相は3日、米CNNや外国メディア18社とのインタビューで、定期検査で停止中の原子力発電所について、今夏の電力需給の安定に向けて「稼働できるものは稼働していく」と語った。「政府を挙げて地元の理解を得られるように全力を尽くす」とも述べ、再稼働は地元の理解を前提とする従来方針も改めて強調した。
(日本経済新聞3月4日)


これでは枝野さんは孤立無援です。野田さんも官僚の神輿に乗っかって国民の安全には目をつぶる積りなのでしょうか。日本にある原発が絶対に安全であるとはとても信じられません。3.11の強烈な地震の画像をテレビで見て、津波の前に地震で壊れてしまうと思いました。何しろ送電線の鉄塔が倒れてしまうくらいの揺れだったのですから。実際、「津波の前に原発は壊れていた」という作業員の証言も出ているようです。


「再稼働は地元の理解を前提とする」となっていますが、原発がある自治体の首長は、表面的にはほとんどが慎重な姿勢を見せていますが、本音は原発を動かしたいようです。多額の交付金もあるし、電力会社からの寄付金や税収もあります。地元経済の柱にもなります。原発周辺の住民にとっても、原発で働く人もいるし、そういう人たちを客にしている商売もあるでしょう。だから地元の理解というのは案外コロッと出て来て、なし崩し的に再稼働が始まるということは大いにあり得ることだと思います。


原発の問題はつまるところお金の問題です。経済界は安い電力が欲しいし、原発の地元自治体は経済的利益が欲しいし、住民は生活の糧が欲しい。日本全国の国民も電気代は安い方がいいし、会社が安い電力で利益を上げる方が安心でしょう。

しかし今現実に起きていることを考えると、お金で解決できることならお金をかけてでも原発は使わないでやっていくしかないように思われます。福島原発事故はこれから何十年も日本国民を苦しめることになるでしょう。放射能による健康被害がどこまで広がるのか、経済的にもどれほどの国民負担になるのか、誰もはっきりとした答えは持っていないようです。ただ時が経過するにつれ、被害の予測は悪い方へ悪い方へと膨れ上がっていくでしょう。
東電も原子力安全・保安院も、政府も、原発事故の被害をこれまで出来るだけ小さく見せようとしてきたからです。何事も「大したことは無い、大丈夫だ」と問題がないように言っておいて、後で事実が出てくると「パニックを起こさないためだ」とか「確証がとれなかったからだ」とか弁明します。
こういう人たちが原発の再稼働について安全判断を下したところで、誰が信用するのでしょう? それでも安全宣言を出して再稼働をしてしまうのは、それこそ原発の安全神話時代のやり方で、福島の教訓をないがしろにするものだとしか言えません。

日本の将来が心配


昨今の安全性を無視した早期再稼働の動きに、驚き呆れ憤慨して、舌足らずですが一文したためました。

相子
お久しぶりです。舌足らずではありませんよ。分かりま~す。実に恐ろしい時代です。
私は毎日怒っています。
2012.03.09 18:44
ナンバースリー
こんにちは、
ココちゃんは相変わらず可愛いですね
セーターが良く似合ってます

パパさんの意見に本当に賛成です
原発技術者の方で平井憲夫さんの言う方の
「原発がどんなものか知ってほしい」というブログがあります
原発の無謀さが淡々と書かれています
吃驚しますよ
事故が起きる前に亡くなっているみたいですが


http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html
2012.03.09 22:30
ココパパ
相子さんへ

原発の恐ろしさを真剣に考えもせず、安い電力の恩恵に浴してきた世代の人間として、これからの若い人たちにツケを回す結論だけは、何としても阻止したいものです。
2012.03.10 22:42
ココパパ
ナンバースリーさんへ

おかーさん手編みのセーターです。似合うと言っていただけて、おかーさんもさぞかし喜ぶことでしょう。

ナンバースリーさんに教えていただいた平井憲夫さんの「原発がどんなものか知ってほしい」を読み、動画も見ました。

随分昔からこういう警鐘が鳴っていたのに、余りにも無関心でした。今、現実に原発事故の深刻さを突き付けられ、電力会社、監督官庁、専門家、政治家のいい加減さを目の当たりに見て、こういう人たちに任せておいてはいけないと痛感したところです。
2012.03.10 23:08

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/731-44566b99
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。