スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中林ちづ子さんの絵

.15 2011 シニア日記 comment(0) trackback(0)
中林ちづ子さんは、おか~さんの友達(みっちゃんとクニエちゃんという夫婦)が紹介してくれた画家である。

デザイナーのみっちゃんは当然だが、奥さんのクニエちゃんも目が肥えている。品が良くて美しいものを見極めるセンスは抜群である。

そのみっちゃん夫婦が「すごくステキな絵」と評する中林ちづ子さんが、個展を開いているというので先日みっちゃん夫婦と連れだって見に行った。

絵はまるで分からない



中林ちづ子-1


中林さんの絵はいわゆる抽象画ではあるが、岡本太郎の「芸術は爆発だ!」みたいな強烈な自己主張の絵ではなくて、控え目で上品でオシャレな作風である。なるほど、みっちゃん夫婦が気に入るわけだ。


中林ちづ子-4

おか~さんはこの絵が好きだと言う。30x40cmのやや小ぶりな作品で、みっちゃん達も誉めていた。案内はがきにも使われた画である。



中林ちづ子-2


ボクが魅かれたのは上の大きめな絵(57x73cm)。実物はもう少し明るい。暖かい白色基調の色彩空間が優雅で上品に思われた。中林さんも「「実はあたしもこの絵が一番気に入っているの」と言ってくれた。


中林ちづ子-5

この他にもいいなぁと思う絵がいっぱいあった。

中林ちづ子-6



家の中に飾るのなら、具象画よりもむしろこういう絵の方がオシャレな感じがする。


確かにステキね


展示は11月19日(土)まで。

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/702-a5150865
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。