スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

採血とエコー検査

.06 2010 シニア日記 comment(0) trackback(0)
11月2日(火)

虎ノ門病院で採血とエコー検査。

今日の看護士さんは新顔の女性。ゆったりした口調で「オナマエヲ オッシャッテ クダサ~イ」、「○○センセーデ ヨロシイデスカ~?」と聞く。採血するときも注射針をゆったりと射す。一気にツッと入れてくれれば痛みは少ないのだが、ゆっくりと皮膚を突き破って入ってくる注射はとても痛く感じる。血液を抜くときもトロ~リ、トロ~リとゆっくりだ。魂まで抜き取られるているような気になる。

エコー検査は若い女性技師。ニュルニュルしたゼリーみたいなものをお腹に塗って、探触子という超音波を発生させる検査機でお腹の周りをグルグルなで回す。
「大きく息を吸って~」と言われて思いっ切り息を吸い込む。次に、「ハ~イ、プーと息を吸って~」と来た。

ムッ、ムッ、ムリ~!


これはかなり難しい(試しにご自分でおやりになればお分かりいただける)。

最初は「プーと息を吐いて~」の聞き間違いかと思ったが(これまではプーときたら息を吐いて、とつながっていた)、最初から最後までず~っと「大きく息を吸って~」のあとに、「プーと息を吸って~」だったから、これがこの先生のやり方なのだ。仕方がないから最初に目いっぱい吸わずに7分目くらいにして、プーと言いながら残りを吸うように努めた。慣れてくると何とか出来るようになる。やれば出来るものだ。


検査を終え料金支払いの窓口へ。研修生の女の子、長いつけまつ毛を思いっ切り上下に開いて付けているので、ビックリしたような顔である。その顔を見て、こっちもビックリした顔をしているのだから、おあいこだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/615-e2d77ef9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。