スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイジシュートを目指す

.21 2010 シニア日記 comment(2) trackback(0)
7月20日(火)

それまで日も差していたのに、4時過ぎから一天俄かにかき曇りドシャ降りの雨である。

100720景色

ネットで雨雲の動きを見てみると、軽井沢周辺だけ雨雲が発生しあっという間に30ミリ/時間以上の赤色に変わっていた。いわゆるゲリラ豪雨のようだ。

5時少し前、雨が上がったのでゴルフの練習に出かける。今降った雨が蒸発して、濡れた路上から霧のように白い靄(もや)が立ち上っている。中軽井沢から5分も運転しないうちに、道路は全く乾いていた。このあたりは雨は全然降らなかったのだ。


今年は何としても100を切りたい。ゴルフのことである。

もちろんそのためには練習が必要である。プロゴルファーになると、一日練習を怠っただけでも自分の力が落ちるのが感じられるという。

ブランクが1日でも


教則本によると、ボールを狙い通りに飛ばすためには、正しいスウィングをしなければならない。そして、正しいスウィングをするためには準備体操から始めなくてはならない。

準備体操は、ウサギ跳びや腕立て伏せのような筋トレよりも、ストレッチングの方が効果がある。身体が固くなっている上に骨がモロくなっているので、フルスウィングすると複雑骨折の恐れがある。

準備体操というものはふつう、これから身体の力を使おうとするときに行うものであるが、ゴルフではスウィングするときは力が入ってはいけないという。
どの本にも力を抜くことが大切だと書いてあるのだが、大切だと分かっていても思い通りにはいかない。力を入れろと言われても力が入らないくせに、力をぬけと言われたら力が入ってしまう。しかも準備体操で身体を整えているためか、効率よく力が入ってしまう。ゴルフを練習した後には、たいてい身体中の筋肉がパンパンになっている。

テレビで一流ゴルファーがプレーしているのを観るのは、よい勉強になる。たいていのゴルファーは打つ前、クラブの軌道を確かめるかのように素振りをしている。普段通りのスウィングを思い出しているのだ。ボクもこれを実行しているが、あまり効果が無い。

だから曲がる



自信をもっていうが、シングルプレイヤーにはなれないであろう。しかしエイジシュート(年齢と同じかそれ以下のスコアでまわること)は出来るのではなかろうか。百二十歳くらいになれば、今のレベルを維持さえすればエイジシュートも可能である。こう思って、長生きするために健康の維持には人一倍努めている。


イージーなんだから

相子
とても面白いです。アマの極意?を突いているような感じがします。
気分と反対方向へと飛ぶ、近ずけたいのに離れる。パターの時だけのメガネが欲しい。
お察しします。
昔々私は只管尺取り虫の如く、前に飛べればそれだけ満足しました。距離もホールも関係ないのです。それでやっていると聞いたクラスの男の子(じ―さん連です)我も我もとコーチに名乗りを挙げました。
げに恐ろしきは腕が良いと思いこんでいるクラスメートのおのこです。
2010.07.21 23:38
ココパパ
相子さんへ

万年初心者の悲しさ、偶に出たドライバーのナイスショットのあと、尺取り虫でやっとのことで辿り着いたグリーンも3パットというゴルフです。忍耐力のみ鍛えられている今日この頃です。
こんなレベルのボクがコーチ役のおかーさん、気の毒の極みです。
2010.07.22 12:19

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/568-70f9f048
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。