スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あたえよ、さらばあたえられん

.29 2010 シニア日記 comment(0) trackback(0)
軽井沢、国道18号線バイパスの土手。目を凝らすと、こんなところにも野の花が・・・。

100624花a

アヤメ?


100624花b

さりげなく野に咲く花も、

100624花c

よく見ればキレイなものだ。

写真の方が

そう言うココも、写真では実力以上だ。

うまく撮ってネ


100625花a

オヤ? 虫が飛んできた。

100625花b



ウワッ! こっちではハチがヤグルマソウにむしゃぶりついている。


100625花c


アッ、逃げた!


100625花d



良く見れば、ムシケラみたいに小さい虫が花の中に・・・。

100625花e
(画面を2回クリックすれば良く見えます)

植物はこうやって甘い蜜で虫を誘って、花粉を運んでもらうんだ。

考えてやっていることとは思われないが、植物にも知恵というものがあるのかな?

「遺伝子というのは種の保存のために利己的である」とものの本に書いてあったけど、植物は「花粉を運んでくれたら蜜をあげるよ」とは言わない。蜜を一方的に与えるだけである。虫の方は知らぬうちに花粉を身体に付けて運んでいる。
「あたえよ、さらばあたえられん」を地で行っているみたいだ、・・・たとえ結果的には利己的な行動になっていても。

人間社会の方はもっとせちがらくて、「くれなきゃやらないよ」、「これやるから、あれやって」のギブアンドテイクが横行してる。
まあ、だからこそ「あたえよ、さらばあたえれん」というような教えがあるんだろう。人間以外の動物や植物にはそんな教えは必要ないようだ。


オアズケ

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/561-2b661045
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。