スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイスショットを引きずらない

.19 2010 シニア日記 comment(4) trackback(0)
100719花a


ゴルフの全英オープンをテレビで観る。

最終日の昨夜は石川遼君のプレーが午後11時前には終わったから良かった。トーナメント3日目はきのうの午前3時まで見ていた。おかーさんは途中からウトウトし始め、時々フッと目を覚ましては「ドウナッテル~?」と聞き、又ウトウトする。
「そんなんなら、もう寝たら」と言うと、「気になって眠れない」と分かったような分からないことを言う。

100717a.jpg

ココもそばでクッションの下にもぐりこみ、ボーとしている。



石川遼君は通算2アンダーで27位タイに終わったが、最後まで気持ちを切らさずに難コースに挑んだ姿は立派だった。トーナメントに参加した9人の日本選手の中では断トツの成績だ(谷口が3オーバーで60位タイ、宮瀬が4オーバーで68位タイ、残りの6人は予選落ち)。
世界のレベルはまだまだ高いということだが、伸びシロの大きい遼君の今後が楽しみだ。


遼君は1ラウンドの中でバーディーも多いがボギーも多いという出入りのある選手だ。4日間のトーナメントの間でも大たたきの日もあれば、6つも7つもスコアーを伸ばす日もある。優勝したかと思えば予選落ちしたり、試合ごとでも出入りが激しい。

一球ごとに出入りが


出入りが激しくても良い成績を残すというのは、ミスショットしても後に引きずらないからだ。気持ちのコントールが出来るということだが、これがゴルフでは大変大切である。というのも、ちょっとした気持ちの乱れが脳から筋肉に伝わり、次のショットで普段通りのスウィングが出来なくなるからである。その結果ミスがミスを呼び、メロメロのスコアになる。
実はこの気持ちのコントールがシロウトには大変難しい。

一流プロのフィル・ミケルソンでも「試合中はミスショットを忘れることに集中する」と言う位、気持ちの切り替えが重要かつ難しいということだ。


エッセイスト・作家の阿川佐和子さんも文芸春秋の七月号に書いている。

50才になってからゴルフを始め、6年間で100を切った回数はほんの数回しかないと言う。友人に「ちょっと前のショットをあーだこーだと引きずり過ぎじゃない?」 と言われてなるほどと思ったそうだ。これからは「たとえハーフで71を叩いたり、バンカーで7つも叩いても引きずりません、引きずりませんとも・・」とためらいがちに宣言している。


しかしミスショットが当たり前の人間には、ミスショットがあとを引きずるということはない(慣れとは恐ろしいものだ)。むしろ、タマに出るナイスショットの方が警戒を要する。ヨーシと勢い込んで、次のショットで力が入るのだ。その結果、空振り、チョロ、シャンク、トップとあらゆるミスショットを連発することになる。

この前は


ナイスショットを引きずってはいけないのだ。


金太郎
私も4日間見てしまいました。
遼くんの今回のプレーは、最後まで攻めのプレーだったような気がします。特に決勝ではミスを恐れず、たとえミスが出ても攻めるときのミスだったような。
ホールアウトした後のコメントは、プレーよりゴルフや自分そのものを語っていたような気がします。すばらしい選手です。
蛇足ですが、プレー途中に入る松岡修三さんのコメントは、的はずれの、意味のないコメント連発だったように感じて、聞き苦しかったと、私は感じました。

遼くんのこれからのプレーもそうですが、人間としての魅力も益々期待できる青年ですね。
2010.07.19 15:29
ココパパ
金太郎さんへ

全く同感です。
スポーツキャスターとしての松岡はトンチンカンで、解説の青木も困っているようでしたね。観戦の邪魔になるだけでした。

遼君はまだまだ成長しそうですが、頂点に向かう道をまっすぐ歩んでいる感があります。
おかーさんも遼君に関しては口をきわめて褒めちぎっています。
2010.07.19 22:36
金太郎
>松岡はトンチンカンで、解説の青木も困っているようでしたね。
青木さんにたしなめられているのに、知らん顔。全英オープンに出てくる選手が全く使わないクラブをバッグに入れるわけがないでしょう。
セント・アンドリュースを攻める戦略を立て、戦術的に0番アイアンという武器を選んだんですから、その性能を知っていると言うことなのに、、、うるさいコメントでしたね。

最終日はスタッフから言われたのか、修三さんのコメントは少なかったのですが、最後にまた蛇足コメントしてましたね。でも結局遼君のコメントのすばらしさに、まっ松岡はどうでもいっかぁって気分になりました。

強いて遼君に言うとすれば、「次の試合前にクレアラシル使いなさい」、、、かな?(笑)
2010.07.19 23:49
ココパパ
金太郎さんへ

遼君、クレアラシル使ってニキビ直してもいいけど、そうしたら又使用前使用後でCMに登場しそう・・・。
いや、遼君が使っていない筈はない、きっとなかなか治らないからCMに使えないのでは・・・?

松井秀喜はアメリカに行ってからニキビが目立たなくなりました。一説によると湿度の高い日本より、乾燥しているアメリカの気候が肌にあったのだとか。
遼君もアメリカのPGAツアー主体に活動すれば、ゴルフにも肌にも磨きがかかるとおもうのですが。
2010.07.20 15:51

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/545-95a65b3d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。