スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治雑感

.25 2010 政治 comment(1) trackback(0)
100313花-1

テレビや新聞では政治の話題で連日賑わっている。
(自分がそういうニュースばかりを追いかけているせいかもしれない)

鳩山さんもちっとは考えてモノを言えばいいのに・・・・。

鳩山さんが、生方副幹事長を解任するのを容認するかのような発言をした後で、世論の反発が強いのを知って急遽取り消し留任にしたという話。言わずもがなのことを言うからだ。
小林千代美衆院議員の違法選挙資金の問題では、小林氏が議員辞職も離党もしないと表明したのに対し批判が高まると、鳩山首相は「早急に幹部で何らかの協議をする必要がある」と言っちゃった。でも、小林氏にケジメをつけさせると小沢幹事長や自分にも火の粉が降りかかって来ると気が付いて、様子見を決め込んでいる。

物言えば


国民新党の亀井さんは
郵貯限度額を2000万円に引き上げたり、政府出資比率を3分の1以上にしたり、旧特定郵便局局長を日本郵政の経営幹部に任用することなど、
強硬に推し進めようとしている。
旧体質の郵政利権グループに癒着して、郵政票を取り込んで、政治権力を維持しようとしているんだろうな。



民主党にしたって、長崎県の知事選では、「民主党の候補を長崎県が選ばなければ、民主党政権は長崎に対しそれなりの姿勢を示す」なんて脅しをかけたり。これ、石井一さんが言ったこと。利益誘導の裏返しである。

また民主党・高嶋良充筆頭副幹事長が2010年1月19日、時事通信のインタビューに答えて、
「自分たちを支持し、政権を支えてくれる人たちに予算を配分するのは先進国では当たり前。国民はマニフェスト(政権公約)で選んだのだから、その通りやるのは当然だ。」
なんて言っちゃうんだから・・・。あいた口がふさがらないヨ。

あらまぁ~

この政権交代ではっきり分かったことは、「政治家は選挙に勝つことが最大の関心事であり、そのためには利益誘導は政治の世界では当たり前のことなのだ」ということである。自分や自分の党に票を入れたり資金援助してくれる組織・団体に報いるということは何ら恥ずべきことではなく、それこそ政治家としての使命であると信じているのだ。



民主党が公務員改革の推進には及び腰であるのは、官公労が民主党を支持しているからなんだろうな。日教組も民主党支持だから、日教組の要請をむげには断れないんだ。

すべては選挙に勝って政権を維持することが最優先で、民主党はあからさまにそれを実行している。自民党は経験豊かで隠れてやっていたから、国民はそれほどひどい利益誘導優先の政治とは気がつかなかった。一部に鈴木宗男のような利益誘導を公然と肯定していた政治家もいたが、世論は彼を擁護はしなかった。

ゆるせない



日本の政治・行政が金縛り状態になって、にっちもさっちも行かなくなった最大の原因は、利益誘導型政治がもたらす利権癒着で一部の幸福のために大部分が犠牲になる矛盾が限界まで増大したからだろう。


小泉さんが成し遂げた政治的功績は、自民党をぶっ壊したことであろう。自民党の支持基盤・利権グループが反対することを断行して利益誘導を断ち切ったのである。象徴的には郵政民営化であり、郵政票は自民から離れた。
それでも小泉さんが選挙で大勝したのは、浮動票を引きつけたからである。

100325梅


小沢さんは浮動票に頼らずに確実に勝てる選挙をめざしているから、組織票を徹底して固める積りなんだろう。これまでの自民党の支持基盤を、アメとムチで民主支持へ鞍替えさせているのは周知の事実だ。


小沢さんが利益誘導で組織票を固めても参院選に勝てるとは限らない。世論次第では浮動票が民主離れに走ることだってあるのだ。世論によって、選挙の風向きが極端に変わることは前の衆院選・参院選ではっきりしている。


自民党以上に利益誘導を大っぴらに行うような民主党であれば、ぶっ壊れた方が国のためである。

その先は、政界再編である。参院選で民主が惨敗すれば民主党が割れて政界再編になるだろう。その方がすっきりすると思うのだが・・・・

参院選どーなる

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.03.26 09:43

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/514-8359e8b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。