スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はみ出せ! 國母クン

.16 2010 シニア日記 comment(2) trackback(0)
079.jpg


バンクーバー五輪でスノーボードのハーフパイプ競技に出場する國母選手の服装問題

ことの始まりは、バンクーバー空港における國母クンの服装がダラシナイということらしい。
そして、謝罪会見のフテ腐った態度がひんしゅくを買った。
さらに、橋本聖子団長との謝罪会見でも反省の色が見えないと非難された。

本人はあの制服を自分らしく着こなした積りだと思う。少なくとも寝坊してあわてて飛びだして来たために、ああいう格好になったのではないだろう。國母クンが精いっぱいファッショナブルに整えた、彼独自のファッションセンスなのだ。
スキー場で見かけるスノボーのファッションはダボダボな服でズボンを腰まで下げて、我々の目にはだらしなく見える。しかし、あれが流行で彼らが格好いいと思っているのなら、どうぞご勝手にと思うだけだ。ファッションの好みまで人に押しつける問題ではない。

おとーさんが押し付けるの


ああいう格好がファッションだとすると、國母クンのバンクーバー空港での姿はスノボースタイルの延長上にあると思う。シャツのすそをズボンの中に入れ、ネクタイをピシッと絞めるなんてダサイのだ。スノボーファンに笑われてしまうと國母クンが思ったとしても不思議ではない。。

要はファッションの好みの問題で、良いとか悪いとかいう話ではないのではないか?

ピーコさんに聞いてみたら



國母クンにすれば、自己表現・自己主張のつもりで着こなしをきめたと思っていたら、その美的センスは全否定されて「みっともない」と断定され、それゆえマスコミの面前で謝罪しろと強要されたのだ。多分面食らっていただろうし、腹も立ったのだろう。
公式の場での格好ではない。移動中に自分好みの格好に着こなして、なんでこんなに非難されるのか、理解できなかったのだろう。


小沢さんの方が





少なくとも海外のメディアで、國母クンの姿を見て「日本にはこんなみっともない格好をしてオリンピックに来るやつがいる」なんて報道はあり得ない。むしろ「こんなことで日本のマスコミが大騒ぎして、日本でも侃々諤々の議論になっている」ことの方が記事にしやすいだろう。


ハーフパイプという競技は半円筒の部分から大きくはみ出して、空中での格好をきめることで勝負する。

049.jpg



心理的には、半円筒の部分が世間という枠で、その枠から思いっ切りはみ出して自分の姿を自己表現する、という部分があるのかもしれない。

國母クンよ。出場すると決めたのなら、思いっ切りはみ出そう!


バッグからはみ出して

杣人・somabito
はみだす・・・なるほど上手いことおっしゃいますね。
私、ココパパ様のご意見に賛成です。
ハーフパイプしに来たのに何言っているんだ?って思っていました。
連盟も報道陣も小さくてつまんない。
しかも出身大学まで応援中止とは・・・教育の世界が情け無い。

送り出した国民の代表を足引っ張ってどうするの? って思っています。
國母選手には気持ちよく滑ってもらいたいですね。
2010.02.17 05:57
ココパパ
テレビで國母クンの記者会見の様子を見た時には、國母クンの態度の悪さに驚き「イヤな奴だな」とは思ったのですが、同時に報道の袋だたきのようなバッシングにも違和感を強く感じました。
ベッドに入ってからも、國母クンの会見での姿が目に焼き付いて離れず、彼の心情を思い測ってずっと悶々としていたのです。そしたら、なんだか、可哀相になってしまって・・・・。だって、旅行中の服装のことでしょ。好き嫌いはあっても主観の問題だし、一方的にダラシナイと決めつけられ、謝罪しろと要求されたら、ボクだったら国に帰っちゃうでしょうね。でも、國母クンは周囲になだめられ、応援してくれた人たち、支援してくれた人たち、期待している人たちのことを考えれば、自分ひとりの問題ではないと分かって、謝罪して出場するのに同意したんだろうな・・・・などという思いが頭の中をグルグル駆け回って、寝付かれなくなりました。
いろんな意見の方もあると思いますが、ともかく自分に思いを吐き出して、これで安眠できそうです。
杣人さんが同じような意見で良かった・・・・。
2010.02.17 09:52

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/490-7a5ba18d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。