スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

採血はキライだ

.30 2010 シニア日記 comment(6) trackback(0)
1月25日(月)

渋谷までおかーさんと歩く。下北沢の自宅から所要時間37分。

おとーさんは虎ノ門病院へ採血に、おかーさんはデパ地下に買い物に行く。

口調が似てる


おかーさんがデパ地下で買い物をしていると、大きなイカがタイムサービスで3杯500円でドンドコ売られていました。おかーさんはそのイカを買って胴を開いてみると、中からイカ太郎ではなくて細長い白い虫が出てきました。イカの皮膚に刺さるように沢山ついています。

イカにはアニサキス、ニベリニアという寄生虫がいるそうですが、体形(5mmくらいの米粒型)からニベリニアのようです。加熱すれば食べても無害なのだそうですが、おかーさんは気持ち悪いといって捨ててしまいました(もちろんニベリニアだけじゃなくてイカも)。




さて、虎ノ門の採血。

先週の木曜にも地元の病院で採血だった。採血続きだが、ブログネタのために採血に行くのではない。

採血フェチ


女優の大空真弓さんが”徹子の窓”で「あたし、注射は好き。何本だってどんどん打ってちょうだいってクチよ」と言っていたが、ボクはその手の人間ではない。そもそも大空真弓さんのような人の方がマレの筈だ。テレビ番組の「ヘンな生き物・100連発」で激レア動物を紹介していたが、ひょっとしたら大空真弓さんも見逃した中に入っていたかもしれない。

ボクが2カ月に一回、虎ノ門で採血するようになってからかれこれ24年になる。律義に欠かすこともなく続けているが、こんなに長いこと飽きずに続けていることは他にない。長く続けているからと言って、採血のされ方が上達するわけでもなく、愛着がわくということもない。正直言って採血はキライだ。

さて、この日もいつも通り左腕のひじの内側の血管から採血してもらおうと、腕をまくって突き出した。看護婦さんが「こちらでよろしいんですか?」と聞くから、「エエ」と答える。さらに「ここでいいんですね?」とひじの内側の血管を指さしている。見ると紫色のハレが残っていて、押すとまだ痛い。前回の採血の名残だ。
右腕にすれば良かったと後悔したが、今更ここでいったん差し出した腕を引っ込めるのはみっともない。

歯を食いしばって




これだから採血はキライだ。


1月28日(木)

Sクリニックで健康診断。

採血の結果も



先週と同じ看護婦さんがキビキビ、テキパキと検査を進める。
心電図、身長、体重、腹周りを測る。自分の手に測定値を書いて、それを診断票に記入する。

直接診断票に

手があいたときに診断票に清書している。これも時間節約なんだ。

レントゲンはS先生がやる。


血圧を測って先生を待つ。
先生は眼球を覗き、口の中を見、首の付け根を触診し、聴診器で呼吸の音を調べ、胃の周りを押す。レントゲンの写真を見ながら、診断票を見ながら、スラスラとよどみなく昨年と全く同じ診断を下す。
すべて一見すればたちどころに答えが出てくるのだ。


コンピューターより



名前を呼ばれてから30分で終わる。




血糖値がほんの少し正常値をオーバーして要指導となった。
質問票の「世の中のために自分は役に立っているとは思わない」に「ハイ」と答えた件については要指導とならず不問であった。


家の中で

たまには役に立たねばと作ったのがこの「なすのいなかふう」。

なすの田舎煮

なすのザク切りをたっぷりの油で炒めてしょうゆと水でクタクタになるまで煮込むだけ。(詳しい作り方はコチラ

油としょうゆの旨味をたっぷりと吸い込んだなすが、熱いご飯に乗せるともうタマリマセン。こんなに美味しくて経済的で簡単な料理はめったにゴザイマセン。(お酒のつまみにも絶品!)

トイ・プー軍団のボス
ココちゃんの寝姿可愛い~
またひとつ・・・とっておきのココちゃんができましたね。

私も、イカの虫・・・経験があります。
あっ、胃に刺さったわけではないですよ~
若いころ、イカ刺しを食べようと「朝イカ」を買ったんですけど、
やっぱり開いて透かしてみたら、虫が点々と・・・
どうして、透かして見たかと言うと・・・
職場の人から聞いて、まさか~と思ったんですよね。
もうもうビックリ!
それまで気にせず食べていた現実は一体・・・!
それ以来、生のイカは調理したことが無いです。
火を通すことにしました~
あっ、外食した時は食べてますよ。

相変わらず、辛口のココちゃん。
「採血フェチ・・・」は受けました!
パパさん、狙い通り・・・です(笑)

もう梅の花が咲いているんですね。
いいな~、暖かそう~~~
2010.01.30 21:23
ココパパ
イカの虫でも、ニベリニアの方は米粒みたいでまだ我慢できますけど、アニサキスは小さなミミズか回虫みたいで、火を通しても食べる気にはなりません。おかーさんはニベリニアでさえ煮ても焼いても食べたくないと言っています。当分は外でもイカの刺身は食べないと言いってます。そのうち忘れると思いますけど・・・・・。

札幌はまだまだ冬真っ最中ですか。今日ココを連れて近所を歩いていたら、桜が開いているのを見つけました。早咲きか狂い咲きでしょう。昔、引退間近と思われた大関・琴桜が優勝を重ねて横綱になったときも「姥桜の狂い咲き」と言われたことがありましたっけ・・・・。
それにしても、地球はやはり暖かくなっているようです。
2010.01.30 22:30
杣人
こんにちは。
函館から戻り、市場で買ったやりイカと蛸をお刺身にしてぱくついています。
私も水洗いをして、ある程度は気をつけていますが、
まぁいいか!って。(駄洒落になってない?)

注射は得意とはいいませんが、あまり苦手意識もありませんね。
子供のころ、よく病院で「いたくないからね~」なんていう看護婦さんを
「何言ってんだい。痛いものは痛いんだ。」と腹の中で思い。
「ちょっと痛いけど我慢してね」っていう看護婦さんには、
「ふん、素人め。ちゃんと痛くないように刺せばいいのに」なんてこれまた
こまっしゃくれていました。
変に病院なれした子供・・・

二ヶ月ごとの採血。どうぞお体大切にしてください。

ココちゃんはコテンしてても、パパさん目線ですね。可愛い!
2010.02.01 15:14
ココパパ
函館では美味しいものをいっぱい召しあがってきたようですね。その上、帰ってきてもなお、お土産の蛸・イカで刺身ですか・・・。ウ・ラ・ヤ・マ・シ・イ~。

注射に強い人もいるんですね。針を刺されるところをジッと見つめて、血液が注射針の中にトクトクと流れ込むのを最後まで見届けてる。
ボクは針を刺される前に深呼吸をして、目を閉じて息をスーと吐きながら意識を注射からそらします。そのまま看護師さんが「ハイ、終わりました」って言うまで、目をつぶっています。みっともない話です。

杣人さん、ダジャレ名人です。弟子入りさせて下さい。
2010.02.01 20:50
二葉 キララ
注射。私も苦手です。
会社で行う定期健康診断の日が近くなってきました。
毎年言われることは決まっています。それは、超低血圧。
ブログに書いたかもしれませんが、私は収縮期血圧80。
拡張期血圧40の低血圧女です。
いつも何となく頭の中がフワ~として、階段昇降時の昇りは平気なのに
降りるときには、めまいで足がもつれます。
危険ですね・・・・。
2010.02.01 22:29
ココパパ
うわ~、凄い低血圧ですね!
それで採血されたら、気絶してしまいそうです。
毎日の生活も大変でしょう。気をつけて下さいね。

国家試験、お疲れ様でした。合格を心よりお祈り申し上げます。

ウメキチ君にもよろしく、です。
2010.02.01 22:59

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/481-9f2ab9a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。