スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

採血ヤダナ~

.24 2010 シニア日記 comment(2) trackback(0)
1月21日(木)

健康診断で近くのSクリニックへ採血に行く。

ケンコーシンダンンだそうです





S先生はアメリカ帰りで、最新の医学情報にも常に目を配り、患者の診察も手早く、立て板に水の如く診立てをしてくれる。

レントゲンやエコー検査をする設備も整っている。これで待合室の椅子をマッサージチェアにしてくれれば文句ないところだ。

おとーさんのヒザで



当然、看護婦さんや事務の女性も要領よく仕事をこなす。事前に書き込む質問票も素早くチェックし、抜けてるところを見つけてくれる。
「世の中のために自分は役に立っているとは思わない」にハイ、かイイエ、どちらですか?
そうだ、この質問はずっと考えていて未だに答えを決めかねていたのだ。この際恥を忍んで、正直に「ハイ」と答える。

家の中でも




採血の順番で名前を呼ばれる。看護婦さんは、「ちょっとチクリとしますよ~」といいながら、

チクリ!


ガマン、ガマン



「ちょっと~、針、太いんとちゃう?」と思わず叫びたくなったが、がまんする。

血管に入れた針から血をグビ~と抜き取って行く。

「気分悪くないですか~?」と看護婦さん。口調も表情も優しいが、血を抜く手は容赦ない。グイ、グイ、と注射器に血が引っ張りこまれる。

犯罪捜査なら現場に残された血痕からでもDNAまで分かるのに、なぜそんなに大量に血液が必要なのか? 余った血を蚊の餌になんかしたら承知しないからな。

貧血を起こすのではないかと恐れたが、「大丈夫です」と答える。なぜこんな時に見栄を張るのか自分でもよく分からない。


針を刺した跡にガーゼをかぶせ止血用のゴムバンドで固定し、2分半のタイマーをかけて、看護婦さんは他の用事でどこかへ行ってしまう。タイマーがなると、さっとどこかから現われて、バンドをはずしガーゼを取り除き、止血用の絆創膏を貼ってオシマイ。

一週間後にS先生の内診を受けて、診断してもらう。

トイ・プー軍団のボス
採血お疲れさまでした~
この「採血」ひとつとっても、
ココパパさんにかかると、こんなにも
面白いブログになっちゃうんですね~
たかが採血・・・されど採血・・・でしょうか~(笑)
もちろん、私も採血は大っ嫌いです!

我が家のカプは、注射をする前から
注射器が近づくと、「ギャオ~~~」「ギャオ~~~」と叫びます。
あれだけ叫んだらすっきりするだろうな~と思います。
注射器を覚えているようです・・・もしかして賢い?

昨日の金太郎さんとの会話・・・
とっても楽しく読ませていただきました。
「大人の会話」ですね・・・
そんな会話の出来るお二人がとっても羨ましく思えました~ウフッ!
2010.01.25 20:35
ココパパ
ココは診察室ではボクにしがみついて離れません。でも、注射にはケロッとしてます。ボクよりもずっと強いようです・・・もしかして鈍感?

2010.01.25 23:15

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/477-66a4f9d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。