スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココはドコ? ワタシはダレ?

.31 2009 シニア日記 comment(6) trackback(0)
車の運転は自慢ではないが自信が無い。
運転している自分でも予測できない急発進・急ブレーキの連続で、自分で車酔いするくらいだ。
助手席のおかーさんは、のけぞって、ありもしないブレーキを踏み、悲鳴をあげる。

「前にトラック~!!」
「右から自転車が出てくるー!!!」
「信号、あか~!」

恐怖の連続でクタクタになると、睡魔が襲うらしくウトウトし出す。
そういう時はボクも同じで、眠くなってしまう。

眠りながら運転する自信は全くない。眠気覚ましにはCDで音楽を聴くことにしている。

オヤスミ前のアダージョ


楽曲は眠くなるのが多い。やはり歌が良い。それもポピュラーなもの。
一緒に歌っていると眠くならない。
どういうわけか、他人の歌とかしゃべりを聞くと真似したくなる。


感染しやすいタチ


ペリー・コモなんか音域も近いし、鼻にかかった甘い低音の声は真似ていれば、発声練習にもなる。
ペリー・コモの「追憶」の次にナット・キングコールの「スターダスト」だ。ハスキーで喉声でありながら、鼻にもかかった声で、これはかなり難しい。
ディーン・マーチンがボ・ラーレを歌う。ベロベロに酔っぱらったような歌い方だ。真似して歌っていると前方にパトカーが止まっている。酔っぱらい運転で捕まるかも知れないので歌うのを止める。
CDが変わって、さだまさしになる。詩とメロディーが良く合っていて、「秋桜(コスモス)」とか「無縁坂」とか「縁切寺」とか好きな曲が多い。めちゃくちゃに声が高い。ベースのボクには真似できない音域だ。似ていなくてもいいからヒーヒー高い声で一緒に歌う。
今度は布施明のニューアルバムだ。テレビで「ワインレッドの心」を歌っているのを聴いて、これはいいと思って探したCDだ。他に、「時の過ぎゆくままに」、「I LOVE YOU」、「いっそセレナーデ」、「SAY YES」、「いとしのエリー」など好きな歌が入っている。
このアルバムの歌もキーが高い。さだまさしの歌よりもっと高い。布施明が裏声でヒーヒー歌っている。こっちも裏声で一緒にヒーヒー歌う。

フト横を見るとおかーさんの膝の上で、ココが「コワイヨー、コワイヨー」とヒーヒー悲鳴を上げている。急発進・急ブレーキは歌っていても治らないのだ。

家に着くころにはココはすっかり放心状態である。

ココはドコ?

ナンバースリー
我が家の父も横で母がナビゲーターしてました。
奥様と同じ事を叫んでました

免許といえば私が免許を取った時、両親は何も言わなかったのにボスが猛反対して「よく免許を取らせた」と親に猛抗議してました。

案の定、初運転で電信柱に追突して車を壊して帰ってきました。
(一緒に乗ってた両親と電柱は無事でしたが・・・)
クルマはその後修理されボスがブンブン乗り回してました。

苦い思い出です・・・・
2009.11.01 11:46
トイ・プー軍団のボス
ほんとに・・・
私、ひとりぼっちになるところでした!
「あの時、車、良く動いたな~」と、後で父が話してましたから。

私も、車乗ってたんですけど・・・
どうも、昔から(今も)乗り物に揺られるとすぐに眠くなるんです。
旅行に行っても、朝からバスに揺られると、到着するまで寝ていたり・・・
地下鉄では、座ると駅を乗り過ごしたり・・・(立っていることが多いです)

それで、ある日・・・(夜です)
運転していたら対向車線をはみ出し、
向かいからダンプが来ていて・・・ゾ~ッ!
それ以来、車は手放しました(例の車ですよ~)

亡き父も、かなり慎重派で、
よく自分の後ろに車が続くと、徐行してゆっくりと走り、
最後尾に付けてました、フフッ

なんか思い出話になっちゃいました。
ココちゃんの最後の表情、ぴったりですね~クスッ
2009.11.01 14:07
二葉 キララ
ココパパさんも、お見かけになったことのある
私の父は、数年前に(70代当時)やっと車を手放しました。
本当は、私は自分の車を買ってウメキチとドライブに行きたい
のですが、母に「お父さんがまた乗りたがる。お願いだからやめて」と言われてあきらめています。

1番の怖い思い出は、父の運転する車に
乗っている時に遮断機がしまりかけている
踏切の中で出られなくなって立ち往生したときです。
自分では、まだ余裕で出られると思っていたようです。
その時私は助手席にいて車を飛び出して
大声で駅員さんを呼んで事なきを得ました。

ココちゃんのセリフが可愛いですね。

2009.11.01 20:33
ココパパ
電柱もさることながら、ご両親もご無事で・・・、まあようございましたね。
で、肝心のナンバースリーさんは? 普通運転している人間は衝突する時はそれが分かっているので、身体が自然に反応して防御態勢をとるからケガは少ないそうですね。
同じ理由で、急ブレーキ・急発進で運転する人間も自分がやってることだから身体が反応するはずなのに、どうしてボクは自分が運転して乗り物酔いするのか理解に苦しみます。
2009.11.02 14:13
ココパパ
ボクは運転しながら地図を見たり、車のカセットを取り換えたりして片手ハンドルになったとき、対抗車線に入ることがよくありました。大抵は助手席の人がハンドルを戻してくれたり、カセットの取り換えを代わってくれ、事なきを得ています。最近はナビがあるし、CDも一度に数枚セットできるようになり助かります。

若いころは追い越されると頭にきて、逆に追い越し返したりしていましたが、齢60を超え、自らの運転術の未熟さを自覚するようになってからは、安全運転に徹し制限速度20キロオーバー以下で走るようにしています。
2009.11.02 14:30
ココパパ
みなさん、怖い思いをされているんですね~。
踏切の真ん中で立ち往生、焦りますね。電車がすぐ来なかったからよかったようなものの、間に合わなければどうなったか分かりませんものね。運ばかりでなく事故を回避出来たのは、キララさんがパッと判断して行動したからでしょう。こういう時ってうろたえる人間の方が多いと思います。ボクなんかダメでしょうね。もうすぐ免許返上かもしれません。
2009.11.02 14:44

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/438-e219730f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。