スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジョンが見えない

.19 2009 シニア日記 comment(2) trackback(0)
秋の風景


石川遼君、残念だったなぁ。日本オープンでまたしても2位。それでもさわやかだった。遼君はグングン成長している。「世界のひのき舞台で人を惹きつけるプレーをしたい」という、自分の目標がはっきりしているからだろう。その目標に向かって今やらなければいけないこと、やってはいけないことを忠実に守っている。例えば、勝つためには安全にスコアーをまとめる攻め方もあるが、遼君は果敢に攻める。将来に役立つもっとスケールの大きいゴルフを今から心がけているのだ。

目標は人に笑われない


目標をもつということは、ビジョンを持つということである。ビジョンがはっきりしていれば、やるべきことの取捨選択、優先順位が見えてくる。

民主党が政権を取って最初の予算編成が始まっている。
苦しい財源の中で、何を残して何を削るかという取捨選択、優先順位をつけるのにマスコミも一緒になって喧々諤々の議論が沸騰している。
こういう時にこそ、はっきりした将来のビジョンがあれば、なにをすべきかすべきでないかが判断できると思うのだが、民主党にはビジョンを作る能力がないのか、あるいはビジョンと言う枠をはめることを恐れているのか、一向に日本の将来像を語ろうとしない。
想像するに、明確なビジョンがないまま選挙受けするマニフェストを出して選挙に勝ってしまったから、ひとつのビジョンにまとめることが出来ないのだろう。

ムリだと


それでも、民主党が描いている日本の未来は、「安心で安全な、思いやりのある、やさしい社会・国」であるように見える。つまり、

弱者(子供・主婦、低所得者、中小企業、農家、地方など)にやさしい、環境にやさしい社会にしましょう。
弱肉強食の競争社会で自分のことしか考えない世の中を、もっと思いやりある過ごしやすい世にしたいのです。

と主張しているようだ。こういう世の中にするための施策がマニフェストに多く含まれている。

一方で「高速道路の無料化」とか「ガソリン税などの暫定税率の廃止」など、環境にやさしい方向と矛盾しそうなマニフェストもある。

不要不急の支出は大胆に削るという姿勢を貫くのなら、民主党のマニフェストの中でも削るものが出てきてもおかしくはない。

「ガソリン税などの暫定税率」なんかは環境税と名目を変えて、温室効果ガスを2020年までに1990年比で25%削減するためのインフラ整備に充てれば「環境にやさしい」という方向に合致する。

日本人は熱しやすく冷めやすい。小泉自民の圧勝からわずか4年で国民の支持が180度変わってしまった。

世の中がさかさま


民主党がモタモタして世論を敵にして言い逃れだらけの予算編成でもすれば、袋だたきの好きなマスコミが手ぐすねを引いて待っている。

大切なことは将来ビジョンをはっきりさせ、それを懇切丁寧に説明することだ。そしてその中身を具体的に説明すること。これが国民に納得されれば、予算編成の優先順位づけにも理解が得られるだろう。

ペットにも

ナンバースリー
どの政策も全然期待してませんでした。
世の中不景気だし・・・・
ただ最後にココちゃんが言ってるようにペットに優しい国になるといいですね。
先進国に比べると動物に対する態度はまだまだな様な気がします

ココちゃんが政治に打って出ると一票いれるのに・・・
2009.10.19 23:17
ココパパ
民主党が大勝したのは、政策が支持されたというよりは、官僚主導による税金のムダ遣いを止めさせてくれるだろうという期待からの方が大きかったという気がします。
自民党のままでは、もはや税金のムダ遣いに歯止めはかけられないと、みんな考えたのでしょう。不景気なんだから、いい加減にして欲しい!って思いますよね。
民主党も初めて政権を獲ってしまったことだし、今回はマニフェストにこだわらずに、世直しの改革をガンガンやってほしいですね。
2009.10.20 17:20

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/431-abf6915e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。