スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見苦しきもの

.11 2009 シニア日記 comment(0) trackback(0)
090911花a


人目をはばからず、電車内でお化粧したり物を食べたりするのは見苦しいものである。
「つつましさ」とか「行儀のよさ」という日本人の美徳が失われていくのはさびしい限りだ。

090911人形


こういう見苦しさは無神経さからくるものでまだ「いやだな~」と思うくらいだが、今回の民主党の政権奪取で、政権発足前に官僚が駆け込みで天下りしているのは「いやだな~」では見過ごせない見苦しさである。

民主党がきた~



7月に退職した旧厚生省出身の内閣府審議官が、8月29日付で国民健康保険中央会理事長に就任し、9月1日には農水省前次官が社団法人「大日本水産会」(東京都港区)の会長に就任したりで、衆院解散後からこれまでで100人を超える官僚が天下っているそうだ。

国民健康保険中央会というのは、以前、厚生労働省から計11億円の補助金(2000年度と2002年度)を受け広報パンフを作成、厚生労働省職員に7千万円の監修料を渡していたというので問題になった厚労省外郭団体。
「大日本水産会」というのは水産業の業界団体で、この種の業界団体は自分の業界の利益を守るために設立され、団体の理事長とか会長はその業界の所轄官庁の役人が天下っている。業界としては所轄官庁に有利に計らって貰うために発言力のあるOBに来てもらいたいのである。だから、今回の事務次官経験者を獲得できた水産業者団体は大喜びだろう。これまでは水産庁長官クラスが会長に来ていたのだから。

フーン


官僚の年功序列意識は強烈だ。「次官の同期が省内に何人もいる職場環境など想像もつかない。年功序列が崩れて仕事にならない」というような、民間では考えられない強固な年功序列意識が染みついている。
公務員制度改革で同期入省の職員全員が定年退職まで働ける環境を作ろうとしても、官僚は「独立法人や特殊法人の給与体系は本省の同年次の官僚より安い場合が大半で、かえってコスト高になる」などと天下りを擁護するのである。
右肩上がりの給与体系のもとに、同期入省組は全員同じレベルの処遇にして、ピラミッド型ではなく長方形型の組織にしようなどというとんでもない議論も出ているそうだ。

民間では年功序列なんてとっくに崩れて、50才で管理職定年となって年下の上司のもとで平で働くことだってある。官僚組織がいかに浮世離れした存在であるか推して知るべしだ。そんな官僚だから天下りも渡りも世間の批判など委細構わず粛々と実行できるのだろう。

無言


民主党は年間12兆円の予算が支出されている独立行政法人や特殊法人を整理することなどで6.1兆円の歳入を確保する方針だというが、何を差し置いてもこれだけは断行してもらいたい。
民主党は衆院選で大勝ちしたが、必ずしも民主党のマニュフェストのひとつひとつに国民がもろ手を挙げて賛成した訳ではない。何も改革を実行できない自民党を見限って民主党に白紙委任したようなもので、マニュフェストの中には相当議論を呼ぶものも含まれている。ただその中で、公務員改革により各省庁が所管する無駄な行政法人や特殊法人を整理して、税金の無駄をなくすことに反対する国民はいないだろう。

民主党がマニュフェストで掲げる政策については、先ず早急に民主党が目指す社会とか国というもののビジョンを国民に示して、そのビジョンを国民に支持してもらうことが必要である。そうでないと、政策の是非の判断基準が定まらず、政策全体の整合性がとれないまま議論が噴出して混乱を招くだけになりかねない。
民主党のマニュフェストや幹部の発言からは、目指す社会とか国のキーワードは

「やさしい」 - 子供に、学生に、弱者に、中小企業に、環境に
「生活者」 - 大企業よりも庶民の生活を、官僚主導から政治主導(国民視点の)へ
「自立」 - 最大の同盟国であるアメリカに対しても、主張すべきことは主張
「平和」 ー 戦争による紛争解決よりも、支援・外交による解決を

などが浮かんでくる。

民主党には国民が納得する社会・国がどういうものか、言葉を尽くして説明してもらいたいものだ。マスコミも個々の政策の是非を追求する前に、判断基準となるおおもとを追求すべきだろう。

どうも民主党の政策には、目指す社会・国の姿と矛盾しそうなものも混在しているように見える。国民が納得する社会・国を提案できるのなら、マニュフェストの修正があってもボクは文句を言わないけど・・・・・。

如何ですか?

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/410-788fde41
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。