スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北軽井沢「秋いちばんコンサート」

.03 2009 シニア日記 comment(0) trackback(0)
8月29日(土) 曇り一時雨

090830花-9


このコンサートは「さとうきび畑」を作詞・作曲した寺島尚彦(故人)が12年前から始めたもの。

お嬢さんの寺島夕紗子さんが引き継いで今回が12回目となる。

お隣のS夫妻が誘って下さった。夕食は北軽井沢で早めに済ませる。この夕食が、ことのほか美味しかった。

090829夕食

小食のボクが一気に平らげてしまった。それぞれの料理が後を引く美味しさなのだ。

食べちゃった


さて、コンサートの会場は北軽井沢ミュージックホール。名前を聞いてちょっと侘しそうだなと思ったら大間違いだ。ものすごく侘しいのだ。ホールへは靴を脱いでスリッパに履き替えて上がり、折りたたみの椅子に座る。折からのにわか雨がバシャバシャと屋根で音を立てる。
ホールの後部は中庭で、壁も天井もなく繋がっている。野外演奏会のステージと前の方が屋根つきになっていると考えればよい。

090830花-10


かように条件の悪い天候と会場にもかかわらず、コンサートの方は熱気があふれていた。地元の太鼓演奏グループ「浅間鬼神太鼓」の面々による息の合った迫力ある演奏。

090829浅間鬼神太鼓

打楽器、弦楽器、管楽器の音色を出すことが出来るエレクトーンは、多彩な音色と増幅された音量で、3人同時に演奏するとまるでオーケストラを聴いているような錯覚すら覚える。

090829電子ピアノ

電子音というと人工的な音のイメージが強くて抵抗感があるかも知れないが、先入観なしに何も知らずに聞いていれば、電子音とは気がつかないのではないか。こういう音曲の世界もあるのかと改めてエレクトーンの魅力を発見した。これなら立派な音楽芸術の一分野となり得る。BGMの世界では広汎に使われているではないかと想像するし、まだそうでなければ、今後飛躍的に利用されそうである。

この日のコンサートの圧巻は、寺島遊佐子さんの歌。芸大声楽科出身のプロだけに、歌に説得力がある。

090829寺島夕紗子さん

夕紗子さんの豊かな声量と表現力は、ホールの屋根を叩く激しい雨音なんかものともしない。クラシック声楽家というのは、やっぱり凄いのだ。ひれ伏して「恐れ入りました」だ。
フィナーレに歌った「さとうきび畑」はもう無茶苦茶に良かった。旨い料理が後を引くように、心を揺さぶる音楽も後を引く。


ドギーバッグに

その代りに、コンサート会場に飾られていた花を貰ってきた。


090830花-5

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/407-41ba7ae5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。