スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回転寿司「沼津港」

.02 2009 シニア日記 comment(0) trackback(0)
090730花


回転寿司にも色々ある。少し前には佐久市にある大阪回転寿司のスシローに行ったが、先週の木曜日(30日)には、W夫妻が世田谷通りの馬事公苑近くにある「沼津港」に誘ってくれた。

寿司よりアキレス
(七面鳥のアキレスが気に入ったココ)


お昼時だというのに空いていて待たずに入れた。店の中に入ると普通の回転寿司とは雰囲気が違う。カウンターが大理石で、寿司を運ぶベルトコンベアーも金色をしている。お茶だって粉末のお茶をセルフで入れるのではなく、ちゃんとしたお茶を女店員さんが出してくれる。この日は客が少ないので、回転して回ってくる寿司も無いから、なおさら回転寿司の感じがしない。要するに回転台のついた普通のすし屋に入ったようなものだ。板さんにお好みを注文すれば良い。

アキレスの握り



肝心のお寿司は回転寿司としては上等の部類。寿司ネタもいいし、シャリの握り具合も銚子丸やスシローよりしっかりしている。
値段はスシローを1とすると銚子丸は2、沼津港は3というところか。それぞれ価格に見合った価値があると思うが、質・量・価格のバランスから銚子丸がこの中ではイチオシかな。

イチオシ、ニオシ

ダメだよ、敷物がシワになっちゃったヨ。



ところでW夫妻というのはおかーさんの知り合いで、ご主人のMさんは商業デザイナーだったがもう引退している。奥さんのKちゃんはおかーさんよりちょっと年下の専業主婦。Kちゃんは丸顔痩身でポパイの恋人、オリーブオイルを思い起こさせる。その割にはよく食べる。ご主人のMさんもボクよりずっと小柄だが、さらに食欲旺盛である。「沼津港」ではこちらのペースに合わせて遠慮がちに注文していたが、こちらが早々と満腹打ち止めとなると次第にペースを速め、うちの二倍ほど皿が積み上がったところで終了した。
見事な食べっぷりで、見ているだけで迫力がある。


コストコの話をしたら、大いに興味をそそられたようで、次はぜひ連れて行ってくれと言う。

今まで大き過ぎて買えなかったものも、二軒でシェアーすればいいから、いろいろ買うものが増えそう。無駄なものを買わないよう気をつけないとちっともコストセービングにならない。


アキレスもシェアー


  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/389-e996c603
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。