スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽井沢レイクガーデン

.25 2009 シニア日記 comment(2) trackback(0)
7月20日(月)


軽井沢レイクガーデン-1

軽井沢レイクガーデン」に行ってみる。庭園の中から色とりどりのバラたちが「お出でお出で」と呼んでいる。入場料¥800をフンパツして中に入る。後でチケットの裏を見たら「ガーデン内へのペットの同伴はご遠慮下さい」と書いてあった。でも、入口のチケット売りのおばさんは何も言わなかったし・・・・。


090720a.jpg


ま、庭園内は地面に下ろさないで抱っこしてるから勘弁してもらおう。




軽井沢レイクガーデン-2

軽井沢レイクガーデンとは言うものの、湖と言うほど大きくはない。


18mmの広角で撮れば、茫々漠々たる湖に見えないこともないが

軽井沢レイクガーデン-4


実際は200m四方くらいで上野の不忍池より小さく、上高地の大正池にははるかに及ばない。

この池がレイクなら、ココをスタンダード・プードルだと言ってもいいくらいだ。

ちっちゃめの


大きさはさておき、この池のほとりにはモネの睡蓮の画を思わせる一隅があり、暑さを忘れる。

軽井沢レイクガーデン-3


ここはバラの園とでも言いたいくらい、色とりどりのバラが咲き乱れている。

赤a

黄a


今咲いているのは春バラの残りだが、まだまだ元気いっぱい。これが、8月にまた返り咲いて、更に、天候次第では10月に3度目の返り咲きがあるという。トム・ワトソンが全英オープンで返り咲いたが、3度目はいくらなんでも難しいだろう。
「花の命は短くて」というのはバラには通用しないようだ。


バラを見ていると、女性の一生を連想する。

あどけない幼女が

ピンクa


初々しい小学生に成長し、

ピンクb

少し大人っぽく女子大生になり

ピンクc




結納も済ませこれから嫁に参りますといった年頃に。

ピンクd

ちれい



オレンジは深窓の麗人

オレンジa



少し年をとった深窓の麗人

オレンジb

美しいからといって迂闊に手を出すと棘でけがをする。人間の世界でもおんなじだ。

カミチュク~

トイ・プー軍団のボス
ココパパさん、こんばんは~

レイクガーデン綺麗ですね。
何となく、外国の雰囲気がします・・・
風が強かったんですか? ココちゃんの顔が、そう言ってるような・・・
それにしても、落ちが良かったです!
ココちゃん、トイ・プーでも小ちゃいのに、スタ・プーは笑えます!

相変わらずココちゃんの表情、可愛い!
あの横目視線がたまらないです~

ココちゃんにかみつかれても、ちっとも痛くなさそうですね!
フフフ・・・
2009.07.26 18:01
ココパパ
いつも笑ってもらえて嬉しいです。
ボスさんは箸がころんでも笑う年頃ではないかと想像しています。

ココは顔を動かすのが面倒なのか、よく横目を使います。その横目にも、甘えたり、バカにしたり、とぼけたり、と色々な表情があって(こちらが勝手に想像しているだけですが)面白いです。
そのうち、ココの横目特集でも組んでみよ~かな・・・・。

ココのはかみちゅくという感じで軽く噛んで、「ホンキデハナイデス」と言うようにペロペロと噛んだところを舐めます。その仕草がまた可愛いので、しょっちゅう口の中に指を突っ込んでかみちゅいて貰ってます。
2009.07.26 21:39

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/386-88ee5970
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。