スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コストコをバカにしてはいけない

.10 2009 シニア日記 comment(4) trackback(0)
090710花a


先日、おかーさんと新宿高島屋へ出かける用事が出来て、この前食べそこなった小籠包を食することが出来た。高島屋12階の台湾料理店鼎泰豐(ディン・タイ・フォン)の看板料理だ。何しろ台湾の人に「お国の誇りに思うことはなんですか?」と聞くと「小籠包です」と答えが返ってくるくらい(この前テレビを見ていたらそう言っていた)お国自慢の小籠包を、台北で点心の名店として名高い鼎泰豐が作るのだから、美味しいに決まっている。食べる前から生唾を飲んで期待に胸を膨らませて待つ。

090710a.jpg


小籠包のほかにえび麺、蒸し餃子、ワンタンスープを注文し、おかーさんとシェアーすることにした。
小籠包はお楽しみに後から食べることにして、ほかの料理を食べ進める。すべて、さすが本場の名店と言える上品なおいしさ。そして、小籠包に取り掛かって・・・・・・????。 
小籠包が冷めてしまってちっとも美味しくない。お腹の方もすでに美味しいもので満たされているので、余計美味しさを感じない。
この次に来る時はまず最初にアツアツの小籠包をハフハフ言いながら食べたい。

アツイノハニガテ

テーブルの上にある食べ方ガイド、今回は英語の方を読んでみた。英語の説明は日本語以上にていねいであった。日本語に訳していない説明。
「まず、酢醤油をつけずに、当店が誇る小籠包そのものの味わいを楽しむことをお勧めします。レンゲの上に乗せたら、箸でつついて中の液汁をレンゲに流しだしてください」
英語の説明でテーブルセッテイングと矛盾するもの。
「小皿に酢と醤油を好みの割合で入れ、混ぜ合わせてください。1:3の割合がお勧めです」
 - テーブルの上には既に混ぜ合わせてある酢醤油のビンが置いてあるのに。

090710花b


別の日
コストコへ買い出しに行く。ロールパン36個入り一袋、パウンドケーキ三本入り一箱、牛ヒレ肉約600g、V8ジュース(1890ml)2本、トイレットペーパー36巻、等等。これだけの量になると、買い物という気がしない。買い出しである。

大風呂敷を忘れずに


コストコの商品は一言でいえば、バリューフォーマネーである。作家武田百合子の夫である武田泰淳(この人も作家である)は「○○○をバカにしてはいけないぞ」というのが口癖だと百合子女史が書いているが、うちでは、「コストコのロールパンをバカにしてはいけない」とか、「コストコのパウンドケーキをバカにしてはいけない」と言うのが口癖になっている。
食べてみればごく普通にさりげなく食べてしまえるレベルなのである。

ラ・テールの「キタノカオリ(食パン)」や金沢の和菓子屋・村上の「ふくさ餅」は毎日食べていると、その美味しさに慣れてしまって感激が薄れるが、時折食べると、ことのほか美味しく感じられ、「生きてて良かった~」と思う。
このつなぎの部分としてコストコの食品は、「バカにできない」価値があるのだ。

つなぎが多すぎる

トイ・プー軍団のボス
ウフフ・・・
ココパパさん、やっと食べた「小籠包」・・・と思ったら、
冷えちゃったんですね~
でも、また食べる楽しみが増えたってことですよね。

「小籠包」って、熱~いスープが出るから危険!
私猫舌なので・・・熱いのはちょっと苦手かな~
ココちゃんと一緒です。
餃子も美味しそうですね。

コストコ、量が半端じゃないですね~
ボスママに、「冷凍庫買って~!」って言われそう・・・です(笑)
コストコ、一日遊んでいられそうですね。
2009.07.11 00:24
ココパパ
生まれが中国のせいか、中華料理は大好きです。特に点心もの、餃子とか小籠包には目がありません。出来たての小籠包をレンゲに乗せて、箸で皮をつついて中のおつゆを出して、湯気が出ているのをおつゆごと口の中に流し込む瞬間を思うと、生唾が出てきます。今度こそは・・・・・。

大容量の冷凍庫がついている冷蔵庫に買い換えました。コストコグッズがぎっしり入っています。
時間があればコストコは結構楽しいですよ。買いたいな~、と思う商品は幾らでもあるのですが、消費期限と保管場所を考えると手が引っ込んでしまいます。仲間を見つけて分け合うようになれば、絶対オトクです。
2009.07.11 15:05
金太郎
 今日も「うん、うん」と納得の記事でした。
当地にはコストコは出来ないです。ですから会員でもありません。ちょっと悔しい。
ディン・タイ・フォンの小籠包は食べてみたいですねぇ。そうそう、レンゲの上で穴を開けないと、大変なことになりますよね。
そう言えばココパパさんは、若い頃から色々な所へ行かれているので、ご存じと思いますが、料理の食べ方でも興味深いことが沢山ですよね。スパゲティーの食べ方もイタリアでは日本と違いますよね。南仏でのムール貝の食べ方も、殻の貝殻を使ってパクパク食べる、あれ好きです。
あ~っ、ホントに小籠包が食べたくなってきました。
2009.07.12 21:29
ココパパ
最近はスパゲティを外で食べる時、スプーンは付いてこないようですね。昔は左手でスプーンを持ち、右手のフォークでスパゲティをスプーンの中でクルクルまいて食べるのが正式だと教えられたんですがネ。
海外に行ってレストランなんかで食べるた時は、周囲の人の食べ方を見て真似するようにしてます。「郷に入ったら郷に従え」です。
西洋人はナイフとフォークを器用に使いますね。外人から見たら日本人の箸さばきが見事に見えるのでしょうが、西洋人のナイフとフォークの手さばきもちょっと真似が出来ないくらいです。
だから、ムール貝みたいに食器を使わないで手で食べてもいい料理はホッしますね。それにつけかえ、クアラルンプールでインド料理屋のカレーを手で食べた時は、つらかったです。
2009.07.13 10:05

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/380-5c5d58ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。