スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肝臓にはチビリチビリ

.16 2009 シニア日記 comment(4) trackback(0)
3月14日(土) 雨のち曇り、夜になって晴れる

午後、おかーさんと新宿の高島屋へ行く。バレンタインデーでチョコレートをもらったのでそのお返しを求めて。
家を出ると小雨がぱらつくが、傘が濡れるからささない。

?


途中、ローソンでネット通販料金をの振り込みを依頼する。お釣り7千円を受け取るとき、店員の女の子は「ハイ、お釣り700円と領収書です」と言う。釣り銭はちゃんと7千円ある。疲れているのだろう。黙って受け取る。

電車の中に黒地にピンクと白の派手な花柄模様の履物の女性がいる。親指のところが足袋のように割れている。下駄をはくのを忘れてきたようにも思えないし、恐らく女性用地下足袋のよそ行き用なのだろう。足の指は刺激すると内臓に良いらしいから、健康のことを考えてこんな履物が出てきたのかも知れない。

五本指も


高島屋ではバレンタインのお返しのほか、和菓子の村上でふくさ餅を買う。15日に練習するカルテットの仲間にお土産だ。いつも旅行土産を貰ってばかりなので(ウチはココがいるので旅行には滅多に行かない)、たまには何か持って行かないと。

ついでに、自宅用にもふくさ餅を買う。医者からは糖分控えめと言われているが、このところカンロ飴をしゃぶらないし、コーヒーにも砂糖は小さじ一杯(山盛り)にしている。和菓子の代りにおせんべいにしたりと涙ぐましいほどの節制ぶりだ。
ネットのニュースでは20代~40代の女性にとって、「花粉症のつらさはお菓子などのスイーツ禁止に匹敵」と出ていた。60代の男性ににとって、花粉症で、お菓子などのスイーツ禁止の上、アルコールまで禁止となると(ボクがそうである)、生きる楽しみが半減だ。
お医者さんもそこまでは言わない。「禁止」とは言わず「控えめに」と言うのだ。たまに村上の「ふくさ餅」を一個くらい食べたところで多めに見てもらえる筈である。

糖分は「控えめに」とあいまいな制限だが、アルコールはビールなら二日に350ml一缶と具体的だ。アルコールを切らしたことのなかった人間には厳しい。しかし、飲まない日があることに慣れれば次第に間隔が長くなっても平気である。一ヶ月飲まないこともある。一ヶ月我慢して一日で飲めば350mlで15缶分だ。5リットル以上ある。これだけ飲めればもうヘベのレケだ。
毎月一回ヘベレケの日があってもいいようであるが、こういう飲み方はダメである。一年に一回60リットル飲むのはもっとダメである。肝臓にはチビリチビリが良いのである。5分間にビール5mlなら、ず~と飲み続けてもいいのかも知れない。

ウィ~

ぐらっぱ亭
お陰さまでふくさ餅、ご相伴にあずからせてもらっちゃった。大甘党総裁たる愚亭もココパパのこの話を聞き、今後糖分控え目生活へ。そうそう、愚亭も見ましたよ、その記事だか広告だか。花粉症の辛さ、たとえればスイーツ3ヶ月我慢するようなもんだとね。アルコール抜き生活も慣れればどうということ、ないでしょ?愚亭だってできると思うけど、旅先などでは我慢できないだろうね、きっと。今度ロシアに行くので連日ウォッカかも。
2009.03.17 09:55
みるぼ
ココちゃん相変わらず可愛いですね~♪
最後のお写真…酔っ払って…ませんよね!∑ゞ(#^▽^#)
凄い節制をされてるんですね、それならきっとお餅一個OKですよ~♪
私も過去に大好きな食べ物に禁止令が出た事があるのですっ
…その時は地獄でした…(/_;)
医師からOKが出て、最初に食べたその一口は今も忘れられません♪
奥様、左手指の靭帯損傷の方、いかがでしょうか
くれぐれもお大事になさってください!
2009.03.17 14:01
ココパパ
そう、「過ぎたるは及ばざるが如し」。何事もほどほどにがよろしいようで・・・・。

貴亭もご覧になりましたか・・・? 「花粉症の辛さ、云々」の記事。ところでこの記事、ご指摘の通り「スイーツ3ヶ月我慢するのに匹敵する」とあるから今後死ぬまで我慢するほど辛くはないようです。

アルコールは3ヶ月飲まなくてもどうってことないです。お酒を節制すると、たしなむ程度のお酒を美味しく思うようになるというメリットもあります。ただし、あまりに美味しく思うのでたしなむ程度で済まなくなるディメリットも考えておく必要があります。

ロシア旅行でウォッカの一気飲みはお勧めしません。コップ一杯でしたら、一息ずつゆっくりと飲み干すのがよろしいでしょう。
ボン・ボヤージュ!
2009.03.17 17:20
ココパパ
さすが、絵をお書きになるみるぼさん、ココが酔っ払ってないのを見抜きましたか?
実は、ココはおとーさんに酔い痴れているのです。ウィーは犬語で「ウレシィー」の略です。
美味しい物を食べたいという欲望は年をとってもなくならない、というかむしろ強くなっていくようなきがします。楽しみがだんだん無くなっていき、残るのが食べる楽しみの比重が大きくなっていくせいでしょうか・・・。
おかーさんへのお見舞いありがとうございます。おかげ様で痛みは大分和らいだようですが、添え木固定で包帯ぐるぐる巻きが不便だそうです。でも、水仕事も手にビニール袋をかぶせて、何とかこなしています。ボクの皿洗いはザツだからと言って、決してやらせてくれません。
2009.03.17 17:39

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/338-832d9b2f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。