スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまにはおかーさんに・・・・

.07 2009 シニア日記 comment(4) trackback(0)
090307梅a

ある日

おかーさんは友達と澁谷でショッピング。

暖かい日差しに誘われて、カメラ片手にココはバッグに入れて出かける。

陽だまりに気持よさそうに佇む美しい猫が居る。

090307猫a

近づくと、キッとした目つきで「ダメ、それ以上近づかないで」と、かすかに身構える。

090307猫b

武田百合子さんとこのタマは野性味いっぱいの猫だった。「富士日記」の中に書いてあった。ウグイスや四十雀、もぐらやリスやウサギの子どもをくわえてくる。もぐらはすぐ死んでしまうが他の小動物は生きているうちに百合子さんがそっと逃がしてやったようだ。
2キロ足らずのココなんか、このタマに出くわしたらまともな身体では帰れないだろうな。

090307a.jpg



羽根木公園の南側斜面の梅はほとんど咲き終わって寂しい。北の斜面に行くとまだ七分咲きくらいが沢山残っていて、カメラを持った人もチラホラと居る。

090307梅b


090307梅c


お昼。ひとりで焼きうどん。冷凍うどんを使ったらグチャグチャしておいしくなかった。

夕方近く、おかーさんが帰って来ると甘える。

090307b.jpg


この時ばかりはおとーさんの膝よりおかーさんの方がいいのだ。

090307c.jpg

ぐらっぱ亭
まるで置物のような猫ですねー。表情にはややケンがあるものの、姿勢がよく気品すら漂うかのよう。いい絵です。
2009.03.08 10:26
ココパパ
まさに、貴婦人のように凛とした佇まいをしておりました。
近所にいるノラの黒猫ヤマトはとてもお近づきにはなれそうもありません。

猫はいいですね。撮影対象としても画にし易いし、生き物としてもつかず離れずの微妙な関係がこれまた楽しいのです。
2009.03.08 17:11
hideko
こんにちは
ココちゃんの可愛さにいつも細い目をいっそう細くして拝見しております。
いつも思うのですが、ココちゃんはどうしてそんなにカメラ目線が上手なのですか?
カメラを向けるとじっとしててくれるのですか? それともココパパさんのカメラの腕がすごいのかな。うちのクロは「クロ、動かないで!」と言っても全く無視をして、むしろ、なお更暴れまくります(笑)だから横を向いたり、後ろ向きになったり、なんだかわからない写真ばかりです・・・。

写真を上手に撮る「コツ」を教えていただければ幸いですが。

これからもココちゃんの可愛い表情の写真のたくさんたくさん載せてくださることを期待してます。

ココちゃんはホント、目頭が熱くなる程、愛らしいです。
2009.03.08 22:44
ココパパ
そういえば、カメラを向けるとココは最初からじっとしていましたね。顔も動かさずに、目だけでカメラを追いかけて見てるんです。不精なのかも知れません。
クロちゃんは元気ではしゃぎまわっているようですね。動き回るワンちゃんをシャッタースピードを上げて撮るのも面白いですが、表情たっぷりの写真を撮るには、「待て」を教えてじっとさせることから始めたらどうでしょう。クロちゃんが大好きなおもちゃとかおやつを見せて、「おすわり」と「待て」が出来るまで根気よくしつけることです。
それにはまず、hidekoさんがクロちゃんの主人であるという主従関係が成立していないとしつけも難しいと思います。ネットでワンちゃんとの接し方、しつけ方について色々出ていますから検索して見るといいですね。ココは抱っこして裏返して(お腹を上に向けて)じっと我慢させるということを繰り返しました。最初は凄く暴れて抵抗しましたが、2週間くらいで抵抗しなくなり、言うことも聴くようになりました。
2009.03.09 13:23

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/335-5a8adadf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。