スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯を抜かれる

.05 2009 シニア日記 comment(6) trackback(0)
ある日

歯が痛い。痛くて顔がゆがんでしまう。歯医者さんに電話をしてすぐにでも診てもらえないか頼むと、二つ返事で「今すぐでもい~ですよ~」。

090205心配?


歯医者さんは渋谷だ。渋谷行きのプラットフォームは北風が吹いて寒い。仁王立ちの若い女性が長いマフラーを風になびかせて、湯気の立つ豚まんにかじりついている。ハシタナイというよりも豪快だ。戦後強くなったと言われる女性は、もはや男になったのではないか。

090205女みたいに


「先生、左の奥から2番目の歯、もう痛くて痛くて顔がひん曲がっちゃいそうです。何とかして下さい」と歯医者にお願いする。
この前、ちゃんと治療してくれないから、なんてことは決して言わない。そんなことを言ったら何をされるか分からない。映画「マラソンマン」のダスティン・ホフマンが歯医者に拷問される場面は今でも目に焼き付いている。

先生曰く、「この歯はもうダメですね。 もう歯の根っこがほとんど浮き上がっちゃってるでしょ。すぐ抜けちゃいますよ。抜きましょうか? それともぶつからないように削って低くしましょうか?」
「ぶつからなくても痛いんです。削っても無駄だから抜いて下さい」
前回接着剤で折角くっつけた歯をドリルで切り離して、赤く腫れ上がった歯ぐきに麻酔薬を注射する。最初の一本目は、
「ウギャ~!」

090205ウギャー

とうめくほど痛いが、二本目から次第にしびれてきて痛みを感じなくなる。
顔の左半分が意識不明状態になったところで、ヤットコでグイッと掴み、グビッグビッとねじる。メリメリという音とともに(本当にそう聞こえる)スッと口の中が軽くなる。何か他のことでも考えていれば、気が付かないうちに終わってしまうだろう。次に抜く時は綾小路きみまろのテープでも聞きながら抜いてもらおう。
止血用の綿を噛みながら帰途につく。


東急百貨店の一階通路に、チョコレート売り場が出現している。もうすぐバレンタインデーなのだ。
高いけど美味しそうなチョコレートがずらっと並んでいる。贈ってくれる人がいるなら、どれでもいいからと言いたいところだが、甘い物を控えなければいけない身だ。チョコレートの代りに塩羊羹か塩大福にしてもらえれば幸いである。

090205全然分かってない


hiro
奥歯 大変でしたね。
痛いの我慢して結局抜かれたんですね。

前回のつづく・・・・が気になって何回もお邪魔しました。

私 メッチャ怖がりで、歯医者さんは痛くしないと評判の歯医者さんへ行ってます。
先生すごく慎重で、2年前に奥歯を抜いたんですが、まず麻酔の注射が痛くない様に、歯茎に麻酔薬を塗るんです。
暫くしてから麻酔の注射・・・痛くないですv-221
でもそれからが大変!
普通やったら、ココパパさんのようにヤットコ?で一気に抜くでしょう。
少し削っては少し歯を取り?、の繰り返し・・・口を開けてるのに疲れました。
結局1本歯を抜くのに1時間かかりましたよ。
麻酔が効いてるから歯を抜くのは一気にやって欲しかったです (>_<)
って自分の事を長々と・・・ごめんなさいv-12

ココパパさん お大事に・・・・・塩羊羹、塩大福、ガマンガマンですよ!!
2009.02.06 16:17
トイ・プー軍団のボス
ココパパさん、
無事に抜歯が済んで良かったですね!
その後、どうなったのか心配してました。
多分、ココちゃんも心配してたと思いますよ~

やっぱり人間にとって、大切にしなければならないのは、
人間の中心部分だと思います。
食べて、出す!とても大切ですよね。
食べられなくなっても、それから出すことが出来なくなっても・・・
生きていくのは難しいです・・・
死ぬまで、歯は大切にしなければならないし、そして
食べた物を排泄する部分も大事にしなければならないと思います。

ココパパさん、歯は大切にしてください・・・ね。
2009.02.06 20:11
ココパパ
いや~、気にかけて下さったんですか? 前の記事を書いてすぐ歯医者さんへ行って、歯を抜いてきたんですけど、ともかく書くのが遅いもんでご心配をおかけしました。
hiroさん、1時間もかけて抜歯ですか? 余程根っこが深く残っていたんですね。抜く必要無かったのかも知れませんね。先生、乗りかかった船で最後までやり遂げちゃったんじゃないですか?
ボクのはもう簡単そのもの。両側の歯と糊づけされてかろうじて残ってるような歯ですから。

しかし、年はとりたくないもんです。
2009.02.06 22:41
ココパパ
父を見ていてつくづくそう思いました。最後まで残った活動は食べることと出すこと。人間生まれ落ちた時はやはり食べることと出すことことだけの存在でした。心と身体が成長して人間としてのいろんな活動をして最後は赤子と同じようになって死んでゆく。人生ってそんなもんなんだなって思います。

ところで、ボクの場合、今のところ出す部分は極めて健康です。
2009.02.06 22:52
シュナコカ
こんばんわ~v-254
奥歯大変でしたね・・・(+_+)
結局抜歯しなければならなかったのですか・・・。
最近は歯を抜かない方向への治療が流行っていますが、
残すのは難しかったということでしょうかね。

私も以前に根っこの治療のヘタッピーな先生に当たったが為、途中で腫れ上がってしまい抜かれてしまいました・・・(>_<)
以来他の歯医者に行って、今はそんなに簡単には抜きませんよ。。と言われてしまって・・・(;一_一)
インプラントになさると、すごく違和感なく自分の歯のようになるらしいですね。
(ちょっとお値段はハリますが・・・)

どうぞお大事になさってくださいませ・・・。
(塩羊羹、塩大福もちょっと控えめに・・・^_^;)

2009.02.07 23:18
ココパパ
年をとると、ちょっとした油断で歯が抜けたり、毛が抜けたり、腰が抜けたりと、気が抜けません。
食べるのは毎日3回プラスおやつ数回と一番頻度が高いわけですから、残りの人生を考えると多少お値段が張ってもインプラントという手はありますね。ナルホド、ナルホド・・・・。考えていなかったけど、検討して見る価値はありそうです。アドバイスありがとうございます。
歯が良くなれば、カンロ飴もガリガリ噛み砕いて・・・・。
2009.02.08 12:39

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/323-6557f285
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。