スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごまめの歯ぎしり

.26 2009 シニア日記 comment(4) trackback(0)
花2


先日のこと

父の主治医の先生にこれまでお世話になったお礼に行く。おかーさんも一緒。先生の医院は昭和20年代の病院を彷彿とさせる(それ以上古いかも知れないが、ボクの病院に関する記憶は終戦後に限られる)。このレトロな感じが不思議な安心感を与える。

090126a.jpg


誰も居ないと思った病院の暗い待合室の片隅に一人座っている人がいる。
患者かと思ったら先生だ。「あ、先生!」おかーさんが呼びかける。
「ヤアヤア、この間は大変でしたな~。大晦日でしたか。それで正月も・・・・。それにしてもあの人は大したものだった。96才にもなって、寝たキリにもならず、アレコレと指図して・・・」
「そうおっしゃる先生の方がもっとお偉いですよ。まだ現役で・・・・」とおかーさん。
「いやいやあの方にはかないません、何しろ96才ですから」

090126b.jpg

先生、88才になっても長幼の序から逃れられないらしい。

実のところ、この先生、まだまだお元気である。小田急線沿線の郊外に畑を借りて野菜作りに精を出し、車の運転もご自分でなさる。先生に負けないくらいレトロなマニュアル車を操って、表通りから狭い自宅の駐車場へ一発で入れてしまう。苦手なのはアンプルの首を折ることだが、これも父とのよもやま話に気を取られてしまうからだ。話好きの先生は、父にとって格好の話し相手だった。

090126梅a


午後、妹と父の元勤務先へ葬儀で弔辞を述べて下さった方へお礼に行く。会社までは下北沢からだと3回乗り換えて最短で1時間5分。途中、乗り換えで走らねばならなかった。父はこんな遠くまで通勤していたのだ。66才で引退するまで。

駅から乗ったタクシーの運転手は、「いま駅の周辺の再開発が再来年完了する予定だが、不況で市の税収が減って役所が頭を抱えている」と言う。どこもかしこも、不況の話ばかり。
父の勤めていた会社も、今はけた違いに大きくなっていたが、その分今回の不況の影響も大きいと言っていた。

100年に1度と言われる今回の不況は、立ち直るには10年かかるのではないだろうか。

090126c.jpg

麻生さんも小沢さんも目先の政権争いよりも、長い目で日本のよりよい将来を作ることを考えてほしい。

苦しい時は、企業もそこで働く人も痛みを分け合うことが必要だ。正規・非正規社員の間でも同じだ。

将来性のある産業- 省エネ分野、バイオテクノロジー分野など - を育てる政策や、食糧確保のための農業再生も大切だ。

定額給付金はいらないから、いずれ税金を使わなければならない老朽化した学校や橋の修繕に使う方がいい。

大切なことは国民が理解、納得する政策・戦略を早急に描いて、その方向に動きだすことである。他の国から置いてきぼりにされちゃうのが心配だ。

今、ボクにはこの国がどこへ向かっているのか皆目分からないので心配なのである。

と御託(ごたく)を並べてみたものの・・・・・

090126d.jpg


カサブランカ
主治医の先生とココママさんの、やり取り ほんわか温かい気持ちになりました。 レトロな感じの医院といえば、子供の頃のかかりつけの医院を思い出します。
 
定額給付金など諸々の政府に関する意見。全く同じです。もっと先に、やるべき事あるんじゃない と ただ政権争いだけにと私にはみえます。

ココちゃん「そんなの関係ない」って顔してます。そのココちゃんの目が魔物。
人の心をとりこにしますね。

又  訪問させて貰います。
2009.01.28 18:30
ココパパ
ごまめに同感していただき、有難うございます。
給付金の使い道には色々考えられますが、ボクはアフガニスタンの復興事業に命がけで取り組んでいる中村哲医師の「ペシャワール会」を応援しようと思います。日本人が本気で出来る限りの支援の手を差し伸べれば、アフガニスタンが平和で自立した国になるのも夢ではないと信じます。
定額給付金に反対する人が70%くらいいると聞いています。その人たちが、それぞれ生きたお金の使い方を考えれば世の中のためになるんじゃないでしょうか。そう言う意味で、定額給付金というのも悪くないアイデアなのかも知れませんね。
2009.01.28 21:40
シュナコカ
こんばんわ~v-254
先日も拝見していましたが、お仕事の準備でおわれていてコメントがかけませんでした(^_^;)

お父様の主治医の先生は、さぞかしお話相手がいらっしゃらなくなりお淋しくなられたことでしょうね。
昔のお父様のご通勤を辿って行かれると、今まで見えてこなかったものが見えて来たのですね・・・。

今回の世界的な大不況は、本当にかなりの年月がかかりそうですね。
オバマさんではないけれど、瞬時に短時間で様々な決断をして行かない事には、どこまで広がっていくのか皆目見当がつきません・・・。
先日の就任演説などを拝見すると、全く持って日本の麻生さんなどは足元にも及ばない感じで・・・しっかりして欲しいものです。
漢字の読み間違いなどしている場合ではないですぞぉ~。。((+_+))

定額給付金は、大半の国民が必要ないと言っている現在にも関わらず、今だもって富裕層の方にも大いに使ってほしい・・・などど。。
ころころと話すことは変わって来るし、中々実行までは至らず・・・フゥ・・・情けない・・・(+_+)
一体どうなっていくのでしょうかね。日本は・・・。。

2009.01.29 02:25
ココパパ
日本の政治家は総じて演説が下手ですね。心に響くような演説は聞いたことがありません。
おかーさんは麻生さんなんか演説の中身とか話し方の問題以前に、顔つきと声が気に入らないと言っています。オバマさんには到底かなわないと言いますが、これは努力しても追い付くのか疑問です。
お坊ちゃま宰相が3代続けてコケたら、今後は総理大臣の子や孫は法律で首相になることを禁止するよう世に訴えたくなります。これまでの3代で日本が良い方向に進展したとはとても思えませんもの。
日本のオバマさん、どこかに居ないもんですかネ?
2009.01.29 10:39

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/319-2f40051f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。