スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果オーライ

.24 2008 シニア日記 comment(4) trackback(0)
10月19日~23日、深まりゆく秋の軽井沢へ行く。

すすき

どんぐり


20日は折角の天気なので、紅葉狩りを兼ねて嬬恋のショートコースへゴルフに出掛ける。

近所の紅葉は

081020-青少年の家1

今が見どころで、思わず車を止めて撮影。去年もここで写真を撮った。



五輪真弓のCDを聴きながら北軽井沢へ抜ける。道中、ところどころ紅葉がきれいなところもあったが、息をのむという形容ほどのところはない。五輪真弓の歌は好きだ。「恋人よ」なんか、実にすばらしい。テレビで淡谷のり子が歌ったことがあったが、目をつぶって聴いていると曲の素晴らしさと、それを見事に歌い切る淡谷のり子の歌唱力の凄さに圧倒された。スサーナの歌う「恋人よ」もいい。
五輪真弓はこの歌で興味を持ってCDを買ったが、美しい旋律の曲もあるが、むしろ意外な音の展開に最初は戸惑いを感じた。どれも似たような感じの歌で、ともかく覚えにくそう、というのが初印象。それも4,5回聴いているうちに、五輪慣れしてきて、なめらかな心地よい旋律に聞こえてくる。あえて言えば、五輪の唐突に変化する旋律はコリアンダーみたいなもので、最初は取っ付きにくいが、慣れてくるとこれが料理(曲)に独特の味わいを与えるポイントだと分る。五輪の曲は音域は広いが、ちょうど自分の音域に合っているので歌いやすい曲が多い。

なんてことを心に浮かべながら運転していく。

081020-WGゴルフ場-4

嬬恋のショートコースは月曜ということもあって、ガラガラである。おかーさんと二人で回っていると、後ろから独りで回っている人が追い付いてきた。こちらのヘタなのがバレて嫌だな~と思っていたが、その人は追いつきそうになると何球もボールを打っている。上手な人はうらやましい。こっちはあっちこっちへボールを飛ばして追いかけ回しているんだから、ヘタの2乗だ。1球ずつ打っていても前へ進むのが大変なのだ。


081020-WGゴルフ場-1

そりゃ~アタシだって、たまには167ヤードをピンそばにピタリと寄せることもある。5番アイアンを持っていかなかったので、3番ウッドを短く持って狙ったのだ。

081020a.jpg

結果オーライで、この日唯一のバーディー。(トホホ)

081020-WGゴルフ場-6

081020-WGゴルフ場-9


ゴルフの方はいまいち冴えなかったが、これだけ紅葉を楽しめたのだから結果オーライの一日としよう。

(軽井沢日記つづく)


ランキングに参加していま~~す
ボチっとクリックしていただくと、ココとハナが喜びます
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

シュナコカ
こんばんわv-34
お帰りなさい^^
軽井沢、紅葉が綺麗でしたね~!
ゴルフも楽しんだようで、良かったですね。
何と、五輪真弓がお気に入りですか~!!
私も素晴らしい歌い手だな~・・・と以前から思っていました。
あのようにしっとりと、かつ 芯の強い歌い方が出来る方は沢山は居ませんからね~・・・。
渋谷のり子さんは、かつて”あ~な~た~、歌が上手だわねぇ~~”と仰ったとか。。(#^.^#)
それくらい、何か感ずる所がおありだったのでしょう。
渋谷のり子さんや、五輪真弓さんのような、貫禄、雰囲気を兼ね備えた歌い手が、もっと出てきてほしいものですね♪
2008.10.24 23:44
ココパパ
そう、五輪真弓はしっとりと歌うのですね。彼女の曲はあの歌い方がピッタリという作りが多いみたい。誰でも歌えるって(聴かせるように)曲ではない。曲もいいけど、詩もいいですね。一枚のCDを最初から終わりまで聴いていると、ミュージカルの場面ごとの歌みたいに思われて、頭の中でストーリーを描いたりなんかして・・・・・。車の運転にはチョット危険なシンガーソングライターではあります。
2008.10.25 16:58
hiro
軽井沢のもみじ綺麗ですね。
写真を見てるだけでも楽しいです。
ゴルフ場も綺麗ですね。

私、五輪真弓さんの「恋人よ」 大好きです。
車でよく聞いてます(友達にCD貰って)

年のせいか昔の歌が懐かしくて・・・若かりし昔を偲んで・・・です
2008.10.25 22:21
ココパパ
「恋人よ」が世に出てからいつの間にか30年近く経ってるんですね。好きな歌は今でも聴いているので私にとってはずっと現役の歌のような気がして、そんなに長い間聴いていたのかと今更ながら驚いています。
楽器よりも歌の方が好きなので、好きな歌がいっぱいあります。最初に覚えたのが平野愛子の「港が見える丘」と「君待てども」の2曲で、手廻しの蓄音機で一日中聴かされていました。昭和22,3年のころです。この歌を聴くと、空襲から逃れるために茶色く色を塗った曇りガラスが残っている家のサンルームを思い出し、胸がキュンとします。
歌は世につれ、世は歌につれ・・・・・・
2008.10.26 10:09

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/277-5fcfba0c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。