スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽井沢にて(2)

.28 2008 シニア日記 comment(6) trackback(0)
8月22日(金)曇り

外は寒いくらい冷え込んでいるというのに、お隣のSさんが半そでシャツに半ズボンで歩き回っている。カナダにいた時に、先住民のイヌイット(エスキモー)が10℃でも半そで姿で暑い暑いと言っていたのを思い出す。Sさんは北方系の人に違いない。

朝はデリカテッセンのソーセージに卵焼き、野菜サラダ、トースト、コーヒー。

080822a.jpg


昼はスパゲッティ。市販のトマトソースに海老としめじを入れて。こちらのキノコ類は新鮮で歯応えがあっておいしいのだが、海老はプリプリ感が出ない。

80822-スパゲッティ

080822b.jpg


夜はハンバーグ(手作りの冷凍)、野菜サラダ、生たらこ、花豆。

080822c.jpg


河出書房新社の文藝別冊「武田百合子 天衣無縫の文章家」と武田百合子の「日日雑記」をのんびりと読む。

武田百合子天衣無縫の文章家

日日雑記


この人の脳みそにはビデオカメラみたいな記録装置がついているのではないかと思わせる。見たり聞いたりしたものは何でも鮮明に記憶してしまうのだ。

武田百合子が取材旅行で、同行した編集者の側が現地の写真を提供しましょうかと言ったら、「あたしは目で写真を撮っているから、いらない」と答えたという話があるくらいだ。

ビデオカメラのような描写は、巖谷國士氏が文藝別冊の「武田百合子 天衣無縫の文章家」の中で取り上げたものが圧巻だ。巖谷さん、曰く。

たとえば、「遊覧日記」で、浅草の花屋敷のジェット・コースターに乗りこんだ男をこんな風に書いていますね。
「男が腰を下ろすやいなや、ジェット・コースターは、狭い花屋敷のぐるりを、軌道から飛び出してしまいそうな危なっかしい勢いで、逆立つ髪、口が開きっぱなしの横顔、ちぎれんばかりひるがえるネクタイの、硬直した男をたった一人乗せて、小食堂の二階の裏側の窓硝子をひりひり震わせ、クリーニング小屋の崩れかかった物干台や銀杏の樹、藤棚や桜の木を掠め揺さぶり、黄葉を散りとばして、あっという間に一周、静かになる。」


画像だけではなく、音(会話)の方の記憶も凄い。たとえば、「日日雑記」の中にある西郷さんの銅像の下で会話を交わしているホームレスと思われる老人と老婆の会話は、

「これからはね、盆踊りなんぞあって、賑やかでいいですね」
「そうなの。そいから夏んなると、朝、盆踊りみたいの、やるでしょ、六時っからかな」
「ラジオ体操」
「そう。ラジオ体操。あれがはじまりや、あたしは淋しくないわね。朝っから音聞えるでしょ。何だか嬉しくなるね。あれ、ふとんの中で聞いてんの」
「子供の声もするし」
「そう。わいわい言って通ってくし。そいで、おにいさんもおひとりでお暮らしなの?」
単衣をゆったりとまとった白髪頭の老婆は、老人をおにいさんおにいさんとよび、そんな若くていい体してて子が出来ないなんて勿体ないねえなどとしきりに話しかけていた。


話している二人が目に見えるような会話だ。


今回の軽井沢では読書三昧で、一度も外食に行かなかった。

080822d.jpg


午後帰りの準備。掃除、洗濯、荷物のパッキング。

8月23日(土) 曇りのち雨 寒い

10時半軽井沢発、途中関越でトラックの横転事故あり、20分ロス。下北沢には午後1時10分過ぎに到着。


荷物の整理をしているうちに昼食を食べる時間が遅くなったので、夕食もかねてうまい寿司でも食べに行こうとM寿司へ行く。午後の4時半だというのに20人位の行列。
ここは値段の割にそこそこの寿司を食べさせるので、いつ行っても行列が切れない繁盛店だ。

四人掛けのテーブル席に通され、相席になるのか聞いたが、店の女の子はキョトンとしてそれには答えず、ニコっと笑って向こうへ行ってしまった。次に来た女の子にも相席になるのか聞いたが通じず、結局「他のお客さんと一緒になるのか」と聞きなおして、ようやく意味が通じた。四人掛けのテーブルでも二人だけで使って良かったのだ。「相席」は若い子には通じなくなったのか・・・・・。
マグロの中トロ、赤身、鯛、コハダ、鯵、帆立、蟹味噌、を一貫ずつ、穴子は大きいので二人で一貫を注文。コハダは品切れと言われる。(でも、帰り際に、カウンターの前のガラスケースの中にはコハダは沢山並んでいた)
夏休みで店員はアルバイトが来ているのかな・・・・?

80822e.jpg


さて、肝心の寿司だが、シャリが小さくなり、つれて上のタネも小さくなり、その上、鮮度も味も落ちていた。
何だか急に食欲がなくなって、それだけ食べて店を出た。代金を支払いながら、五割は値上りしたような感じがした。魚の値段も燃料費も上がっているのだから、店も値段を上げたいところなのだろう。しかし、それではお客さんが入ってくれなくなるから、同じ値段で質を落とすのだ。
M寿司にしてこれなのだから、他の寿司屋では一体どうなっているのだろう。

80822f.jpg





ランキングに参加していま~~す
ボチっとクリックしていただくと、ココが喜びます
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

カーリー・チョコ
軽井沢、楽しまれましたか♪
暑い暑いと思っていましたが、一雨ごとに秋の気配が増していますね!


えっと… ココパパさんにとってワタクシがどの辺りの世代に分類されるか
ちょっと気になるところでありますが…^^;
アルバイトでもなんでも、その店にふさわしい・必要とされる言葉を
きちんと理解できることは不可欠ですよねぇ…
お店はお客様から、そしてアルバイトは雇い主からお金いただくんですから。
しかもお寿司屋さんなら、専門用語もたくさんあるし。
「相席」も「コハダ」もわからなかったのでしょうか??? プンプンi-191

私も新しい仕事に就いて、この歳になってまさかこんなにいろいろな
勉強をさせていただくとは思いもしませんでした。
人と関わる仕事はこれだから面白いです。

もうすぐ真ん中の子の誕生日です。
リクエストメニューは寿司。
くるくるしたところに行くか、出前か、阪神を応援する魚屋に注文するか
ちょっと検討中ですが…
休漁の影響もあるのでしょうか…みんなの大好物なのにマグロ。。。
2008.08.28 22:22
ココパパ
カーリーさん、よもや同世代とは思っておりませんよ。まあ、姪たちと同じくらいかなって思ってます。でも世間常識は余り違いがないようですね。
おかーさんは、あの店員さんたちは日本人じゃないと思う、と言ってます。そうだとしたら、客商売のお寿司屋さんが、それも有名店が、言葉の通じない店員を雇ってはいけませんね。雇うなら、きちんとお店で使われる言葉を教育してから店に出すようにしなくちゃ・・・・。

そんなことより、カーリーさん、いよいよ新しいお仕事に就かれるんですね。慣れるまでは大変でしょうけど、若いみそらでアメリカまで一人で行ったカーリーさんですから、どんなことが起きても乗り越えていけると思ってます。

お寿司、明日がアタシの誕生日なのでみんなで食べに行きます。くるくる回るところ。ここはまず損したという気持ちにさせません。たぶん・・・・・。
2008.08.28 23:24
シュナコカ
こんばんわ~v-279
外は雷もなり、大雨ですが・・・。
まぁ、いいとして。。^^

軽井沢、寒いくらいでしたか~。
そうですね、先週後半は長袖でもよいくらいでしたね。
なになに、ココパパさんは以前カナダにいらしたのですか~?
それは興味深々ですね~。
どの様なお仕事だったのか・・・。

ココパパさんのページを拝見していて、初めから ”きちんとしたお仕事で、地位のあるお方だろう”とは想像しておりましたが。。
どの様なお仕事であれ、文章はその人となりを表していますからね~^^

読書三昧、それも楽しい時間ですね。
武田百合子さん。。益々興味が湧いてきました。
今度本屋さんに行ったら、探してみましょう。

お寿司屋さんの店員さんは、思うに・・・アジア系のアルバイトさんだったのではないでしょうか?(日本人だったら、最悪だぁ~・・・v-395
最近はまず飲食店のアルバイトは人手不足らしいですからね。
でも、もう少し言葉が通じないといけませんね~・・・v-299

そうそう、明日は(もう今日ですね)ココパパさんのお誕生日ですか~v-363
おめでとうございます~v-315v-341
よいお誕生日になります様に・・・v-307v-308

追伸:先日お話していらした署名運動は、私も参加させて頂けますでしょうか?

2008.08.29 00:58
ココパパ
一晩中雷が鳴ってましたね。少々寝不足です。

<”きちんとしたお仕事で、地位のあるお方だろう”>
仕事は外資系の会社だったので、海外勤務とか出張もありましたが、地位は貰えませんでしたです。その代り、色々と楽しませてもらいました。カテゴリーで「海外旅行」をクリックすれば、会社時代に遊びまわっていた記事があります。

署名運動、ぜひご協力ください。「動物虐待への対策強化を求める請願」というホームページです。リンクを貼っておきましたので、そこから署名用紙をダウンロードできます。

2008.08.29 07:06
シュナコカ
こんばんわv-22

動物虐待・・・のHP拝見させて頂きました。
主人にも相談して、協力させて頂きたいと思っております。

海外旅行の記事、大変面白いです^^
沢山ありすぎて(随分と色々廻られたのですね)、もっとゆっくり時間をかけて、拝見させて頂きます~!

私は独身時代には、NY、ボストン、ロシア、パリ、イタリア・・・などに勉強も兼ねて行きました。
最近は全然出掛けられないのが、残念です。。
時々いきた~い虫がウズくのですよね~v-392

ちなみに、主人は若かりし頃には40数カ国バックパッカーで廻ったことがあります。
ちょっと変わり者ですかね~^^
その時の経験が現在も根底にあるみたいですね。

リンクの所の”異文化共生住宅”のは変わり者主人のブログです。
仕事がらみの記事が多いですが、リンクの欄に過去に廻った海外録が少し載ってるようです。(私は全部は見てません ^_^; )
宜しければ覗いて見てくださいね♪
2008.08.30 00:13
ココパパ
これはまた、ご夫婦で外国とは縁が深いようですね・・・・。異文化に接して日本を見ると、今まで見えなかったものが見えてきます。日本のいい点・悪い点、好きなところ・嫌いなところ、強み・弱み、などなど。会社にいた頃は、日本とか日本人について考えることが多かったですね。
引退してからは外国からはすっかり遠ざかってしまいました。ホントは年に3ヶ月くらいは海外で過ごすつもりだったんですが、なかなか出かけられないですね。バンクーバーとかシドニーなんかにロングスティで行きたいものです。
ご主人のブログ、サッと拝見させてもらいました。これからじっくり勉強させて頂きます。
2008.08.30 16:26

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/251-f530c7ca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。