スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生涯アルコール摂取許容量

.10 2008 シニア日記 comment(2) trackback(0)
2008年2月

とうとうアルコールのドクターストップがかかってしまいました。まあ、人間一生のうちに飲めるアルコールの分量は決まってるそうですから、アタシの場合は早く飲み過ぎちゃったってことなんでしょうね。

080210-1.jpg


アタシもお酒は好きですが、古今亭志ん生師匠ほどじゃありません。この人はお酒にまつわる逸話にこと欠きません。

関東大震災のとき、東京中のお酒が地面に吸い込まれてしまうんじゃないかと、酒屋に跳んで行ったそうで。酒屋の主人がそれどころじゃない、大揺れに揺れてんですから。樽の栓を開けて好きなだけ飲みなって、自分は逃げちゃった。志ん生師匠、そこでヘベレケになるまで飲んで一升瓶かかえて帰って来たって話とか、

080210-4.jpg


戦時中、漫談家の大辻司郎から招かれて数寄屋橋でたっぷり飲んだ後、お土産に大きな土瓶入りのビールをもらった。担いで帰宅する途中、空襲が始まり「どうせ死ぬならビールを残してはもったいない」と全部飲み干し、酔っ払ってそのまま寝入ってしまった。あくる朝、目覚めたら奇跡的に無傷だったのでそのまま帰宅したって話とか、

また、満州にいて終戦を迎えいつ日本へ帰れるか分からない。今後を悲観して、ウォッカひと箱を飲み干し、数日間意識不明になった。その後意識を回復した志ん生は、「死なないのなら少しずつ飲めばよかった」と言ったという話なんかが残っています。

080210-3.jpg


この古今亭志ん生は、76歳で脳溢血で倒れてから酒の量を控えさせられましたが、83歳で亡くなるまでチビチビとは飲んでいたそうですから、一生に飲めるアルコールの分量は人によって違うんでしょうね。

アタシの場合、これまで一日平均ビールで350mmを1缶飲んできたとして、45年で365缶x45=16,425缶ですか・・・・
それじゃ、今日1缶飲んだって許容量オーバーは0.006%にしかならない。
よーし!


080204-10.jpg


やめときます。

にほんブログ村 犬ブログ プードルへランキングに参加しています。
お酒がまだ飲める幸せな方はせめてクリックをお願い!

カーリー・チョコ
あ~ パパさん、ハイペースだったんですねぇ。
ドクターの言うことは聞かないとですね☆
パパさんには、ママさんもココちゃんもおじいちゃんもいるんですからね!
やめときましょ。

ココちゃん、心配そうな顔してますよ。。。

何を隠そう、ワタクシもだいぶ飲むんです。

まだまだパパさんの年齢までは時間がありますが
そうか、人それぞれのキャパが決まっているんですね。
ならば、残されたキャパを大切にします♪
楽しく美味しく飲んだくれたいものですよ~。
2008.02.12 23:02
ココパパ
カーリー・チョコさんへ

ムシムシと暑苦しい夏の夕方、ビルの屋上ビヤガーデンで飲む冷たい生ビールと塩をまぶした枝豆、木枯らし吹きすさぶ寒い冬の夜、屋台で飲む熱燗のお酒と暖かーいがんもとはんぺんと大根のおでん。
そーゆー楽しみのない人生なんて・・・・・・
アルコールのキャパもCO2の排出権みたいに買い取れるものなら買いたいものです。
カーリーさん少し売ってくれません?
2008.02.13 09:28

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/172-29b207a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。