スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子でトリミング

.13 2008 ペット comment(3) trackback(0)
2008年1月13日(日)

ココが最後にトリミングしたのが昨年の10月20日。もうすぐ3ヶ月になる。

080111d.jpg


せっかくのおしゃれもこのブサイク顔では何にもならない。トリミングに行くのは、骨折した骨を固定している金属板がとれるまであと少しだから、それまでは我慢しよう。
でも、あまりにブサイクなのでおかーさんが顔だけハサミを入れた。

080111e.jpg


まあ、これならあと2,3週間はもつ。アタシの頭で腕を磨いているから、おかーさんもなかなかハサミがうまくなったのだろう。

そういえばアタシの頭もしばらく刈っていない。年が明けたというのになんとムサイ頭をしていたのだ!ココのブサイクを言う前に自分の頭を見るべきだった。というわけで、アタシの頭もついでにトリミングしてもらった。



080111b.jpg


このナイロン製のケープ、ヤマダ電機で探して来たが、アタシの散髪はこれで少しは楽になった。それまでは刈った髪の毛がじゅうたんの上に散乱して、あとの掃除が大変だった。

080111c.jpg


どうです、だいぶすっきりしたでしょ?
もつべきものは手先の器用なカミさんだ。

さて、晩飯には「鯛の煮付け」
といっても、「鯛のアラ煮」のレシピで作ったから、少々味が濃い。

080111f.jpg


<作り方>
材料:鯛の切り身 4切れ
煮汁: 水1カップ、 みりん・酒各2分の1カップ、砂糖大さじ3.5杯、醤油3分の1カップ。

1.分量の水とみりん、酒を底の広い鍋に入れ火にかけ、ひと煮えしたら魚を入れる。
2.砂糖、しょうゆを加え、落とし蓋をして煮汁が1/3になるまで中火で煮る。時々なべを傾けては煮汁をすくって全体にかける。煮あがりに、更にしょうゆ大さじ1を入れて風味を残す。最後は少し煮詰めて、煮汁をかけ照りを出す。

アラではなく普通の切り身なので、このままでは味が濃すぎる。調味料を適当に減らして味を見ながら煮詰めた。鯛は身がしまっていて味が淡白な魚なので、煮魚にするのが好きだ。
甘辛い醤油味の煮汁が鯛にしみこんで、ご飯にのせて食べると実に旨い。

にほんブログ村 犬ブログ プードルへ

ぐらっぱ亭( ̄ー ̄)
いいなぁー、持つべきものはだねー。愚亭などは鏡も見ず、自分で適当にやってますよ。互いに関心がないってーことですかね。ちょっと寂しいね。
2008.01.14 10:22
ココパパ
ぐらっぱ亭さんへ

夫婦も長年一緒にいれば空気みたいになるのが普通。普段は互いに関心がないくらいがちょうどいいんじゃないですか。それぞれ干渉せず自由に自分の好きなことをするってのも、うらやましい生き方です。
いずれカミさんがいてくれて良かったと思う時が来ますよ。
2008.01.14 15:23
-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.01.16 20:52

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/164-a3f53c18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。