スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寂聴さんと心平さんと富士山

.17 2008 ペット comment(2) trackback(0)
2008年3月17日(月)

瀬戸内寂聴さん。面白い人ですね・・・・・。

出家して尼さんなのに、抹香臭くなくて俗世間の煩悩みたいなものをまだ引きずっている。

1963年に女流文学賞を受賞してから、しばらく賞をもらえずあせっていたそうです。、

作家である以上、賞はのどから手が出るほど欲しい。

080317a.jpg


それなのに、これはと思う作品を書いても賞をもらえない。

そうこうしているうちに、賞をもらえないまま20年以上たってしまった。

もう賞をくれるったってもらってやるもんか、受賞の連絡があったら即座に断ってやろうと、

辞退するセリフを考えて、毎日そのセリフを練習していたんだそうです。

080317b.jpg


前回の賞をもらってから29年目の1992年に「谷崎潤一郎賞」が決まって、

その連絡の電話が入ったとたん、辞退のセリフを忘れて大喜びで「ありがとうございます」

って叫んじゃった、

080317c.jpg


とテレビで言っていましたが、

そういうふうに自分に正直で、

人前でも飾らずにありのままの自分を開けっぴろげにさらけ出す・・・・


080317d.jpg


その寂聴さんが日本経済新聞の土曜日の朝刊に「奇縁まんだら」という連載を書いています。

寂聴さんが出会ったいろいろな文人との出会いや交流を、例のごとく開けっぴろげに紹介しています。

著名な作家たちの知られざる一面を白日の下にさらけだしています。

毎週楽しみにしている連載です。

その「奇縁まんだら」でおとといの土曜、瀬戸内寂聴さんが、

詩人、草野心平さんのことを書いています。

080315草野心平

(記事の内容をお読みになりたい方は、記事をクリックして別画面を開いてください。さらに画面を最大化した上で再度記事をクリックすると、読めるサイズに拡大します)

この中で、寂聴さんは草野心平のことを心平さんと呼んで、

「飄々として気さくな同年輩のような人だった。

誰もが心平さんに逢うと、ふっと、心の紐がほどけ、安心しきった気分になる」

と紹介しています。

「富士山」との出会い

草野心平は「蛙の詩」が有名なのだそうですが、

「富士山」という詩がこれまた何ともいえず心を和ませてくれて好きな詩です。


川面(かわづら)に春の光はまぶしくあふれ。
そよ風が吹けば光たちの鬼ごっこ葦の葉のささやき。
よしきりは鳴く。よしきりの舌にも春のひかり。

土堤の下のうまごやしの原に。
自分の顔は両手の中に。
ふりそそぐ春の光にかえってものうく。
眺めていた。

少女たちはうまごやしの花を摘んでは巧みな手さばきで花環をつくる。
それをなわにして縄跳びをする。
花環が円を描くとそのなかに富士がはいる。その度に富士は近づき。
遠くに座る。

耳にはよしきり。
頬にはひかり。


この詩に出会ったのは、高校一年の国語の時間。

国語のM先生がまるで自分が現場に行ってこの詩を作ったみたいに力を入れて解説してくれたので、

思わず引き込まれてしまいました。

「どうだ、目に見えるようだろう。川の表面が春の日を浴びてキラキラ光っている。

そよ風を肌に感じないか?葦の葉っぱがさわさわと音を立てているのが聞こえないか?

この詩は人間のいろんな感覚に訴えかけているだろう。

だから、この詩の世界にスッと引っ張り込まれてしまうんだ。」


のどかな田園の風景、少女たちが集まって花環を作り、それで縄跳びをしている。

富士山がその縄跳びの輪の中で、近くに見えたり遠くに見えたりする。

よしきりが鳴く声が聞こえる。

この詩の世界に浸っていると、心が洗われるような気がしたことを覚えています。

さて、これで僕が詩にはまってしまったかというと、

そうではなくて男声合唱の方にいってしまったんですね。

その話は長くなるので、いずれまた別の機会にさせて下さい。

ランキングに参加していま~~~す
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ


ぐらっぱ亭( ̄ー ̄)
新聞記事だけど、このくらいの文字になると、スキャナーで取り込まないと、読みきれないのでは?ローバシンながら、ヒトコト。残念ながら、その授業の記憶はない。でも、一緒に歌ったのは今でも鮮明に覚えているよ。
2008.03.18 14:59
ココパパ
ぐらっぱ亭さんへ

どうも、アドバイスありがとうございます。どなたにも読めるように修正しておきました。

今度、カルテットで「富士山」をやってみますか?
2008.03.18 18:09

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/163-6b7142cd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。