スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本女性はおしゃれ

.09 2008 ペット comment(5) trackback(0)
2008年1月9日(水)

海外に行くと「日本の女性はおしゃれだね」とよく言われる。日本に帰ってきて、なるほどと思うのが常だ。

080108-a.jpg


確かに・・・・・・ブランドものも目につく。

でも、そうばかりでもない。
高いお金を出さなくても、全体のコーオーディネイトに気を配ることで、洗練されたセンスを感じさせる女性も多い。しかも、誰もが同じようなファッションに追従した昔と違って、今のおしゃれは個性的だ。

080108-c.jpg


まあ、個性的とはいってもヤマンバなんかは反おしゃれ感覚のファッションだろう。

そういうヤマンバとは別に、昨年の半ば頃から異様なファッションが目につくようになった。若い女の子が短いスカートの下に細いズボンみたいなのをはくスタイルだ。薄いベージュ色のフリルのついた短いスカート、黒い厚手のタイツ、まるでヤンチョひきがシュミーズをはいているような格好だ。

080108b.jpg


ヤンチョというのは人力車のことで、それをひく人のことをヤンチョひきという。走りやすいように黒いももひきみたいな細いズボンを穿いていた。

このファッション、どう見てもおしゃれではない。短いスカートでは寒いから、ズボンを穿いているのか。そんなはずはない。それならスカートはいらない。やはりおしゃれの積もりなんだろう。

日本女性のセンスの良さは過去のものになったのか・・・・

そんな危惧は無用だった。あのスカートをはいたヤンチョひきスタイルは、あっという間に洗練され、デニムのショートスカートに黒のカラーストッキング、黒のブーツというスタイリッシュなファッションに変身していた。

080108-d.jpg


こうした日本女性のおしゃれに対するセンスはどうやって磨かれたのだろう?
人の目を気にする国民性が女性の場合は、身なりとかファッションとかに現われているせいだろうか。いつも見られている、という意識は女性を美しくする。365日、何年もこの緊張感が続けばおしゃれも磨きがかかるだろう。

080108-e.jpg


ココは相変わらず、ノーテンキで飛び跳ねているが、カミさんが見つけてきた新しいコスチュームは気に入ったらしく、おとなしくモデル犬をつとめてくれた。

きのうは、大きめの海老が安く手に入ったので、久し振りに「えびの天ぷらしょうゆ炒め」。
前にも紹介した「おそうざいふう外国料理」(暮しの手帖版)に出ていたもの。

えびの天ぷらしょうゆ炒め


にほんブログ村 犬ブログ プードルへ

ぐらっぱ亭( ̄ー ̄)
さて、今度はうまくコメント入るのかしら?昨日は何度もトライしたけど、結局だめでした。何を書いたか、忘れてしまいました。思い出しながら・・・。
そうそう、まずはいつのまにかまたココパパが主筆になったようだね。ココパパの女性おしゃれ論は滅多に聞く機会がないけど、ココオバの影響かしら。日本女性は胴長短足のわが身に照らして、何が似合うかを追求すべしでね、やたら白人女性の真似してもだめってーことよ。高価なブランドものにしても、例えばココママがプラダのショルダーすればさまになるけど、ギャルがやっても似合わないんだってーことをもっと自覚させるようにしないとね。売れればいい、というのはやめて欲しいね。長くなるので、また別の機会に。さて、これだけ書いて、コメント入らないとガックシだね。
2008.01.12 11:50
ココパパ
ぐらっぱ亭さんへ

アララ、まずいよ、胴長短足なんて言っちゃー。昨日はもっとひでーこと書いたんじゃない?
コメント拒絶されたのもそのせいかも・・・・・

日本女性の名誉のために言っておきますが、胴長短足は昔のこと、現代日本女性は決して白人女性にスタイルで負けないし、特に中年以降は日本女性の方が断然スマートではないでしょうか?

さて、今年に入ってからアタシが書き手に戻りました。なんせ、ココになった積りで書くのは書きにくくて、ついついオヤジ表現が顔をだしてしまい、カミさんにしょっちゅう校正されてましたもんで・・・・

ま、いずれにしましても、今年もお手柔らかに。
2008.01.12 14:13
ぐらっぱ亭( ̄ー ̄)
(続き)自分の愛妻を基準に反論しるでしょ?ごく一般論で、しかも欧米人と比較すれば、やはりそうでしょ?多少、最近は変わりつつあるとは言うものの、ちょっと街に出かけて、ニョショー・ウォッチングやりゃー、即、納得のはず。しようがないよ、事実なんだからさ。要は身の程をわきまえなさいよ、という親切な忠告です。
2008.01.12 14:44
カーリー・チョコ
ふぅ…^^;
センスのよい服装…というより、現実を見つめ
『着られるのか、着られないのか』が
最優先のポイントになっているワタクシです…^^;
それでも、なんとか年相応で古くさくなくて…と
これでも気を遣っているのですが、果たして周りの印象って
どんなもんなのでしょうか…怖くて聞けません(笑)

でも、38歳のワタクシから見ても
不思議に思うスタイルや、ビックリするような色遣いが流行ると
困惑します。
そのうちウチの娘達も、流行に左右されるようになってしまうのかしら…??

あ!このエビ料理、一度やってみたことがあります。
ちょっと甘過ぎたんですケドね。

2008.01.13 09:24
ココパパ
カーリー・チョコさんへ

今のファッションは流行といってもまだら模様で、まだ選択の幅があるからいいですよ。カーリーさんが生まれたころは、ツイギーのミニスカートスタイルが全盛で、猫も杓子もミニだったんですから。森公美子だってその時代に活躍してたら超ミニ姿ですよ。
今は同時並行的に色んなものが流行るから、自分にあったものが選べるだけ幸せですね。

お料理の話ですけど、昔のレシピはちょっと味が濃い目ですね。少しのおかずでもご飯をたくさん食べられるような味付けだったんでしょうかね。
うちはママは薄味、アタシは濃い味でしょっちゅうケンカだったんですが、次第に形勢不利で薄味に傾きつつあります。
2008.01.13 15:02

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/162-6ed81b57
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。