スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダでは正月がなかった

.06 2008 ペット comment(2) trackback(0)
2008年1月6日(日)

カナダには正月らしい正月がなかった。

1979年から1981年まで3回の正月をカナダのトロントで迎えた。カナダの年末はクリスマスでクライマックスに達し、その余韻を残しつつ大晦日を迎える。大晦日は紅白歌合戦もなく、除夜の鐘も聞こえない。カウントダウンすら記憶にない。何せ、昼間でもマイナス15度が当たり前のところ。澁谷みたいに大晦日に屋外でカウントダウンするなんて、正気だったらご免こうむる。

080105a.jpg

(トロント・オンタリオ湖畔にて、1978年12月)

冬のトロントでは外出するなら、頭のてっぺんから足の先まで重装備の防寒が必要だ。地元の人はレストランやバーなんかで騒いでいたのだろうが、そういう場所も知らないし、知ってても酔っ払って車を運転しなきゃ帰れないんだから、そういう新年の迎え方はできなかった。

正月元旦というのは暦の日が一枚めくれて次の日がやってきただけの休日。正月休みは1月1日だけで2日から普通に仕事だ。お節も、初詣も、和服姿もない。こうなると年があらたまったなんて気がしない。一年のけじめがつかないのだ。カナダでの2年半は30ヶ月がひとつにつながった人生の一区切りであった。

その点、日本は一年ごとに区切りがついていい。去年やり残したことがあっても、今年は気持ちを新たに「今年こそは」と再挑戦する気になる。そうだ、今年こそはゴルフで100を切ろうとか、カルテットで新しいレパートリーを10曲ふやそうとか・・・・・

今年の初もうでは正月3日に行った。人間様の方は、以前行ったことのある高幡不動に行くことにして、ココの初もうではお散歩のついでに、北沢川緑道に近い北沢八幡行くことにした。

080105b.jpg


混雑したところでモミクチャにされて、折角治りかかった骨折がまた振り出しに戻ってはかなわない。北沢八幡ならそんなに混んでいないだろうということでそちらに向かう。

080105c.jpg


案の定、正月3日だというのにガラガラだった。こんなんで北沢八幡さん、大丈夫かな?なんて余計な心配をしてしまう。
ココはキャリーバッグから身を乗り出して下に降りようとするので危険極まりない。カミさんは写真撮影中もしっかりココを抑えていないといけない。

080105d.jpg


足を折ったのもこのキャリーバッグから飛び降りたからだ。

080105e.jpg


今年は、お転婆でやんちゃのココが少しは女の子らしくなって欲しい、そう北沢八幡さんにお願いしておいた。

080105f.jpg


にほんブログ村 犬ブログ プードルへ

カーリー・チョコ
私も、カリフォルニアに3年おりましたが、
正月を特別に迎えた記憶がありません。
いろんな記憶ももう遠いモノになりつつあるんですけどね^^;

何年かぶりの初詣に行きましたが、多くの人出でにぎわっていました。
普段は、人混みはイヤだと思うのに、お正月のお不動様が賑やかで
ちょっとホッとしました。

ココちゃん、そのバッグのなかで大人しくしてね♪
「二次災害」が起こりませんように~!

2008.01.08 01:15
ココパパ
カーリー・チョコさんへ

そうですか、カルフォルニアでも・・・・
「北米には正月はなかった」と言っても良かったわけですね。

お正月はいちばん日本らしい年中行事じゃないかと思います。海外に行っていて、ひな祭りとか五月のお節句とかなくても、気にならなかったけど、正月だけはmissという気持ちになりました。遠い異国に来ちゃったんだという思いが切実でした。

今年の高幡不動は3日の夕方近くだったのですが、びっくりするほどの混雑。正月三が日くらいは、やはり人出が多くて賑やかな方がいいですね・・・・
2008.01.08 09:41

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ryucoco.blog79.fc2.com/tb.php/161-82158bb1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。