スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発事故の国民負担は最低でも20兆円

.27 2016 シニア日記 comment(0) trackback(0)
おとーさんが書きたいそうです


11月9日のブログ記事に関連して、今日の毎日新聞の記事が原発事故の費用総額に触れているので記録しておこう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
福島原発事故:廃炉・賠償20兆円へ 従来想定の2倍

東京電力福島第1原発事故の賠償や廃炉などにかかる費用が総額20兆円超に上り、従来の政府想定のほぼ2倍に膨らむと経済産業省が試算していることが27日、分かった。政府は拡大する費用の一部を東電以外の大手電力と新電力の電気料金に上乗せする方針で、国民負担の増大は必至だ。
 経産省は、東電の経営改革や資金確保策を協議する有識者会議を開催しており、年内にも結論を出す方針。試算は会議の議論のベースになるとみられる。
 政府の従来の想定は、賠償=5.4兆円▽除染=2.5兆円▽汚染土を保管する中間貯蔵施設の整備=1.1兆円▽廃炉=2兆円の計11兆円となっていた。
 新たな試算は、賠償が約8兆円、除染が4兆~5兆円程度に膨らむ見通し。廃炉も従来の2兆円が数兆円規模で拡大する公算が大きい。中間貯蔵施設の整備費は変わらないが、全体では20兆円を上回る見込みとなった。
 政府の従来想定は2013年末時点に見積もったが、賠償や除染の対象が増加している。廃炉も原発内に溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)の取り出し費用などが拡大。経産省は既に現状で年800億円の費用が年数千億円程度に達するとの試算を明らかにしている。
 費用の工面について、政府はこれまで、賠償は国の原子力損害賠償・廃炉等支援機構がいったん立て替え、東電を中心に大手電力が最終的に負担金を支払い▽除染は国が保有する東電株の売却益を充当▽中間貯蔵施設は電源開発促進税を投入▽廃炉は東電が準備--との枠組みを示してきた。
 政府は、賠償費の増加分について、原子力損害賠償・廃炉等支援機構の立て替え増額を検討。これとは別に、大手電力や新電力が送電会社の送電線を利用する料金への上乗せも検討している。この料金は政府の認可制となっており、最終的に電気料金に転嫁される。
 除染費も東電株の売却益で賄えない可能性が高く、東電などに負担を求める案が検討されている。その場合、最終的に電気料金に転嫁される可能性がある。
 廃炉費は、東電が他社との提携などによる経営効率化で捻出した資金を積み立てる制度の創設を検討する。ただ、東電が経営努力のみで賄いきれるかは不透明で、電気料金の引き上げにつながる可能性もある。【宮川裕章、岡大介】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
要するに事故の費用は日本の国内で国民が負担するしかないということ。

また20兆円というのは最低でもそれだけかかるということで、実際はこの何倍かが総支出となるだろう。

原発を使い続けるために、安全対策を厳しくし、その費用も何兆円かかかるだろう。

それだけかけても、原発事故が防げるという確証はない。

原発の発電コストが安いというのは幻想だ。
スポンサーサイト

50年に1度あるかないか

.24 2016 シニア日記 comment(0) trackback(0)
もう雪

161124風景

東京で11月の初雪は54年ぶりなんだって。

これも最近の異常気象のひとつなのかな?

まさか!!!

.09 2016 シニア日記 comment(0) trackback(0)
え~、まさか~!

今年は「まさか!」と思うようなことがいっぱい起きている、とおと~さんが言う。

今日が投票日だったアメリカ大統領選挙で、トランプ氏がヒラリー・クリントン女史に勝ってしまったんだと。

そういえばイギリスがEUを離脱したのも、まさかだった。

政治の世界だけではない。自然界にはもっとまさかのことが起きる。
熊本の大地震。震度7の地震の後にまさか本震の震度7が襲うなんて誰も予想してなかった。

まさかで済まされないのは原発事故だ。福島原発事故でどれだけの人が平穏な日常を奪われたのだろう。

この事故で補償、除染、廃炉などかかる費用は何十兆円になるのか分からない。これは電気料金に上乗せされたり、国庫負担で税金で埋めたり、結局日本国民が支払うことになる。

それなのに、原発周辺で原発が壊れる程の地震は「まさか来ないだろう」と今の政治家は考えているようだ。

おとーさんはこの先長い人生が待っているわけではない。アタシだってもっと先にあの世にいっちゃうだろう。

どんな国に住みたいかは、若い人たちに任せることにしよう。

ど~しますか?
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。