スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小里明子さんのチャリティーコンサート

.29 2012 音楽 comment(0) trackback(0)
120726花-3


7月18日(水)の昼下がり、メゾソプラノ小里明子さんのチャリティーコンサートに行って来た。
会場は北軽井沢ミュージックホール。


ホールの座席の後ろは壁がなく、中庭となっている。木が植えられているので緑の背景であるが青天井で、この前来た時は雷雨でピカゴロと賑やかだった。

会場ではカメラを2台持ったおじさんが、1台は三脚にもう1台は首にぶら下げてどのカメラアングルにしようかと、会場内を動き回っている。100人ほどの客席は80%ほどが女性(おばさん中心)で、知り合いが多いのだろう、あちこちで挨拶を交わしている。開演の1時半きっかりに、主催者のおばちゃまがゆったりと口上を述べる。

おばちゃまの友人が小里明子さんのお母様と知合いで、明子さんが東日本大震災の遺児を支援するためのチャリティコンサートを行っていることを聞き、ぜひ北軽井沢でということになった。
小里明子(メゾソプラノ)さんは東京芸大声楽家を卒業後、イタリアへ渡り、イタリア国立マントヴァ音楽院卒業、ミラノスカラ座研修所(合唱)終了。

おばちゃまの紹介で小里明子さんがにこやかに伴奏のピアニストを後ろに従えて登場。
本日のプログラムは、日本の歌やオペラ、ミュージカル、イタリア民謡などからお馴染みの曲ばかり。

プログラム


プログラムの進行はピアニストの方が務めた。普通にしゃべる発声から歌う発声に切り替えるのは、車で言えばローギアーからいきなりトップギアのフルスピードに入るようなもの。そんなギアチェンジを繰り返すより一定以上のスピード(発声)を保つ方が声のスムーズに出るのは確かだろう。小里さんは歌に集中して歌の出来でお客様に満足してもらうことが一番だ、と考えているのだ。


120718小里明子-7

最初の曲、「夏は来ぬ」は用心深くそ~っと声を出す。腹式呼吸で顔の共鳴を確かめながら、声を前方へ飛ばす。電車が駅から発車して次第にスピードを上げて行くかのようだ。


120718小里明子-5

プログラムが進むにつれて声にツヤとハリが増し、情感も豊かになる。


120718小里明子-10

プログラムの後半に入ると、すっかり歌の世界に入り込んで、目の前でカメラマンのおじさんがバシャバシャ写真を撮っても、飛行機が轟音を響かせて飛んでも、全然動じない。

120718小里明子-13


マイクなしでも会場の聴衆を包み込んでしまう声量である。やはりプロはスゴイ。



アンコールはお馴染みの名曲を自由自在にこなして聴かせてくれた。


120718小里明子-15

最初のアンコールは、ビートルズの"Imagine"。15才の息子さんがピアノ伴奏。おかあさんの表情豊かな表現と対照的に淡々と無表情に伴奏する。まだ恥ずかしい年頃なのだな。


アンコール2曲目、カンツォーネの「忘れな草」は思い出深い曲である。

40年ほど前、おかーさんとローマを訪れた時、フラッと入ったレストランで食事中のことである。バイオリンの伴奏で唄う歌手が近付いて来て、何か唄いましょうか? と聞いた(イタリア語は分からないが、そう言ったとしか考えられない)。そこで「忘れな草」を所望しようとしたけど、イタリア語の曲名が分からない。仕方なく、メロディを口ずさんだところ、即座に大きくうなずき、朗々と歌い上げてくれたのである。

目をつぶって聞いていると、過ぎ去りし若き頃の思い出が目に浮かび、しばし感傷にふける。

アンコール最後の「オーソレミオ」は切々と歌い上げ、エンディングのクライマックスでは背中がゾクゾクするような感動を覚えた。

こういう手作りの小さな音楽会は、親しみを感じさせて楽しいものである。

帰り際、主催者の方がお土産にずっしりと重いキャベツを下さった。

アタシより重かった

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スポンサーサイト

ウチのゴハン

.22 2012 料理 comment(0) trackback(0)
朝は決まって野菜サラダとピザトースト。それにコーヒーがつく。

血糖値が上がらないように野菜を先にいただく。そうすると糖分の吸収が抑えられるとテレビで言っていた。それからというもの、先ず野菜をせっせと口に運ぶ。ドレッシングはゴマダレとか玉ねぎドレッシングとか市販のものだ。レモンを絞って汁を回しかける。


120718野菜サラダ



ピザトーストは食パン1枚分を二人で分ける。おかーさんが野菜サラダとコーヒーを用意している間にボクが作る。トーストにしたパンにバターを塗り、市販のトマトソースを塗り更にトマトの薄切りも乗せ、その上にゴーダチーズを乗せ、パルメザンチーズのすりおろしたのをパラパラとふりかけて、オーブントースターの上火でチーズがとろけるまで焼く。

120718ピザトースト



コーヒーは色々試しているが、結局のところ成城石井の「ロイヤルスウィートブレンド」に落ち着いた。
水の美味しい軽井沢で、このコーヒーをすするのが何よりの楽しみである。


お昼はもっぱら麺類。作るのはボクの担当。
茹でるだけのそばとか素麺を除けば、いちばん簡単なのは生ハムスパゲッティ。

120712生ハムスパゲッティ

麺は2mmのカッペリーニ。2分で茹であがる。

お湯を沸かしている間に、大さじ1のオリーブ油(エキストラバージン)をフライパンで熱し、薄切りのニンニク(1かけ分)、松の実20粒ほど、鷹の爪小口切り(1本分)で香りをつける。ニンニクと松の実がきつね色になったら鷹の爪と一緒に取り出して取っておく。

スパゲッティを茹でるお湯に塩を入れるのは常識だが(水1リットル当たり塩10g)、最近入れ忘れたことがあった。なんとも味気のない生ハムスウパゲッティとなってしまい、塩を振りかけて食べるハメとなった。

茹であがったカッペリーニの水を切り、香りのついたオリーブ油が残っているフライパンにドサッと入れ、更にオリーブ油を大さじ1ほどふりかけ、火を点けて温めながら手早く油を全体に回す。

更に盛って、取っておいたニンニク、松の実、鷹の爪を散らし、適量の生ハムをちぎって乗せ、バジルの葉を散らす。

作りはじめてから食べ終わるまで30分。時間のない時、あまり食欲のない時はこれがいちばん。
食前に野菜ジュースを飲むとダンピングが少ない。

麺類は好きなので、毎日1食は麺。パスタのこともあれば、中華(インスタントラーメン)、和風(うどん、そば、そうめん、冷や麦など)、ソース焼きそばもある。


120712-1.jpg

ココも麺類は大好き。パスタの時は茹でたままでは塩気が強いので、お湯に浸して塩を抜き、オリーブ油をちょっとかけて香りづけをしてあげる。



朝がパン、昼が麺なので、晩はご飯が主食となる。おかずはメインが魚か肉、副菜に野菜料理、大抵おかーさんが用意する。


下はおかーさんが雑誌からの切り抜いたレシピを見て作った「たたききゅうりとたこの梅和え」。

120716きゅうりとたこの梅和え

今が旬のきゅうりは、水分が多くジューシーで美味しい。薄切りでなく縦に棒状に切るといっそう美味しい。


魚は築地外部市場の喜代村で買った塩じゃけのカマ。脂ののったカマ肉に程良く塩気が含まれ、熱いご飯に乗せるとため息が出るほど美味しい。二人で大きめの一切れをシェアーする。

120716塩じゃけのカマ

このほか、作り置きのラタトゥイユとか、かぼちゃの甘辛く煮たの、江戸一のまぐろの佃煮などが夕食の食卓に並ぶ。

外で食べる食事に較べると、ウチで食べる食事は質素なものである。

え、そんな~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

朝の散歩

.18 2012 シニア日記 comment(2) trackback(0)
15日より軽井沢。日中の気温は30℃前後にまで上がるが、肌にまとわりつくような東京の暑さはなく、日陰にいればさわやかな空気が心地よい。

毎朝ココの散歩と軽いジョギングが日課となる。

浅間は雨上がりで空気が澄んでいるせいか、荒々しい山肌までくっきりと見える。

(クリックで拡大します)
120716風景-2


しつけていないココは、お散歩の途中でダダをこねて歩かなくなる。

ヤダ~

そういう時はリードを離して先に行ってしまう。

オトーサン、待って~

ひとりになるとからきし意気地なしなので、懸命に追いすがるのである。

待ってよ~



遠く離れたところに置いて行かれ、何か大きな音でもすると必死の形相ですっ飛んで来る。


ひぇ~!


コワイよ~!


家へ帰るときは、ココは先にどんどん行ってしまう。

120717-28.jpg

そして家の階段の前で待ち構えているのである。

120716-13.jpg


散歩の道すがら、野の花にも目がとまる。虫なんかがとまっていると、嬉しくてついシャッターを押してしまう。

120716風景-6

飛んでいる虫にピントが合うのは偶然だ。

120717自然-2

そんな花たちをおかーさんはつまんできては、食卓の上に飾る。

120718花


こんな他愛ない朝が続いているのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「党員の議席が第一」

.11 2012 シニア日記 comment(0) trackback(0)
昨日軽井沢から東京へ戻った。虎ノ門病院の検診(今日)と歯医者(明日)に行くためだ。

120711a.jpg
(画像は文章に関係ありません)

今朝7時ちょっと過ぎに下北沢の家を出た。虎ノ門の地下鉄から地上に出ると、オフィス街はまだ日陰の部分が多く、夜の間に冷やされた空気が暑くもなく寒くもなく心地よい。柔らかく吹く朝の風も湿気を含まずさわやかである。

7時45分、病院につくと先ず採血の順番待ちの整理札を取る。もう60番になっている。その後、保険証を確認してもらう列に並び、確認が終わると、予約の自動受付機に診察カードを入れ予約受付票を受け取る。

8時から採血が開始されるが、整理番号順に受付で採血番号をもらう。ボクの番が回ってきたのは8時15分、採血番号は64番だ。整理番号より4つ遅れているのは、整理札を取らなくてもすぐに採血に入れる人が4人いたということだ。ボクの採血が終わったのは8時35分。採血をする看護士は10名くらいいて、次から次へと血を吸い取っている。

採血の結果は1時間くらいで担当医のところに届けられることになっている。
ボクの診察予約時間は9時30分から10時までの間となっているから、ちょうど採血結果が届いているだろう。
診察カードを担当医の診察室のカード入れに入れてから、朝食をとりに外に出る。朝食後に飲む薬があるので、何か食べなければいけないのだ。
病院の向かいにあるスターバックスでサンドイッチとコーヒー。サンドイッチはあまり口に合わない。無理してコーヒーで飲み込んでしまう。

9時半ごろ病院に戻り担当医の部屋の前の待合室で順番を待つ。10時5分前に呼ばれて、採血結果を説明される。結果は順調である。かといって、あと50年生きられるわけではない。

診察が終わると、支払いの受付へ行き、支払い番号を受け取る。モニター画面に番号が出たら支払いの準備が出来たということだ。自動支払機で診療費を支払う。

10時に病院で待ち合わせていたおかーさんが到着する。この後、築地場外市場に一緒に行くことにしてある。
その前に病院の外にある調剤薬局で薬を貰わなくてはならない。薬を受け取って薬局を出たのが10時40分。病院に着いてからおよそ3時間経っている。これでも他の病院に較べたら非常にスムーズである。

虎ノ門から銀座線で銀座へ、日比谷線に乗り換え築地と極めて便利。30分もかからずに築地場外市場に着く。
今日は休みの店が多く、お目当てのまぐろの「おか戸」はやっていなかった。味幸堂でめだいの西京漬け、江戸一で佃煮、喜代村で塩じゃけ(カマ)を買う。

渋谷で東急の食品売場に寄り、コーヒー豆500gと食パン2斤買う。

120711b.jpg


家には12時半頃に帰り、昼食はトマトつけ麺。そうめんの代わりにパスタのカッペリーニを使う。
トマト中1個をすりおろし、ダシつゆ(市販)120cc、オリーブ油小さじ2を合わせたものを茹でたカッペリーニにかけて上にバジル(生)の葉を散らすだけの簡単なもの。


大相撲の名古屋場所は観客席もまばらで、盛り上がらない。
千代の山と鏡里、栃錦と若ノ花、大鵬と柏戸といったライバルの死闘が懐かしい。
白鵬の一人横綱でライバルらしき相手がいないこともあるが、外人に席巻されてしまった大相撲では外国のスポーツを観戦しているような味気なさを感ずる。

民主党を離脱した小沢一郎のグループが「国民の生活が第一」という新党を結成した。「党員の議席が第一」の間違いだと思う。

120711c.jpg

これが本当の自分?

.07 2012 シニア日記 comment(0) trackback(0)
NYダウ平均株価  12,772(-124)
ナスダック総合指数  2,937.33(-38.79)
シカゴ日経先物    8995
6日日経平均225終値 9020
6日騰落レシオ   132

シカゴ日経先物は6日の東京市場日経平均を25円下回り、騰落レシオも120を越え、米国の雇用統計は失業率が予想より悪く、来週も上値は重そう。

今週の出来事。

7月3日(火)

グランディ軽井沢でおかーさんとゴルフ。午後からポツポツ雨、最後の3ホールは小降りの雨。
調子悪く、足つる(これが本当の自分なのかもしれない)。1ホールだけギブアップでなんとか最後まで回る。


7月4日(水)

午前中ショッピングセンターへココを散歩に連れていく。ここは広いから気持ちがいい。

120704-1.jpg

おかーさんが買い物中は店の外で休憩。

120704-7.jpg

お昼はサンドイッチを買って、広場のベンチで。ココも食べたがってお座りして待つ。

120704-8.jpg


夕食は「NHKのきょうの料理」にあった澤雅子さんのレシピを見ながら、おかーさんがハーブサーモンステーキを焼く。

120704ハーブサーモンステーキ-1

ゴルゴンゾーラチーズであえたジャガイモとマイタケの付け合わせが旨い。
本当はサーモンステーキに岩塩を添え、エキストラバージンのオリーブ油をかけるのであるが、見落として忘れてしまった。さっぱりしたサーモンステーキになったが、それでも香ばしくて美味しかった。

気にいった料理はすぐにお手製の料理カードにする(ボクの役目)。魚料理の162番目。

ハーブサーモンステーキ(表)

ハーブサーモンステーキ(裏)

7月5日(木)

ココの散歩道に咲いていた野花が気にいって、おかーさんがテーブルに飾る。

120705花-1

夜は、下北沢のワン友のチョコママ(チョコちゃんは今年の春、他界。とてもやさしい雑種の中型犬だった)
と3人で夕食。
お気に入りだった佐久の「ブランカン」が満席で予約できなかったので、急遽18号バイパス沿いの「りんでんばーむ」という南欧料理店に変更。
可もなく不可もなし。一品料理であれこれ取るより、コースを3種類取ってシェアし、足りなければ一品料理を足す方が経済的だと分かった。

7月6日(金)

ココを連れて野花の撮影。

(クリックすると拡大)
120706花-1

120706花-6

120706花-3

120706花-7

120706花-8

カメラの目を通して見る自然の造形の美しさに驚く。



午前中おかーさんと晴山ゴルフ場でハーフだけ回る。テレビで足を鍛えるにはスロージョギングが良いと言っていたので、手引きカートをひっぱりながらスロージョギングで9ホール回った。調子は良かったがスコアは悪い(これも本当の自分のような気がする)。

自分探しの前に


午後チョコママと3人でショッピングセンターへ(ココはお留守番)。
午前中のスロージョギングゴルフが祟ったのか、運転中足がつる。ダマシダマシかろうじて駐車場までたどり着く。買い物中、低血糖となりへたり込みそうになる。チョコママとおかーさんが買い物している間、スタバ(スターバックス)で待つことにする。注文したチーズケーキがすっごく甘くて、低血糖はほどなくおさまった。

夕食はチョコママが予約してくれた旧軽の「川上庵」で。いつも混んでいて入れなかったので、今回が初めて。

カナッペ
彩り野菜の温製サラダ
鶏もも肉の炭火粗塩焼
野沢菜
おろしそば
せいろ
飲み物

を注文。どれもとびきりの美味しさ。暖かい料理は取り皿も暖かく、冷たい料理は取り皿も冷たく、料理する人の心が伝わって来る。
ワンちゃんもテラス席でOK。今度、ココも一緒に連れて来よう。予約しないと席は取れそうもない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分を見つけたい

.01 2012 シニア日記 comment(0) trackback(0)
NYダウ平均株価   12,881(+278)
ナスダック総合指数   2,835.05(+85.56)
シカゴ日経先物 9,105
29日日経平均終値 9,007(+133)
騰落レシオ 122

120629日経平均週足


騰落レシオが120を越え相場は過熱状気味。まだ上げ相場は浅いから当面は買い気が強そう。
でも上値は9207円から9332円の窓があるから要注意。ユーロ問題が落ち着かないと、この窓は埋らないんじゃないかなぁ・・・。


120613花-2


昨日、ようやく東京を脱出した。下北沢を3時過ぎに出て、目白通りの渋滞があったが軽井沢へは2時間半で着いた。犬を膝に抱いて運転したとして道路交通法違反で逮捕されたというニュースを聞いてからというもの、運転中はココはおかーさんに抱いてもらっている。道中ずっとココはキュンキュン泣き声をあげる。


120617花-2


先週の金曜のゴルフは流れたが、水曜には大学のクラス仲間と初めてのコンペがあり8人が参加した。
卒業してから48年、ボク以外はゴルフに年期が入っていて、アラコキ(アラウンド古希)ではあるがウデ達者な連中だ。
8人の内、5人が80台で回り、100を上回ったのはボクだけ。

プロゴルフの世界では石川遼がなかなか調子が上がらず、自分を見失っている感がある。
ボクの場合は見失う自分がまだない。

この夏こそは、軽井沢で何とか自分を見つけられたらなぁと思のである。


自分さがしなんか

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。