スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大飯原発再稼働ー利権擁護の仕組み

.17 2012 シニア日記 comment(0) trackback(0)
大飯原発再稼働問題を通して、利権というのはこんな風に守られているのだなぁ、と再認識させられました。

国や地方自治体の政治家は利益誘導を使って選挙で議席を獲得します。
官僚は利権政治家の意向に沿って巨額の資金(たとえ原発では税金や電力料金の中から)を動かし、権益を守り天下り先を確保します。
御用学者は政府や官僚の意向に沿った意見を具申し、地位と研究費を獲得します。
業界は法律で守られた利益を享受し、地方自治体は交付金や寄付金、公共事業で収入を確保します。

120407花-5

この中で、国と地方を結ぶパイプ役の都道府県の知事について調べてみて、なるほど、これなら国は思うように地方を操れるなと思いました。

全国47の都道府県の知事のうち実に32人が中央官庁出身者です。中には新潟県の泉田知事のように反骨精神のある官僚出身の知事もいますが、大部分は中央官庁の隠れ代弁者の如き振舞いをします。

全国知事経歴

福井県の西川知事は国土庁長官官房審議官から転身。国との太いパイプを持ち地元へ利益誘導できる候補は知事選では絶対有利です。少なくとも地元業界はこぞって応援に回るでしょう。

今回の大飯原発再稼働でも、西川知事はうわべは世論を意識して慎重な言い回しをしていますが、再稼働を認める代わりに公共事業(高速道路や新幹線の建設など)を国に求め、地元の経済を潤したいという本心が透けて見えます。

ナルホド



世論の批判をかわすためによく使う手が審議会や専門委員会を作ることです。利権を守るような委員の構成や委員長を選んで、いかにも第三者の意見も取り入れた体裁を整えます。

官僚は巧みですから、反対意見の委員も混ぜますが、決して委員会として官僚の意向に反するような結論は導き出されないように委員のバランスがとられています。

たとえば、将来のエネルギー政策を調査審議する総合資源エネルギー調査会という審議会があります。ここで原発の将来を審議するのですが、その会長は、安い電力が必要な鉄鋼会社の社長(新日鉄三村明夫社長)です。ウィキペディアによると全部で29名の委員が選ばれていますが、原発ゼロの結論は出ないはずです。つまり脱原発は提案されず、脱原発依存という原発温存政策が勧められるでしょう。

脱官僚が


このように審議会・専門委員会を使うのは、地方でも同じです。

福島県で大飯原発の再稼働を審査する原子力安全専門委員会の委員長は中川英之福井大名誉教授です。

4月16日の会合では、委員からは「過酷事故対策が先送りされている」「汚染水を処理するシステムを整備すべきだ」といった、万が一深刻な事態に至った場合の対策に注文を付ける指摘が相次いだということですが、中川委員長は会合後、記者団に「(こうした指摘を)安全基準に付け加えるかどうかは別問題」と述べ、再稼働前に改善する必要はないとの認識を示しています。

今朝はこんなニュースも流れていました。

民主党の仙谷由人政調会長代行は16日、名古屋市で講演し、原子力発電所の再稼働について「電力なしに生活できないことは、昨年の東京電力の計画停電騒ぎで極めて明らかだ。止めた原発を一切動かさないなら、日本は集団自殺するようなことになってしまう」と述べ、国民生活の安定のために再稼働は不可欠との認識を示した。
(2012年4月16日21時17分 読売新聞)

脅しじゃないの?


ここまで来ると、もう橋本徹大阪市長のようなタンカも「もっとも、もっとも」と賛同したくなります。
スポンサーサイト

株の見通し

.11 2012 シニア日記 comment(0) trackback(1)
120407花-3


日経平均は3月27日にに震災後高値10255円をつけてから、先週、今週と下げ基調となり、今日4月11日は終値9458円で高値から8%近く下げています。

昨年3月に開いた罫線上の窓は、上の価格が10254円でしたから、先日の10255円で一応窓を閉じる水準に届いたのですが、あとが続きませんでした。

今年に入ってから一方調子の上げで、直近最安値の8135円から26%も上昇したのですから、息切れするのは目に見えていました。騰落レシオが市場の過熱状態を示す120以上が続いていましたが、今日は82まで下がっています。

120406週足

下値は8135円から10255円までの上げ幅の2分1下げたところ、9198円くらいを目安にして、当面は9000円台で推移すると考えています。
大きな市場環境の変化(たとえば、イラン戦争の勃発とか、スペインの財政破綻とか)が起こらなければ、ゆるやかに業績相場に移行して今年の後半には1万円台に乗せ、次の高値を目指す展開になるのではないかと期待しています。

120406月足

高値更新の目安は、まず2011年2月の10891円、これを越えると2010年4月の11408円がありますが、いったん業績相場になればこの辺りは超えるのに時間はかからないと見込んでいます。

大地震が来たら

やはり、早めに手じまいした方が安全かな?

120407花-2

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

経済が大事? それとも安全?

.10 2012 シニア日記 comment(0) trackback(0)
120407花-6


原発の再稼働については、き坊さんが「き坊の近況」に4/9-2012の記事で次のように採り上げています。

《何が何でも再稼働》と表現するしかないが、政府がやっていることはメチャクチャだ。電力不足が逼迫しているわけでもない。時期的に切迫している問題は、5月5日に泊原発が停止して日本の全原発が停止することになるぐらいしかないが、そのために《何が何でも再稼働》だろうか。わたしには納得いかない。現状だって、1基しか稼働していないのだから、事実上原発が無くてもやっていけることは示されているのだから。
つぎは、毎日新聞の社説の冒頭部分だが、まとめとしてはこれでいいと思う。

冷静に考えてみてほしい。野田佳彦首相と3閣僚が6日に決定した原発再稼働の判断基準は、大飯原発3、4号機だけのものではない。国内の全原発の再稼働に適用されることになる。

それほど基本的な基準であるにもかかわらず、作成を指示してから正式決定までに費やした時間はわずか3日間。国民の安全にかかわる重要な基準を決めるやり方としては、あまりに拙速で場当たり的だ。

そもそも、政府がこの判断基準を「福島第1原発事故の知見や教訓を踏まえた新たな安全規制の前倒し」と位置づけていることが納得できない。事故の検証はまだ終わっていない。基準の中身も新しいとは思えないからだ。(毎日新聞社説4/8 の一部)

田中宇は、野田政権が大飯の再稼働をめぐって迷走しているのは「無能に起因せず、おそらく意図的なものだ」と、得意の“自滅的手法”で説明しようとしている(「日本の原発は再稼働しない」4/5)。野田政権はわざと失敗することでオバマ政権の意図を汲んで“脱原発”へ向かおうとしているのだ、という。
わたしはなんとも判断できないが、田中宇のような言い方をしてみたくなるほど、野田政権のやっていることはミエミエのメチャクチャだ。

前に本欄で取り上げたことのある(11/30-2011)木村俊雄さんが動画原発再稼動 わたしはこう思うで切れ味良く語っている。この中で、「保安院は東電に手玉に取られている」(コチラ)という意味のことを語っているのには、納得がいく。


全く同感で、こんなことがまかり通る日本にしてはいけません。

原発をどうするのかは、もはや国民投票で決めるしかありません。

政府も官庁も経済界も、目先の経済が安全に優先すると考えているのです。

本当に経済の方が安全よりも大切なのでしょうか?

イヌでも分かるのに



福島原発事故では、運よく東京まで避難地域になる最悪の事態は避けられましたが、まかり間違えば実際そうなりかねなかったのです。もし、そうなっていたら何100兆円もの経済的損失と人的被害が生じていたでしょう。
目先の経済的利益などすっ飛んでしまい、日本が再生できるかどうかも分からなくなります。

大飯原発の再稼働中止は当たり前、全国の原発の原子炉や燃料棒プールから直ちに燃料棒を引っこ抜いて、安全な保管施設に移動管理してもらいたいくらいです。

東日本大震災の地震で、日本周辺が大地震発生の周期に入った可能性も強い現在、用心に越したことはありません。

原発ヤメテ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。