スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待ち遠しい春

.18 2012 シニア日記 comment(2) trackback(0)
(遅い春です)

120316風景

(3月も半ばだというのに、桜の蕾はまだ固く、暖かい春の日差しをじっと待っている様子です)


前回の記事で取り上げた5人は、はからずも、原発再稼働の是非を決めるキーパーソンでした。
言ってみれば芝居を演ずる主役たちです。芝居の脚本は経産省のエネルギー庁で、プロジューサー(スポンサー)は原子力ムラといったところでしょうか。

お芝居の筋書きは、もちろん原発再稼働となり、原発も次々と動き出し、地元も経済界も、そして誰よりも原発を飯の種にしている原子力関係者たちがハッピー、ハッピーと喜ぶという結末です。

いつも同じような筋書き



(例年ならとっくに花が落ちている梅も、ここ羽根木公園では今をさかりと咲き誇っています)

120316花-5


新聞報道によるとお芝居は再稼働へ向けて着々と進行しているようです。

政府は13日、定期検査で停止中の関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を認める手続きに入った。経済産業省原子力安全・保安院が「妥当」と判断した安全評価(ストレステスト)の1次評価結果を内閣府原子力安全委員会(班目春樹委員長)が了承する見通しになったため。野田佳彦首相らは政府の統一見解として安全を確認した後、再稼働に向けた地元への説明を開始し、地元の理解が得られれば再稼働を最終決断する。(後略)(毎日新聞 3/14)

この報道の表現によると、正しく計算された結果であると言っているだけで、計算結果が原発再稼働の安全性を確認したとは受け取れません。斑目委員長は「ストレステストの1次評価だけでは安全性の確認には不十分だ」といっているのですから、政府は一体全体どうして安全を確認したと言うことができるのしょうかね?

無理が通れば



一方で政府は経産省の筋書きに従って、説得する地元の範囲を出来るだけ狭くして、反対意見を抑え込もうとしています。

 政府は16日、定期検査で運転停止中の原子力発電所の再稼働の手続きで、事前に説明して合意を得る地方自治体の範囲を、原則として原発から半径10キロメートル圏内とする方針を固めた。範囲を30キロメートル圏に広げるよう求めている一部の自治体は反発している。(後略)(日経 3/17)

原発事故が起きたら半径10キロメートルの範囲で収まらない可能性があるのに、「国民の安全と健康を守る」なんてことは二の次と考えているのでしょう。


(梅は満開の時よりも蕾が残っているくらいの時がいいね、とおかーさんが言います)

120316花-7


(ボクも同感です)


120316花-6




原発の再稼働については、二つの点で疑問が残ります。

ひとつは安全性、もうひとつは地元の範囲です。

先ずひとつめの安全性について、

100%安全な原発はありません。

設計上安全性を高めることは出来ます。地震や津波に対する安全性としては、想定される揺れの強さ(ガル)や津波の高さに対して何倍の強度があるかという安全率が設定されています。

ウィキペディアによると、原子炉圧力容器の設計に際して、その機械的な面での安全率は3倍となっています。
この3倍というのがそもそも充分なのかという疑問もあります(たとえば、人の生死に関連する事態に繋がるエレベータの命の綱、ロープの安全率は 10以上だということです)。

先ごろ原子力安全・保安院によりストレステストの1次評価が妥当と判断された福井県の美浜原発は、東京電力福島第1原発事故を踏まえた緊急安全対策により、想定する基準地震動の750ガルに対して1320ガル相当まで、津波は想定高の2・37メートルに対して11・1メートルまで炉心冷却が維持できるとなっています。

また同時に関電は「大飯3、4号機とほぼ同等の結果が得られた。安全上重要な施設・機器などは、安全裕度を十分有している」と言っています。


地震の揺れに対しての安全率は美浜原発では1.76に過ぎません。津波に対しては4.68ですから一見大丈夫そうです。ところが、想定基準というのが曲者で、これをを低くすれば安全率はいくらでも高くできます。
たとえば、美浜原発の基準地震動750ガルというのは震度6弱に相当します。1320ガルは震度6強の範囲に入ります。

(注)震度とガルの関係は、「建設省地震計ネットワーク」によると、

震度5強 240~ 520 ガル程度
震度6弱 520~ 830 ガル程度
震度6強 830~1,500 ガル程度
震度7 1,500~    ガル程度

果たして原発立地では震度6強以上の地震は想定しなくて大丈夫なのでしょうか? 「想定外」と言い訳はもはや通用しません。

津波の高さにしたって、想定高の2・37メートルというのは甚だ低い想定です。

京都の神社に伝わる「兼見卿記(かねみきょうき)」という文書に、天正13年(西暦1586年)に起きた「天正大地震」で、若狭湾を含む沿岸で津波が起こり、家が流され、多くの人が死亡したという記録があります。

また当時、日本に来ていたポルトガルの宣教師、ルイス・フロイスが書いた「日本史」の中でも、同じ天正大地震の記述として、若狭湾とみられる場所で「山と思われるほど大きな波に覆われ、引き際に家屋も男女もさらっていってしまった」と記されています。

10メートル以上の津波は若狭湾には押し寄せないのでしょうか?


さらに、心配なのはストレステストというのは設計上の強度を計算したものだということです。

設計通り作られないこともあり得ます。人間が作るのですから、ミスということもあります。原発専門技術者が現場作業してもミスは防げないでしょうし、実際には、原発にはシロウトの出稼ぎ労働者が建設・修理に当たっているから、ミスは日常茶飯事なのだそうです。(「原発がどんなものか知ってほしい(全) 平井憲夫」参照

現実に地震や津波が来てみないと、壊れるのか壊れないのか分からないというのが、原発の実態なのではないでしょうか?

保安院も安全委員会も、評価結果は妥当だとか審査方法は妥当だとか言うだけで、原発の安全性が確かめられたとは言いません。もっとも、彼らがそう言ったところで、今更信ずる気にはなりませんが・・・。

120316花-4





もうひとつの疑問は地元の範囲です。

従来は原発の迷惑料みたいな形で交付金や寄付金をばらまいた地区を地元として扱ってきましたが、原発事故がこれほど広い範囲で影響を及ぼしているのに、原発から半径10キロ圏内で了解すれば良しとするというのは、どう考えても納得できません。何が何でも再稼働を早急に決めたいという焦りが、こういう形で表れるのでしょう。
原発事故の影響の広がりを考えれば、半径30キロ圏内でも足りない、100キロを超えたお茶畑まで汚染され出荷停止になるほどですから、これはもう国民全体が判断に加わらなければ再稼働なんかしてはいけませんね。


これまで国策として官民一体となって進めて来た原発ですから、ここで180度方針を転換して脱原発ということになれば多方面にわたって軋轢が生じるのは当然でしょう。
しかし、最悪の場合1000万人以上の避難もあり得た福島原発事故で分かったように、地震多発地域である日本、この狭い国土で原発事故がもたらす被害は余りにも大きく、リスクも高すぎます。
原発がなくなる不便さ、不利益を乗り越える決断を今しなければ、取り返しのつかない将来を背負い込むことになるのではないのでしょうか?


「今小なる執着を捨てて忍苦百年の覚悟に生き、国の根幹と国民を守らざれば、遂(つい)に何者をも喪う日に到らざるなきや真に憂慮に堪えず」
(戦後、朝日新聞の論説主幹をつとめた笠信太郎が、終戦直前の昭和20年7月、当時の緒方竹虎内閣顧問に対して、すみやかに戦争を終わるべきだと海外から送った電報です)

120316花-10

春が待ち遠しい日本です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スポンサーサイト

原発の再稼働

.07 2012 シニア日記 comment(4) trackback(0)
原発の再稼働に関する報道


原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長は十七日、
定期検査で停止中の原発を再稼働する条件とされている安全評価(ストレステスト)の一次評価について
「再稼働とは関係ない。二次評価まで終わらなければ、安全性の判断はできない。
一次評価は安全委が要求している(安全性の)レベルに達していない」との見解を示した。
(東京新聞2月18日)


「福島第一原発事故の検証結果も分からないうちに安全だとは言えない、ということで当然のことだ」と思いました。斑目さんもまともなことを言うようになりましたね。

デタラメ委員長の


藤村修官房長官は21日午前の記者会見で、原子力安全委員会の班目春樹委員長が原発の安全評価(ストレステスト)をめぐり1次評価だけでは不十分との見解を示したことについて、再稼働の手続きに影響しないとの立場を強調した。「再稼働は総合的に政治が判断する。現時点では今のプロセスに基づいて行うべきだ」と述べた。

同時に「班目氏も1次評価で再稼働を判断する政府方針を否定しないと言っている」と指摘した。
(産経ニュース2月21日)


安全かどうか



原発を推進したい人たちは、形式さえ整えれば何が何でも原発を再開させようとしているように見えます。本気で安全性を追求しているとはとても思えません。こういうことだから、今回のような原発事故が起こったのに・・・。


枝野幸男経済産業相が本紙の単独インタビューに応じ、需要がピークを迎える夏の電力対策で
「どういった場合でも対応できるよう最大限の努力をする」と述べ、
原発の運転ゼロを想定していることを明らかにした。

原発の再稼働では安全性を最優先に判断する考えをあらためて示し、
電力不足を理由に再稼働を目指す動きをけん制した。
(中日新聞2月20日)


枝野さん、見直した



電力不足だから原発の再稼働が必要なのではなくて、コストが安いから原発を動かしたいのです。
原発が動かなくても一時的には多少高くなっても火力で補えるはずです。
それに日本中が知恵を絞って1割省エネすれば、電気代だって増えないでしょう。
省エネ投資を加速させる政策に予算を回せば、省エネ関連産業が活性化して国内経済を元気にすると思うのですが・・・。


細野豪志環境相兼原発事故担当相は、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から1年となるのを前に産経新聞のインタビューに応じ、全国の原発が5月にも全停止する可能性について、安全性を確保した上で「再稼働は必要だ」との意向を示した。細野氏が立場を明確にするのは初めて。

 細野氏は先月の会見で、「再稼働の問題は経済産業省原子力安全・保安院が一義的に負っているので、踏み込んだ発言はできない」としていた。インタビューでは「(規制強化を)継続する中で、安全性が確保できたものについて再稼働は必要だと思う」と述べた。
(産経ニュース3月4日)


困ったものです。原子力ムラの圧力には到底太刀打ちできない人なんでしょう。環境相県原発事故担当相がこれでは、お先真っ暗です。「安全性が確保できたものについて」と条件を付けていますが、原発が全停止するのを避けるためにという文脈の中では、ストレステストの1次評価で妥当と判断したものは再稼働すべきだと主張していると理解します。


野田佳彦首相は3日、米CNNや外国メディア18社とのインタビューで、定期検査で停止中の原子力発電所について、今夏の電力需給の安定に向けて「稼働できるものは稼働していく」と語った。「政府を挙げて地元の理解を得られるように全力を尽くす」とも述べ、再稼働は地元の理解を前提とする従来方針も改めて強調した。
(日本経済新聞3月4日)


これでは枝野さんは孤立無援です。野田さんも官僚の神輿に乗っかって国民の安全には目をつぶる積りなのでしょうか。日本にある原発が絶対に安全であるとはとても信じられません。3.11の強烈な地震の画像をテレビで見て、津波の前に地震で壊れてしまうと思いました。何しろ送電線の鉄塔が倒れてしまうくらいの揺れだったのですから。実際、「津波の前に原発は壊れていた」という作業員の証言も出ているようです。


「再稼働は地元の理解を前提とする」となっていますが、原発がある自治体の首長は、表面的にはほとんどが慎重な姿勢を見せていますが、本音は原発を動かしたいようです。多額の交付金もあるし、電力会社からの寄付金や税収もあります。地元経済の柱にもなります。原発周辺の住民にとっても、原発で働く人もいるし、そういう人たちを客にしている商売もあるでしょう。だから地元の理解というのは案外コロッと出て来て、なし崩し的に再稼働が始まるということは大いにあり得ることだと思います。


原発の問題はつまるところお金の問題です。経済界は安い電力が欲しいし、原発の地元自治体は経済的利益が欲しいし、住民は生活の糧が欲しい。日本全国の国民も電気代は安い方がいいし、会社が安い電力で利益を上げる方が安心でしょう。

しかし今現実に起きていることを考えると、お金で解決できることならお金をかけてでも原発は使わないでやっていくしかないように思われます。福島原発事故はこれから何十年も日本国民を苦しめることになるでしょう。放射能による健康被害がどこまで広がるのか、経済的にもどれほどの国民負担になるのか、誰もはっきりとした答えは持っていないようです。ただ時が経過するにつれ、被害の予測は悪い方へ悪い方へと膨れ上がっていくでしょう。
東電も原子力安全・保安院も、政府も、原発事故の被害をこれまで出来るだけ小さく見せようとしてきたからです。何事も「大したことは無い、大丈夫だ」と問題がないように言っておいて、後で事実が出てくると「パニックを起こさないためだ」とか「確証がとれなかったからだ」とか弁明します。
こういう人たちが原発の再稼働について安全判断を下したところで、誰が信用するのでしょう? それでも安全宣言を出して再稼働をしてしまうのは、それこそ原発の安全神話時代のやり方で、福島の教訓をないがしろにするものだとしか言えません。

日本の将来が心配


昨今の安全性を無視した早期再稼働の動きに、驚き呆れ憤慨して、舌足らずですが一文したためました。
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。