スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ココや」

.26 2011 シニア日記 comment(2) trackback(0)
一昨日23日から、軽井沢に来ている。

東京にもどっている間の主な出来事。

17日(土)弁護士のF先生のお誘いでおかーさんと一緒にブリック&ウッドクラブでゴルフ。晴れて陽が射したり、急に激しい雨が降ったりの天候。
ここは3回目のラウンドだが、相変わらず難しい。来るたびにスランプになる。考えてみれば、他のコースでも好調な時はなかった。ゴルフを始めて以来ずっとスランプに陥っているのだ。

アキラメレバイイノニ


19日に新車が来た。軽井沢へ行ったり来たりで荷物が多いので、大きめのRV。ハイブリッドにしたが案外と馬力があって走行はスムーズである。ただ、走行中のタイヤからの音は前の車よりうるさい。燃費は高速で走るより低速で走る方が良い。
新しい車はともかく気持ちがいい。ウキウキする。


軽井沢で淹れるコーヒーは美味しい。水が良いのが一番の理由だが、コーヒーメーカーの違いもあるのかもしれない。こちらの方が高温でコーヒーを淹れることが出来る。

大相撲の9月場所は日本人の関脇二人が元気で、二人そろって白鵬を打ち負かした。

稀勢の里が好調なのは、上体の固さが取れて下半身に安定感が出て来たことだ。これまでは、気合が入ると上体に力が入って腰から下がバタバタしていた。

琴奨菊は気持ちを強く保てるようになって、ズルズル負けが続くことがなくなった。来場所は大関昇進が決まったが、更に前に出る力をつけないと上は無い。

大関の日馬富士は横綱の二文字が目の前にちらついて自分の相撲が取れなかった。

白鵬は心技体のうち、心の部分に思うようにならないところがあるようだ。緊張感に疲れが見える。優勝はしたが今ひとつ気迫を感じさせない。


ゴルフの練習でおかーさんから「状態に力が入って、下半身が不安定。もっと膝を曲げてどっしりと構えないと」とアドバイス。稀勢の里が聞いたらドキッとするような指摘だ。アドバイスに従って少し膝を曲げて柔らかく打つと、当たりが良くなった。

内田百の「ノラや」を読んでいる。ノラという飼い猫が行方不明になってからの日々の思いを日記風に書きとめている。ノラの捜索を新聞の折り込み広告に載せたり、ノラらしき猫を見かけたというと家族や友人に確かめに言って貰ったり、それでもずっと見つからなくて毎日毎日嘆き悲しみ寂しがり、涙をこぼす、という話を延々と書き綴っている。半分ほど読んでずっと同じ調子で、捜し見つからず嘆き泣くばかりなので、読むのを止めた。
ココが居なくなったら、同じなんだろうな・・・・

110830-4.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スポンサーサイト

軽井沢滞在記(23.9.10-9.15)

.22 2011 シニア日記 comment(2) trackback(0)
目の中の蚊、コバエに変わる。
季節の変化が速い。あっという間にお彼岸も過ぎてしまった。

備忘録のつもりで、軽井沢の滞在中の記録を残しておく。


9月10日(土)、下北沢の自宅を午後3時に出て軽井沢へ向かう。週末だが夏休みが、終わったばかりのせいか、関越道路は空いている。どの車も先を急いでいるのだろう、猛烈なスピードで追い越し車線を走り抜けていく。小型車もトラックも120km以上でどんどん追い抜いていく。お客を一杯乗せた観光バスまで一緒になって飛ばしている。どこのバスだ。

トバスデスネ


9月11日(日)

午前中、西軽井沢ゴルフ練習場で練習。8月に来た時には前東大総長の小宮山宏さんが一人で練習に来ていた。しかめ面をしていたのでイケメンの鬼がわらのようであった。



チョコちゃん

下北沢で仲良しのチョコちゃんのおかーさんが軽井沢に滞在中で、ル・シダネルの絵画展にお誘いした。年内に閉館が決まっているメルシャン美術館にて、最後の催し物。

110911シダネル-1


110911シダネル-2



110911シダネル-3

ル・シダネルの絵は見る人が見れば大感激するのだが、ボクにはよく分からない。


画を見た後、チョコちゃんのおかーさんお勧めの「ピットーレ軽井沢」(メルシャン美術館の同じ敷地内にある)で夕食。

110911前菜(サービス)

食前酒を注文したら、サービスにこの前菜を出してくれた。チョコママはこのお店のお馴染みさんのようだ。



110911さんまのカルパッチョ

珍しいさんまのカルパッチョ。チョコママが青み魚が大好物で、オイシイ、オイシイとたいらげる。



110911ソーセージの石窯焼き

窯焼きのソーセージ。見た目は冴えないが、それぞれのソーセージの旨味が凝縮されて、大好評。



110911ピットーレ

なすとみょうがを乗せたトマトソースのパスタ。さっぱり味だが、しっかりした味付け。




110911ゴルゴンゾーラソースのペンネ

おかーさんの好きなゴルゴンゾーラのペンネ。こちらは濃厚なおいしさ。


110911ハーフ&ハーフのピザ

好きなピザを半分づつ焼いてくれる。これはマルゲリータとアンチョビときのこのピザを合わせたもの。

このお店は値も張らず、気軽にあれこれ頼めて美味しいものを楽しめる。メルシャン美術館が閉館になったら、どうなるのか分からないと言うが、是非とも存続して欲しいお店のひとつである。


帰宅する時間(午後7時過ぎだったか・・・?)、激しい夕立。

9月12日(月)

晴山で練習ラウンド(ハーフ)。

軽井沢ショッピングプラザでゴルフ用品を買う。

昼食後昼寝。足がつって飛び起きる。膝の上のココ飛び上がる。

ムッ!


佐久のショッピングセンター内のホームセンターで買い物(ココのクッキー、剪定ばさみ、カミソリの替刃、栄養ドリンク)。
肉の「片山」が途中にある。ここの餃子は何もない時に便利。冷凍だが、意外とおいしい。肉に関してはこの界隈では評判の高い店である。今日は肉を買う予定がないので、餃子だけ買いに入るのは気が引けるとおかーさんがいう。餃子はあきらめる。

いつも通る道なのに、曲がるところを間違えて直進しUターンすることが2回あった。認知症が心配になる。おかーさんに曲がるところを間違ったら教えてくれと頼む。今度は曲がるところなのにまっすぐだとおかーさんが言い張る。二人とも認知症になったらど~しよう・・・・・。

コスモスが満開。すすきも若い穂をたなびかせている。

車の前方低く中秋の名月。


9月14日(水)晴れたり曇ったり。

グランディ軽井沢でおかーさんと1ラウンド。後半バテたが足もつることなく、無事18ホールを回れた。
タレントのモト冬樹が来ていた。テレビで見るよりずっと若々しい。

アイアンの8番を晴山でプレーした時忘れて来たらしい。晴山に電話したが拾得物で届けられていないとのこと。
無くてもさしたる影響なし(クラブ通りにボールが飛ばないから)。

9月15日(木)

東京へ帰る前に掃除。ガラス戸をあけるとさわやかな風とともにドクダミの匂い。

ツルヤに寄って野菜類を買っていく(東京よりずっと安い)。下北沢には3時ごろ着く。東京は暑さ厳しい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

飛蚊症

.02 2011 シニア日記 comment(2) trackback(0)
110830花-1


8月25日(木)曇り 28℃

おかーさんは美容院へ行ったあと、喉が痛いからと近くのSクリニックへ。その間ボクは、トヨタの車代金の残りを支払いに。6月の初めに発注した車(省エネでハイブリッドにした)が、9月半ばにようやく納車されることになった。大震災の影響で生産が滞っていたのだ。
軽井沢行きは、おかーさんの体調がすぐれないので、しばらく延期となる。

8月26日(金)曇りのち雨 31℃

虎ノ門病院。20年くらい診てくれていた担当の先生が定年で今日から新しい先生。小柄で愛想がいい。付き合いやすそう。血液検査の結果を見て、薬が効かなくなってきているようだからもうすぐ認可が下りる新薬に変えましょうと言う。一ヶ月後にエコー検査と採血をして、その結果を診ることになる。

110830花-3

8月27日(土) 曇り 27℃

民主党の代表選に5人の立候補。最大派閥の小沢派が海江田氏を支持し、下馬評では海江田氏優位。海江田氏だけは総理になっては困る。泣き虫宰相誕生なんて、この国はオシマイだ。

イヌは泣かねえんだな


8月28日(日) 晴 29℃

民主党の代表選では大きな争点となっているのが、2年前の衆院選のマニフェストを見直すか見直さないか。海江田氏は小沢・鳩山の主張する初期マニフェスト遵守を打ち出し、自民公明との見直し合意をチャラにすることもあると言いだす。意気地なしの上にバカ。

110828-9.jpg


8月29日(月) 晴 29℃

ゴルフの練習。すっかり間があいてしまったので、せっかく掴みかけたコツが取り戻せない。頭を動かさずに、腕とグリップを思い切り柔らかくして、ボールをクラブヘッドで運ぶイメージでゆったりと振る。
ドライバーは少しフラットに、肩は水平にまわしヘッドをボールに叩きつけるように下へ振り抜く感じが出ると良い。頭では分かっていても、身体が言うことを聞かない。

練習場のテレビで民主党の代表選をやっていた。第1回目の投票で海江田氏1位、野田氏2位となり。決選投票で前原票と鹿野票を加えて逆転した。

目の中にススのような黒い点が幾つも見える。目薬をさしてもとれない。


8月30日(火) 晴 31℃

東邦大学付属大橋病院の眼科に行って、目の検査。加齢による飛蚊症(ひぶんしょう)との診断。安心する。
瞳孔を開く薬を目に入れたので、病院を出たらまぶしくて目をあいていられない。目が大口径の明るいレンズになったようなもので、いくら絞っても白昼下では露出オーバーだ。目を閉じて時々薄眼で周囲を確認しながら歩く。

蚊が目の中で飛んでいるようで、うっとうしい。この状態のままなら心配することは無いが、治療法は無いと医者は言う。何かいい薬はないのかなぁ・・・。


キンチョーかフマキラーあたりに

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。