スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボ要注意

.08 2011 シニア日記 comment(9) trackback(0)
3月7日(月) 雪のち曇り 寒い

朝までの雨が雪まじりになったかと思う間もなく、見る見るうちに本格的な雪に変わる。あっという間に窓外の景色が白くなった。

1時間もするとまるで冬の真っただ中にいるよう。でも水分を含んだ重い春の雪。

110307雪景色-4

昼過ぎには止む。夕方には溶けて無くなる。

110307花a


今日のお昼はパスタ。市販のパスタソースを使う。


フライパンでオリーブ油を熱し、海老とエリンギを炒める。そのパスタソースと別のトマトソースを大さじ2杯をフライパンの海老とエリンギに混ぜ合わせ、隠し味に砂糖大さじ1、バター10gほどを加える。
ここにゆでたパスタを加えて、からめる。

110307ポモドーロ

お昼は麺類が胃に合う。
朝はパン(ピザトースト、ハチミツかジャム)と野菜サラダにコーヒー。かなりボリュームがある。ご飯は夕食だけ。

おとといの夕飯には「かじきのムニエル ねぎソースかけ」。
かじきは塩コショウしておろしニンニクを擦り込んで、小麦粉を軽くまぶしてフライパンで焼く。

110305かじきのムニエル

淡白な味のかじきに、焦げたニンニクの香りとねぎソースが絡み合って食感・香り・味わいに絶妙のバランスをもたらす。
おかーさんは「オイシイ、オイシイ」と自分で作って自画自賛。

ねぎソースの作り方。
材料は
ねぎ(粗みじん切り)1本分、酢大さじ5、しょうゆ大さじ2、砂糖大さじ半分、みりん大さじ半分、顆粒スープの素小さじ半分を湯大さじ1で溶く、赤唐辛子小口切り1本
これを混ぜ合わせるだけ。
この分量だと4人分になる。

110305ねぎソース



110307花b




ココの体重がいつの間にか2100gになっている。最近、食欲もあって食べさせ過ぎかな。
4歳半を過ぎているから人間なら34,5才というところ。

人間なら34,5才


まだ中年の域には達していないはずだが、ハラのたるみが気になる。

ふくよかになったと言って


セーターもキツキツで、上のボタンは動き回っているうちにはずれてしまう。

このセーターを買ったのはココが生後4ヶ月で体重1000gの時。

061225.jpg

小学生の時に買ったセーターを30半ばになって着ているようなもの。

いつまでも子供のように思っていたが、こうして並べて見ると大人にはなっているんだな・・・。

110307a.jpg


110307花c


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スポンサーサイト

2月27日からの1週間

.05 2011 シニア日記 comment(0) trackback(0)
2月27日(日)晴 暑いくらい(18℃)

知り合いの弁護士のF先生ご夫妻をお誘いして、メイプルポイントでゴルフ。

110227f.jpg

2日前までは曇りのち雨でキャンセルかな~と思っていたのが、前日の朝の予報で突然晴れのち曇りに変わりホッとする。
普段は仕事で超ご多忙のF先生だから、せっかくのゴルフ天気が悪くては申し訳がない。

当日はこれ以上は望めないほどのゴルフ日和。気温もグングン上がって午後はセーターも脱いだくらい。先生ご夫妻もこのコースは大変気に入っていただき、お誘いした甲斐があった。

110227e.jpg

スコアの方はおかーさんは大叩き、ボクは107と相変わらず低空飛行。


2月28日(月)曇りで寒い(最高9℃)

帯状疱疹が広がってきて、その上寒くて、一日中家から出ない。半分くらい寝て過ごす。


3月1日(火)曇りで更に寒い(最高7℃)

帯状疱疹の再診でSメディカルクリニックへ行く。

S先生は「もうちょっと我慢すれば完治します。本当に運が良かった。奇跡的なグッドタイミングでお見えになったんですよ」と何度も運の良さを強調される。
あと二日分の薬を処方していただく。

夕食におかーさんがタジン鍋で煮込みハンバーグを作る。レシピはこの本に出ていたもの。

タジン鍋料理本

これはもう美味しくって美味しくって、ソースの中にご飯を入れて食べたら、ハヤシライスのような洋風おじやになる。皿を舐めるよう食べる。

110301煮込みハンバーグ

ココには食べさせるわけにはいかないので、別の物をやる。

コレダケ~~?



3月2日(水) 晴 少し暖かくなる(最高10℃)

近所の白木蓮の蕾が膨らみを持ってきた。

虎ノ門病院でMRI検査と血液検査の結果を聞く。おかーさんも一緒。

帰りに築地場外市場へ寄る。銀座線の虎ノ門から青山一丁目にもどり大江戸線に乗り換える。大江戸線は半蔵門線の下を通っているので、地の底に下って行くような気分だ。洪水になったら大江戸線が一番先に沈没する。大雨の日は乗らないようにしよう。

築地場外市場は休みの店が多く、お目当ての藤田もオヤスミ。またまた美味しいまぐろを買い損なった。別の店でまぐろの柵を買ったが、家で食べてみたらやはり全然違う。
味幸堂で目鯛の西京漬け、そのお向かいの店で帆立とまぐろとにしんの佃煮を買う。

東京市場の日経平均262円下げる。

3月3日(木)晴 寒い(最高8℃)

寒いのでゴルフの練習を止め、足の運動で北沢川緑道を淡島まで往復する。ココを連れていくとダラダラ歩きになるので置いていく。

チッ!

早歩きで40分。
犬の散歩時間なのか犬連れが多い。
会った犬。トイプードル、ミニチュアダックスフンド、ミニチュアシュナイザー、パピヨン、ヨークシャーテリア、ノーザンホークテリア、柴犬、ラブラドール・レトリーバ、ゴールデン・リトリーバ、シーズー
不思議とチワワには出会わなかった。

桜の蕾はまだ小さく固い。淡島の公園にあるカメザクラというのは蕾の先が赤くなって少し開きかかっていた。このあたりは日当たりが良いから花の開くのが早いのだろうと、おかーさんが解説する。


3月4日(金) 晴 寒さ続く(最高8℃)

今日も寒くて、ゴルフの練習は中止。

日経平均、昨日に続き上昇。最近株の動きが読みぬくくなった。世界的なお金の流れがどこへ行くか、予見するのは難しい。昨年の暮れから騰落レシオを見る限り市場は過熱気味だったが、なかなか下がらない。
ボクが売るとその株は値上がりするが、その通りになった。だからちびちび売って行くのだが、天井を見極めるのは難しい。ずっと後になって、ああ、あそこが天井だったと分かるのだ。過信は禁物。流れに沿って無理をしないこと。

流れの先に滝


3月5日(土) 晴 暖かくなる(最高12℃)

車検があるので若林のトヨタまで車を持っていく。おかーさんが新車のパンフレットをもらって眺めていると営業マンが近付いてきて、「今のお車キレイにお使いですね~。下取りに出せば〇〇円くらいになるんじゃないですかね」と言う。
「え~! そんなに~?」とおかーさんが思わず声を出す。
「バカだねぇ。こういう時は、『え~! それしか~?』と言わなくっちゃぁ」と諭す。

帰りは運動のため若林から歩く。烏山川緑道から茶沢通りに出て下北沢のオオゼキに寄って帰る。6500歩、約1時間。疲れた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。