スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MRIやらタジン鍋やら帯状疱疹やら

.26 2011 シニア日記 comment(4) trackback(0)
2月21日(月)

朝、電子レンジを開けると昨日の夕飯の時に入れたおかず。ガスを消し忘れてヤカンを焦がすなんてことは滅多にないが、チンしたまま出し忘れるということは珍しくない。

きのうの朝も


昼前、虎の門病院へ行く。採血とMRI検査。

MRIの前に採血しようと30分余裕を持って行ったが60人も待っている。午後になっているのにちっとも空いていない。しばらく待合席で進行具合を見守る。30分たってもまだ20人くらい待っている。仕方がないので、受付に断ってMRIを先にする。

MRIも次から次へと待合席に患者が来る。看護士がMRI検査に障害を起こす持ち物を身に付けていないか確認する。不機嫌そうな中年の男性患者に、チェックリストを見ながら
「時計、眼鏡は付けていませんね。鍵、ライターなんかもありませんね。ネックレスとかイヤリングは・・・?」
その男性、ますます不機嫌そうな顔になる。

マツコデラックスみたいな


この席で造影剤を注射され、しばらくして検査室へ通される。

検査台に上を向いて横たわるよう指示され、狭いトンネル状の造影機の中に移動する。
色んな音が聞こえてくる。
プワープワープワー、
ビビビビビビ
ストトンストトンボッボッボッ

技師が「息を吸って下さい。息を吐いて下さい。息を止めて下さい」と指示を出す。一生懸命その通りにする。優等生になったみたい。

息を止める度に、「ビビビビビ」と大きな音がして撮影している。

10分ほどこの繰り返しで、いったん検査室から出て、造影剤が身体に回るのを待つ(約20分)。

それからもう一度、前半と同じことを繰り返す。ますます上手に、息を吸ったり吐いたり止めたりしてあげる。


MRI検査は胃カメラなんかに較べれば、ちっとも苦しくないから平気だ。これからも胃カメラを飲まないで済みますように。

110226花a



採血を済ませ病院を出てから、おかきの播磨屋本店で200円のおかきと無料のコーヒーで昼食代わり。
ほとんどの客が無料コーヒーだけ。ケチ!

「朝日あげ」、「御やきもち」、「のりおかき」の3袋を1000円で買う。この三種類がウチではベストスリー。

110226花c


今週は世田谷区の健康診断がある。質問票に答えを記入する。

毎回ひっかかる質問。
(ここ2週間)自分が役に立つ人間だと思えない。(0はい、1いいえ)



夜、2月生まれのおかーさんの誕生祝いを近くのラ・ベファーナ(イタリア料理店)で。妹と姪二人が来てくれる。プレゼントにタジン鍋を貰う。妹も姪二人も「スッゴクオイシイ」と口をそろえてタジン鍋料理を絶賛する。

110221タジン鍋


2月22日(火)

ゴルフの練習。2時間打ち放題で6カゴ(300球)打つ。ゴルフコースでは1ラウンドでパットを除いて75球ほどだから、4ラウンド分打ったことになる。疲れるわけだ。

もうちょっと考えて


2月23日(水)

喉が痛く、頭も痛い。一日寝込む。
「こういう時は動かないでじっと寝ていた方が良いわよ」とお婆さんが孫に諭すようにおかーさん、言う。


2月24日(木)

唇の下にメンチョが出る。すこぶる痛し。頭も頭皮が痛い。


110226花b



夕飯はタジン鍋で鮭のちゃんちゃん鍋を作る。

110224ちゃんちゃん焼き


作り方はネットに出ていた「なぉぽ」さんのもの。

ちゃんちゃん焼き作り方


おかーさんは「おいしい、おいしい~」と喜ぶ。確かに野菜の旨味はあるが、妹たちが口をそろえて絶賛していたほどではない。基本的に素材の味を閉じ込めて蒸し焼きにする鍋だから、素材選びに手抜きをしてはいけないのだ。


2月25日(金)

ポッカポカの暖かさ。最高気温21度。

午前中Sメディカルクリニックで健康診断。

S先生、唇の下の吹き出物はメンチョではなく帯状疱疹であると、たちどころに見抜く。「頬と耳の下にも赤い湿疹が出ている。頭皮にも小さい斑点が出ているから、頭の痛みもそのせいである。初期段階で見つかって良かった。遅れると目の近く等場所によっては失明することもある」とおっしゃる。帯状疱疹の特効薬と胃薬、ビタミン剤、鎮痛剤を処方して下さる。
S先生は挙動も言葉も一分の無駄もなく、トントントンと事が進む。看護士さん達も要領よく流れ作業のごとく体重・身長を測り、レントゲン室に案内し造影機の高さを調整し先生を呼び、心電図を記録し、血圧を測り、健康診断にはものの15分もかからない。その間先生が関わるのは2分程度である。それでも、きちんと診断し的確な判断で処置していただけたので大満足である。

顔がヒン曲がるほどの疱疹の痛みも、鎮痛剤のおかげで気にならない程度になる。
スポンサーサイト

バレンタインデー

.17 2011 シニア日記 comment(0) trackback(0)
2月13日(日)

110213花-8


羽根木公園へおかーさんと梅を見に行く。ココをキャリーバッグにかつぎ外に出ると、門のノブに紙袋。
中には手紙付きの小さな箱。手紙には「〇〇さん(ボクの苗字)、いつもお世話になっています。バレンタインの生チョコをお届けします。星香」とある。

そんな人いたの?


星香という名に心当たりなし。おかーさんはしきりに「だ~れ、それ?」と聞く。「銀座のクラブにそんな名前の子いたっけかなぁ~」と言っても、おかーさん、全く取り合わない。信頼しているのではなく、そんな甲斐性があるわけがないと思い込んでいるのだ。
後日、星香さんは妹の知人で、隣に住む妹に届けたものと判明。食べてしまわなくて良かった。
近頃は、女性同士でもバレンタインデーにチョコレートを贈り合うようになったとか。
チョコレート屋さんは商売がウマイ。


110213花-5

羽根木公園には人がゾロゾロ。犬連れの人もゾロゾロ。3連休の最後の日なんだ。きのうもおとといも雪や雨で家の中でジッとしていた人たちが、天気が良くなってドッと出て来たのだ。

110213風景-1


110213花-4



110213花-6




110213花-9



2月14日(月)

義歯の留め金が折れ、渋谷の歯医者さんへ行く。

帰りにビックカメラでプリンターインクを買う。下北沢では売っている店が見つからない。不便なことだ。
さて、無事印刷できるようになったところで、もう一台レーザープリンターがあるのを思い出した。エプソンのLP800というもう10年くらい前に買ったもの。この1年ほど使っていなかったが、試しに印刷してみたら全く問題ない。トナーは交換してから少なくとも5年は経っている。この持ちの良さはこのご時世、感動ものだ。

もっと長持ちする義歯はないものかなぁ・・・。



2月15日(火)

朝、雪が積もっている。この前よりもっと多い。でも湿り気の多そうな雪だ。

この日、おかーさんは夕方帝国ホテルで友達と会う約束。せっかく都心に出るのなら、友人に会う前に築地場外市場でおいしい魚を買いたいと言う。しかし、長時間魚を持ち歩くわけにもいかないので、ボクも築地まで付いて行って、魚を持って帰ることになった。何となく割に合わない感じもしたが、お昼に寿司清のお寿司を食べるということに魅かれて、出かけることにした。

馬にニンジン


昼前には日差しがまぶしく、雪の溶けて落ちる音があちこちからポタポタ、ポタポタと賑やかに聞こえてくる。こんなに早く溶けるのだったら、朝雪かきする必要もなかったな。

人間、贅沢にはすぐ慣れるというのか、寿司清のおいしい寿司にも最初ほど感動しない。多分、寿司清ならスゴク美味しいという先入観があるからだろう。

寿司清を出て、西京漬けの味幸堂をのぞくともうシャッターが降りていて、売り切れみたいだ。一番のお目当てだった藤田のまぐろも1時半閉店で間に合わず。こんなに早く閉めるとは知らなかった。これでは何しに行ったのか分からない。
悔し紛れに塩鮭を買って帰る。

シオジャケか




10時には寝るんだ

.13 2011 シニア日記 comment(2) trackback(0)
作家の唯川恵さんが日経に書いていた。
飼っていた犬が午前四時ごろには、散歩に行こうと起こしに来る。
それで仕方なく、犬のために夜十時に寝て、朝四時に起きることにした。
しかしそれはそれでいいこもある。一日がとても長く感じられるということだ。
それまで「もう、こんな時間」だったのが「まだ、こんな時間」に変わった。
その感覚は想像以上に気持ちに余裕を与えてくれ、一日をのんびりと過ごせるようになった。

110209花-1


残り人生を考えれば、「一日がとても長く感じられる」というメリットは何とも魅力的である。
早速昨晩は夜10時に床に着いた。

起きたのはいつも通りの朝6時。
これでは、これまでより一日が短くなってしまう。
ココは朝四時には起こしてくれないのである。ボクが毎朝ココを起こすのだ。

110213a.jpg


東京に戻ってからここ一週間、確定申告の準備に没頭。青色申告用の帳簿作りや株の譲渡所得の計算があるから、時間がかかる。ようやく完成して、帳簿をプリントアウトしようとしたら、プリンターのインクが切れていた。
プリンターインクは使わなくても蒸発するのだろうか? 速乾性が求められるから、揮発成分が入っているのだろう。軽井沢のプリンターも全然使わなかったのに、インク切れになった。5色刷りのプリンターを2台持っていると入れ替わり立ち替わりインクが切れるので、年がら年中インクを補充している感がある。
メーカーはプリンターを安くしてインクで儲けているのだ。

7日(月)にはゴルフの練習に行った。
大原のスタンドでガソリンを入れる。じりじりとガソリン価格が上がっている(@¥145)。エンジンオイルを点検してもらったら、残りわずかで真っ黒。オイル交換で1万円以上かかった。
7-11でお昼用のおにぎり購入。車の中でおかーさんと「なんかちょっと高いよね」とレシートをチェックしたら、2個入りのおにぎりをダブルカウントしていた。店に戻ってレジを担当した店員(中年女性)に話すと、大いに恐縮して小さな声で「スイマセン、スイマセン」を連発した。店長に見つかると叱られるのかな。何だか可哀相なことをした気になる。



11日には珍しく下北沢にも雪が積もった。

110211景色-1

地球温暖化はどこへいったのかなぁ・・・。


12日(土)

エジプトのムバラク大統領が辞任。新聞より先にネットで知る。



ア、 もう10時を過ぎた。早く寝なくっちゃ・・・

110213b.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

雪の上で甘えるココ

.07 2011 ペット comment(4) trackback(0)
先週の金曜日4日に東京へ戻る。お昼を食べて2時過ぎに軽井沢を出発し、ノンストップで下北沢へ着いたのは4時半。東京はぐ~んと暖かかった。

軽井沢にいる間に一度だけ雪が降って積もった。せっかくの雪なのでココを連れ出して遊ばせる。

110131-1.jpg

最初は足が地に着かない感じだったが、遠くから呼び寄せると

110131a.jpg


一目散に駆けてくる。


110131-19.jpg



110131-20.jpg


110131-22.jpg


110131-23.jpg

そして、足元まで来て「だっこ~!」と甘えるのである。

だっこ~!

こういう甘える姿を見ると、たまらなく嬉しくなってしまうのである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

樫山工業のイルミネーションとブランカンの夕食

.04 2011 シニア日記 comment(0) trackback(0)
2月2日(水)晴れたり曇ったり、寒さ和らぐ

午前中、西軽井沢ゴルフ練習場へ行く。

気温は氷点下2度。寒いので日当たりのよい場所を選んで、おかーさんと二人でせっせとボールを叩く。しばらくすると、陽の当たる背中が暑くなって上着を脱いでセーターだけになる。
おかーさんがランニングアプローチの方法を教えてくれる(教本に出ていた内藤雄士のやりかた)。ボクはおかーさんに軸を中心に回転で打つように教える。ふたりで350球打つ。




お隣のSさんご夫妻が、佐久の樫山工業のイルミネーション見物とブランカンの夕食に誘って下さる。
少し早めに出て、ドライブがてら買い物をしてからということで、午後3時にSさんの車で出発。

またお留守番?


小諸から更に西へ向かう。前方に北アルプスの白い山並みがうっすらと見えてくる。

110202風景-2


東御市の八重原にある芸術村に立ち寄る。コテージ3棟、バーベキュー場、マットゴルフ場、テニスコート、温泉施設(明神館=下の写真)がある。

110202明神館-1

明神館の露天風呂は、雄大な浅間山連峰の眺めが売りのようだ。温泉には入らなかったが、多分、小諸市の街並みの向こうに浅間山連峰がこんな風に見えるるのだろう。

110202風景-3

明神館の売店で八重原米を買う。5キロ2500円。

110202信州八重原米-1


Sさんの話では、このお米は天日干しをしているので、一段と美味しいのだそうだ。

芸術村から南下して、北佐久郡の立科町にある農産物直売所(「菜ないろ畑」という)に予約してあった卵を受け取る。Sさんご推奨の超美味卵である。

110202菜ないろ畑

八重原米にこの信州蓼科農園の卵で、卵かけご飯にしたらさぞかし美味しいだろうなぁ。

110202信州立科農園の卵


佐久市の樫山工業が毎年飾るイルミネーション。今年のテーマはシンデレラ姫。昨年11月から公開されており、昨年末見たご夫妻がとても綺麗なのでと連れて来て下さった。5時過ぎに到着したが、日が長くなってまだ薄明るい。カメラのレンズを絞って、画像ソフトで暗く仕上げたりして何とか雰囲気を出して見た。

110202イルミネーション-7


110202イルミネーション-9


110202イルミネーション-11


110202イルミネーション-12




ブランカンの夕食は、Sさんが特別にお店にお願いした松花堂弁当のコース。

110202ブランカン-1
(オードブル3品)

料理長の草間さんはアムステルダムのホテルオークラで3年間腕を磨いてきた人で、洋食が本業だが、和食の腕も相当なものだ。鮭の西京漬けは築地場外市場の味幸堂の西京漬けに勝るとも劣らない。シュリンプカクテルもプリプリの海老がカクテルソースの上品な甘さと酸味に包まれて、舌を喜ばせる。


110202ブランカン-5
(白土ばれいしょのスープ)


110202ブランカン-6
(松花堂弁当)

海老と蟹のフライ、海老しんじょう、牛一口ステーキ、どれも手を抜かぬシェフの気持ちが伝わる仕上がりである。

110202ブランカン-11
(デザート)


おまけは、液体窒素を使った即席アイスクリーム。

110202ブランカン-12

ココナツミルクとその他の材料を液体窒素に混ぜ、かき回すとモクモクと白い煙。

110202ブランカン-14

かき回すことほんの数分、手品のようにアイスクリームが出来あがる。

110202ブランカン-15

目も舌も大満足の一日でした。

おとーさんたちだけ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さむ~い軽井沢便り

.01 2011 シニア日記 comment(0) trackback(0)
1月30日(日)

110130風景-1

夜半過ぎから降った雪が、10cmほど積もった。寒くて外に出る気にならない。コタツに入って一日を過ごす。

110130-6.jpg


ココもコタツから離れない。


斎藤祐樹のニュース。NHKまでが追っかけまわして毎日何回も報道する。騒ぎ過ぎで本人だって迷惑だろう。
近頃NHKの番組予告がやたらと目につく。NHKのドラマ出演者をインタビュー番組に出演させるのも、ドラマの宣伝みたいだ。押しつけがましくてイヤだなぁ。

夜の映画、Transporter (運び屋)という映画だが、見ても見なくてもよい映画。その内ストーリーも忘れて、また見たりするのだ。途中まで見て、「ア、これ見たことある」と思うのだが、ストーリーを思い出せないので、ついつい最後まで見たりして・・・。バカだなぁ。




1月31日(月)

朝、最低気温マイナス15.2度だった。窓ガラスに結晶が出ていた。

110131風景-1


軽井沢プリンスホテルのスキー場に滑りに行く。


110131スキー12

シルバーデーで一日1500円だ。4時間券と同じである。どっちみち4時間以上は滑っていないけど、得したような気分だ。

110131スキー6

気温が低いので山頂付近の木には雪が枝に残って、青空を背景にくっきりと浮かび上がる。

110131スキー4



110131スキー11

雪は天然の乾いた雪。スキーで踏むとキュッキュッと音がする。最高のコンディションだ。

スノーボードをやる人が増えて、ここでもスキーと同じゲレンデを滑っている。スノーボーダーは休む時は、片足をボードから外して雪の上に座り込む。
困るのはスノーボーダーがコース上であちこちに座り込むことである。衝突する危険がある。
コース内には「コース上は座り込み禁止」の立て看板を掲げて注意をうながしている。
外国人も来るのだろう。英語でも表示してある。

'In courses sit down, and is prohibited.'

中国人のカタコトの日本語みたいな英語だ。
「コースノナカテ スワルコト、ソレ イケナイアルヨ」とでも訳すのだろう。

中国人といえば東京のデパートでも目立ったが、ここでも中国人の多さに驚く。
同じリフトに乗りこんできた母子も中国人だった。
食堂でも中国人のグループがワイワイガヤガヤと賑やかだ。日本人の家族の方はいじけているようにしんみりと食事をしている。

昼食前は調子よくリフトに5,6回乗って滑ったが、食後はリフト1回で足がつってしまいリタイア。

食事を摂ると血の巡りが悪くなる。

アタマの血の巡りは

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。