スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽井沢プリンスホテルスキー場

.30 2009 シニア日記 comment(6) trackback(0)
12月29日(火) 

お留守番です


2シーズン振りのスキー。軽井沢プリンスホテルスキー場へ行く。

軽井沢プリンスホテルスキー場


火曜で平日だけど、年末は28日から休日料金でシルバー半日券でも2500円。


091229スキー-1

それでも、絶好の天気に恵まれスキー場は大繁盛。長野県のスキー場が不景気で次々と閉鎖に追い込まれていると今朝のテレビで言ってたのに・・・。スキーだけでなくアウトレットも隣だし、東京から近いということもあるから、別格なのかもしれない。

091229スキー-5

ここは人工雪で、ゲレンデも初級・中級者用が中心で、上級者には物足りないかもしれないが、我々老夫婦にはちょうど良い。頂上近くは本物の雪が木の枝一面に凍りついて、枯れ木に花を咲かせたよう。


ゲレンデの正面には浅間山が一望でき、景観も素晴らしい。

091229スキー-3

久し振りのスキーなので、おかーさんは「怪我しないように気をつけてね。怪我したら東京に帰れなくなる。急に言われても運転できないからね」としきりに心配する。


091229スキー-6

ボクが先に行って待っていると、上からサッと滑ってきてすぐ横に急停止し、「ちょっと上体に力が入ってる」と一言。(ゴルフの時も同じことを言われた)


091229スキー-7

言い終わるや、おかーさんは一気に下へすっ飛んで行った。

スキーもおかーさん


ボクの方は身体がスキー仕様に戻っていなくて、スピードを出すとバランスが取れない。必死で追いかけても疲れるばかりだ。


091229スキー-10

おかーさんは遥か下の方で、ボクを待つ。何回か繰り返すうちに、両足がつってしまった。

ボクがギブアップした後も、「まだ滑る」とおかーさんは一人でリフトに並ぶ。

091229スキー-12

調子が出てきたおかーさんはまだまだ滑りたそうだったが、ボクの足がこれ以上痛くなると車の運転が出来なくなるので、リフトに6回でリタイア(おかーさんは7回)。

家に帰るとお留守番のココは少々ご機嫌斜め。

ずっと待ってた

ちょっとだけ外の空気を吸わせに外に出ると、そこには西日に輝く浅間山。

091229浅間-1

そして空には、いつの間にかふっくらと膨らんできた夕方の月。

091229月
スポンサーサイト

ゴーイング マイ ウェイ

.28 2009 オコジョとココジョ comment(6) trackback(0)
オコジョとココジョの会話

日本の将来が


ドーシテ?



やりたい放題


Going My Way


先祖がえり

今年のクリスマス

.27 2009 シニア日記 comment(4) trackback(0)
091223花-2


12月23日

ゴルフの練習。
おかーさんはドライバーで140ヤードのキャリーが出ることもあって、ゴルフが面白くなってきたようだ。
ボクのスウィングも時折チェックして、「もっと力を抜いて」とか「バックスウィングが中途半端」とか指導してくれる。そのアドバイスがまた的を得ていて、ボクの方も少しずつ飛ぶようになり、スライスも減ってきた。

スジがいいみたい


練習の後、おかーさんの兄さん夫婦と姪のトモちゃん宅でクリスマスランチ。

091223クリスマス-2

急な集まりだったので食事は手を抜いて、出来あいのシュリンプサラダとローストチキンに折詰のお寿司。

食後はショートケーキ。

091223クリスマス-3

タテヨコが25x40センチほどの巨大なケーキである。
トモちゃんがコストコでその迫力と3000円でお釣りがくるという値段に魅せられて、どんな味か試してみたいと買って来たもの。

ひとりにイチゴ1個乗るように切り分ける。7人だからまだ17人分残る。

お味の方はべつだん、うんとおいしくもない。値段の割にマアマアという程度だ。

食べ残した中から、イチゴ4個分だけ切り分けてお土産にもらった。
食事で満腹のところに更にこれを食べたので、味が分からなかったのかもしれない。
「空腹で死にそうならおいしいと思うかも知れないね」とおかーさんと話しながら帰る。

夕食後、何となく口寂しくて「ケーキでもかじってみるか」とそのショートケーキをまた引っ張り出す。
それが、今度は思っていたよりましな味で、またイチゴ1個分ずつ平らげてしまった。

091223a.jpg


ココにもスポンジの部分を分けてあげたら喜んで食べる。

091223b.jpg


死ぬほど腹が減っていたわけではないのだから、コストコのショートケーキも値段を考えれば捨てたもんではないということか。

バカにしてはいけません


でも、自分で買うのなら「同じ値段で4分の1の大きさでいいから、4倍美味しい」方がいいな。

師走

.26 2009 シニア日記 comment(3) trackback(0)


今日も大忙し。師走だ。犬も走る。


091224ジャンプ-17


これから軽井沢へ出発。時間がないので写真だけでご勘弁を。

アリャリャ



グワァー



オットット



ウッ!



ウリャァー

ワタシが決めます!

.23 2009 オコジョとココジョ comment(2) trackback(0)
鳩山さんです


ワタシが決めます


何か気になる


誰か後ろに


意向にそって

サンタとコウノトリ

.21 2009 オコジョとココジョ comment(4) trackback(0)
クリスマス

もうすぐクリスマス。

今年もサンタさんは



ホントはおとーさん


ウッ!


オコジョに負けた

理想のゴルフコース

.19 2009 ゴルフ comment(0) trackback(0)
12月18日(金)

モグラ叩き


スライスの原因となる欠点が六つもある。
ひとつの欠点(たとえばスウェーする)をなおしても他の欠点(体重移動が不十分になる)が出てしまって、なかなかうまくいかない。
頭を出した欠点を叩きつぶしても、別の欠点が顔出すからモグラ叩きのように次から次へと限りなく欠点を追いかけまわすことになる。


モグラではありません




今日は更に、「アドレスがボールから遠すぎる」、「ダウンスウィングが左足のかかとから入っていない」というモグラが加わった。これでモグラが8匹になった。
全部のモグラが顔を出さないように慎重に身体を動かさないといけないのだ。
身体全体で百面相をしている気分だ。

空振りだ


スライスが治るまで待っていたら、エージシュート(年齢と同じスコアで回ること)を達成するのは120歳を過ぎなければ無理だろう。


這ってでも




初心者にもやさしいコースを作って欲しいものだ。


理想的には下の図のようなコースレイアウトのところが望ましい。


理想のゴルフコース



(ドライバーは200ヤード以上は飛ばないので、半径200ヤードの半円形のフェアウェイ。その外側にOBゾーンがあっても構わない。
グリーンはフェウェイから100ヤードの距離に3カ所あって、どれを狙っても良い)


こーゆうコースがあったら

スライスを治す

.17 2009 ゴルフ comment(0) trackback(0)
風景a


12月15日(火)曇り、寒い

おかーさんとゴルフの練習に行く。2時間打ち放題。

スライス(右へ大きく曲がる打球)がなかなか治らない。初心者に多い病(やまい)である。

曲がってる~



野球のピッチャーがこれくらい曲がる球を投げたら、バッターは絶対打てない。キャッチャーも捕れない。

スライスが治らないとコースでは悲惨である。OBの連発でボールが足りなくなる。探せば見つかるかもしれないが、万丈の山を登り、千仭の谷を下り、羊腸の小径に分け入って探すような時間はない。体力も気力もない。ましてや道に迷って行方不明になってしまったら、おかーさんに叱られる。

マムシに注意


OBでなくとも、隣のフェアウェイに入ったりする。ボールを捨てるかプライドを捨てるか、悩ましいところだが、安いボールなら捨てる。高いボールのときはプライドを捨て、「スミマセ~ン、よろしいですか~!」と叫ぶ。

右へ曲がることが分かっているので、左を向いて打つとそういう時に限ってまっすぐ左のOBゾーンへ突き抜けしまう。

前進四打


最近このスライスの原因が分かった。

グリップと手首に力が入っていて、クラブヘッドが右を向いたままボールを打つインパクトに入っている。
バックスウィングが不十分なままダウンスウィングに切り返すので、アウトサイドインの手打ちになりやすい。
フォロースウィングも不十分で、フィニッシュがとれていない。
体重移動が少なく上下運動になるか、スウェイして軸がぶれてしまう。
構えが猫背になって身体の回転軸が不安定だ。
トップで力が入って「ウントコショ」と打っている。

以上を意識しながらスウィングをする。
しかし、身体は考えていることすべてに反応してはくれない。あっちを治してもこっちの悪いところが出る。モグラ叩きと同じだ。

諦めて何も考えずに、フワ~と振る方がずっとましに当たる。

ゴルフは難しい。

花a

ココ入り2010年カレンダー

.15 2009 シニア日記 comment(6) trackback(0)
ココを使って来年のカレンダーを作る。写真は今年撮ったものから以下の12枚を選んだ。

1月

1月

2月

2月

3月

3月

4月

4月

5月

5月

6月

6月

7月

7月

8月

8月

9月

9月

10月

10月

11月

11月

12月

12月


表計算ソフトExcellを使って月ごとの日にちを入れ、月ごとの写真を挿入。一ヶ月毎に印刷範囲指定してA4に印刷した。仕上がりはこんな感じ。

カレンダー

Excellを使い慣れている方なら、このまま写真だけを自分のお気に入りのものと入れ換えれば、ご自分用の2010年カレンダーを作ることができる。
ご希望の方はブログ左コラムのメール欄からその旨ご一報下されば、メールにExcellカレンダー添付してお送りします。(2009年末で締め切らせていただきます)

ココ飛び上がる

.13 2009 写真 comment(4) trackback(0)
091213自然-4

このところ、堅い話が続いたので、息抜きにココのジャンプ写真を。


091208-17.jpg


うまくこちらを向いた画はなかなか撮れない。


091208-22.jpg

大抵はブレたり、後ろ向きだったり


091208-23.jpg



091208-25.jpg


091208-26.jpg

連写で100枚ほど撮れば、何枚かは残る。残ったものに補正をかけてようやくこの程度。動きのある写真は難しい。


091213花-1

大丈夫かなぁ? 民主党

.11 2009 政治 comment(0) trackback(0)
「大丈夫かなぁ~?」 とは思っていた。

心配だなァ


子ども手当、高校無償化、農業の個別所得補償、中小企業の減税、高速道路無料化など大盤振舞いする一方、暫定税率を廃止して入るお金は減らす。財源はムダ削減と埋蔵金で不足分をねん出する、と民主党の議員さんは口をそろえて言っていた。

不安はありながらも、「脱官僚」「予算のムダ削減」に期待して民主党に一票を投じた。

結局は37兆円の税収に対して95兆円の予算を組んで、補正を加えると100兆円近い歳出になる。 国と地方の長期債務は平成20年度末で778兆円もあるというのに、さらに50兆円近い国債を発行するようだ(今日の報道ではスッタモンダの末、44兆円以下に抑える方針を発表したが)。

家計で言えば、ローンを7800万円抱える年収370万円の家庭が更に500万円のローンを組んで、年間950万円の支出を予定しているということだ。個人だったらローンなんてとても組めないはずだ。

選挙中、民主党は財源はあると断言していた。税収が減ることは予想もしていなかったそうだ。

マニフェストに書いたことを本気で実現するつもりなら、もっと丁寧に実現性について事前に詰めておくべきだったろう。今更知りませんでしたで頬っかぶりしてはイケマセン。

聞こえません




今のところ、世論はまだ民主党を見捨ててはいない。バブル崩壊後の20年間、結局何も手を打つことが出来ず、日本をガタガタにした自民党にあいそをつかしたのだ。

民主党に政権が移って良かったことは、事業仕分けで予算のムダが国民の目の前で判定されたことだ。これは世論が一番評価していることだろう。これまでの成果はわずかだが、全体の1割程度の事業しかやっていないのだから、全部やれば相当の削減が出来る筈だ。

破産状態の国家財政なんだから、95兆円の予算を10%削減するよう各省庁に命令したらどうだろう。それぞれの省庁で事業仕分けをしてムダを洗い出すよう指示して大臣に責任を持たせて実行させる。まだ90%の事業が仕分けされていないのだから、まだまだ隠れたムダがあるはずだ。(補正予算でも電信柱を地中に埋める事業など、お金がない時にやる話かと思う)
これくらい思い切った指導力を鳩山さんが発揮出来たら、世間の目もずいぶんと変わるだろうに・・・・。


小沢さんがいるから




外交でも普天間基地移転問題が紛糾して、どう収まるのか予想がつかない。鳩山さんは「解決策はある。決断は自分がする」と断言しているが・・・。

この問題で日米の信頼関係が微妙になっている今この時、小沢さんが600人もの議員・後援者を引きつれて中国を訪問。アメリカ離れを強烈にアピールしているかのように見える。いたずらにアメリカに不信感を抱かせるだけだ。
鳩山さんがオバマ大統領に「私を信頼して下さい」と目を見て言ったというが、民主党がいまやっていることは、アメリカから見れば「全く信用の置けない政府」ということにならないのか? 鳩山さんががCOP15の際にオバマさんと話したいという申し出をアメリカが断り、普天間移設の日米作業部会が中止となり、日米同盟の進化の協議も延期となった。




日中同盟でも?


民主党が選挙で掲げたマニフェストをどこまで実現できるか? 
もともとマニフェストの中身で支持したわけではないので(「脱官僚」「ムダ削減」だけを期待していた)、ほどほどに実現できれば良いと思っている。現実に即して、優先順位の高いものから実行していけばよいのだろう。ただ、優先順位の判断基準をしっかりと定めておかないと世論の支持を得られない。結局は民主党が描く日本の将来像に向けた政策が優先されるべきなのだが、いまだに民主党は将来像を分かりやすく説明してはいない。

国家戦略室は今後の10年、20年先に日本をどういう国に育てていくかということを考える組織だと思ったが、眠り呆けているとしか思えない。このままでは、日本の将来の展望は開けず、暗いままだ。


スースー



脱官僚・天下り全面禁止は、日本郵政社長に斎藤次郎元大蔵次官を任命して、天下り全面解禁に転じてしまった(前回記事参照)。


大丈夫かなぁ

これでいいのか日本郵政

.09 2009 政治 comment(3) trackback(0)
政治のおはなし


先日のテレビで竹中平蔵さんが亀井静香さんをやりこめていた。
ことは郵政民営化の是非について。

シズカさんがヘイゾーさんを非難して
「あーたたちの民営化で国民は大迷惑をしている。地方の郵便局が減ってサービス低下がひどい」
「実際は、民営化してからは郵便局数は若干ですが増えています。減っていたのは民営化前のことです」とヘイゾーさんが数字のグラフを見せて反論。
シズカさんは「・・・・・」

「僻地で郵便配達の人が、配達のついでに貯金や年金のお金を郵便局へ持って行ってくれなくなったので、お年寄りが困っている」とシズカさん。
ヘイゾーさんは「郵便配達の人が集金業務をするのは服務規程にないことで、もぐりでやっていたこと。もし正式に業務として集金もやるということなら、服務規程を変えてやるべきです。ただし、横領などの事故が起こらないようによほどしっかりした仕組みを作らなければいけません。それでも、集金業務を郵便配達人にやらせるようにするのですか?」
シズカさんは「モゴモゴモゴ」で即答できず。

このやりとりを見ても、シズカさんは情に訴えて耳に快い理由をつけているが、いい加減な理由で郵政民営化を逆戻りさせようとしているのが分かる。

郵政票が目当て


民主党でもっとけしからんことは、日本郵政の人事。
12月6日(日)の日経朝刊の、「風見鶏」-公務員改革も先送り?が分かりやすい。

斎藤次郎元大蔵次官を日本郵政社長に起用した人事で、この公約(「天下り、あっせんの全面禁止」)はあっさりほごにされた。
斎藤氏の人事を正当化するために鳩山内閣が持ち出した定義が「天下りは府省庁が退職後の職員を企業、団体などに再就職させること、渡りは府省庁が退職後の職員を企業、団体などに再就職させることを複数繰り返すこと」というものだ。
府省庁には閣僚や官僚OBは含まれない。だから亀井静香郵政・金融担当相が選んだ斎藤氏は「渡り」に該当しない。野党時代に民主党が批判してきた、OBがあっせんする裏ルートも温存されてしまう。
各省があっせんしたことを認めなければ、天下りと認定されない恐れもあり、野党側は「天下りの全面解禁」と猛反発している。(以下略)

仲良し


郵政事業が天下りの温床になっていないか、無駄な事業・組織がないか、民間に任せた方が良い事業はないか、仕分けをお勧めする。

こんなことでは政権交代の意味がなくなる。
鳩山政権は何を犠牲にしてでも、連立維持を最優先させたいのだろうか・・・?

国民新党の仕分けを

ISO6400でも・・・

.06 2009 写真 comment(0) trackback(0)
気がつくとあっという間に12月。師走、お歳暮、クリスマスのシーズンだ。


091205照明飾り-6


091205照明飾り-3

上の写真はクリックで2段階拡大してご覧いただきたい。

EOS 7Dにマクロ100mmをつけて、ISO6400で撮ってみた。


実はこのイルミネーション、





091205照明飾り-12

高さ10cm強のちっちゃな室内照明飾りである。



091206-7.jpg


ココと較べてもこんなサイズのもの。



「金太郎飴の絵日記」の金太郎さんが、ISO6400でもノイズが気にならない写真を載せていたので(コチラ)、刺激されて試してみた。
結果は上々、こんなにきれいに写るとは知らなかった。

下の写真は夜の室内で撮影したもの。
クリック2回で二段階拡大してご覧あれ。これでISO6400ですぞ。

091205-14.jpg

ぬれ落葉から腐葉土へ

.02 2009 シニア日記 comment(2) trackback(0)
091201花-1


このところこの一週間ほどは、珍しく多忙だった。

歯医者で歯を二本抜かれ、大学と小学校のクラス会に出て写真を撮り、ココのトリミングに行き、ゴルフの練習に行って帰りにコストコに寄り、テレビで相撲を見たりゴルフ中継を見たり、内藤対亀田のボクシングの最後の方を見たり、渋谷まで歩いたり(45分もかかった)、おかーさんの買物に付き合ったり、ココを散歩に連れていったり・・・・・

091128景色-7


学校のクラス会では大学のでも小学校のでも、男の方は大方が退職して年金暮らしに入っているようだ。最近退職した連中はしきりと「ぬれ落葉」の悲哀を嘆くが、羨ましいくらいだ。ぬれ落葉も年期が入ると葉っぱの形もとどめず、さしずめ「腐葉土」みたいなものだ。
中には今なお現役で、元気なままでポックリ逝くのが夢だなどと言うものもいるが、いつまでも元気でいられるはずもない。いずれは立ち枯れでバッサリとやられるやも知れぬ。

091128景色b

どちらにしたところで、いずれは朽ち果てて自然に帰る運命。それでも他の生命に役立つこともあるのだろう。万物流転の定めと心得、泰然自若としていたいところだが、まだまだ心のゆとりにはほど遠い。



そんなこんなで、話題はどうしても病気・健康維持の話が多くなる。健康のために歩く人が多い。毎日1時間とか。
渋谷まで歩いたって、そんなにかからない。健康維持もほどほどにしないと身体をこわしてしまう。


ダッコ~!


091128花-2

それはそうと、女子プロゴルフツアーの最終戦は面白かった。さくらちゃんが最終日5打差をひっくり返して逆転優勝、それで諸見里を抜いて年間賞金女王の座も獲得してしまった。
男子も女子も若い選手の活躍が目立つが、精神面の成長が好結果につながっているように見える。さくらちゃんも、諸見里も、石川遼にしても、うまく行かないときでも顔に出なくなった。心の持ち方でゴルフのスウィングも変わって来るのがよく分かる。
ウン、心の持ち方だけなら真似できるかも知れないな・・・・。

ガマン、ガマン


大相撲は白鵬が全勝優勝で年間86勝の最多勝記録。中日(なかび)は空席が目立った。日本人力士がだらしなくて、外人ばかりが目立つ。

モンゴル場所でも


TBSのボクシング放送は嫌いである。前宣伝の番組を始め、本番でも安っぽくて、スポーツ紙のようなセンセーショーナルな取り上げ方が、真剣勝負のスポーツをショーにしてしまう。内藤対亀田の試合にしても、折角の壮絶な試合が何か興奮を押し売りされているような気分にさせられ、不快感が残る。


音を消せば


そうか、これからはその手で行こう。


091201花-2
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。