スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケルヒャー高圧洗浄機でもお手上げ

.30 2007 シニア日記 comment(2) trackback(0)
2007年12月30日(日)

もういーくつ寝るとお正月

アタシは寝て待ってればいいけど
おとうさんたちは、その前にやることがいっぱいで大変だった。

クリスマスカードを出して、

011.jpg


子年なのに、なぜかアタシの写真のほうがネズミより目立つ年賀状。

013.jpg


これは何とか元日には間に合いそうだ。

例年苦労するのは敷石のタイル磨き。
これまで、おかあさんがデッキブラシで汚れを落としてたけど、
すっごく力がいるんだって。
腕力には自信のないおとうさん、
手伝う代わりに買ってくれたのがこれ、

071227ケルヒャー


テレビ広告を見たら絶対欲しくなる、あのケルヒャーの高圧洗浄機
買ったのは、あの金切声で絶叫するテレビ通販のジャパネットたかたさんから。

おとうさんは、この通販の番組が好きだ。
何が特長なのかよく解らないメーカーの広告よりも、ずっと参考になるそうだ。

さて、このケルヒャーの高圧洗浄機。
テレビで見たとおり確かに威力は抜群。こんなにきれいになりました。

071227-1.jpg


ここは・・・・・です。





071227-2.jpg


でも、この汚れにはあえなく敗退。
アブラムシ(だろうと思う)の分泌物でこびりついた汚れ。

ジャパネットの高田しゃちょーさん、何とかしてくれー!

きのうは、おとうさんのカルテット仲間の忘年会。
日頃の練習の成果を奥方たちにご披露したそうな。
曲はなぜか、「清しこの夜」とか「ジングルベル」、「ホワイトクリスマス」など、
四日前に終わったクリスマスの歌ばかり。
奥方たちは賞味期限の切れたショートケーキでも食べさせられたようなもんだ。

そのあと自由ヶ丘のイタリアンをみんなで食べて、
この一年の無事を感謝したってわけ。

でも帰り道は無事じゃなかった。
晴れの天気予報だったのに、
おとうさんは「気象予報士は、謝れ!」って、ブツブツ云いながら、
冷たい雨に濡れて帰ってきた。

そんなこんだで、今年もあと二日。

010.jpg


みなさま,良いお年を!
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ



スポンサーサイト

クリスマス・ランチ

.26 2007 ペット comment(0) trackback(0)
2007年12月26日(水)


アタシはほとんど家にいて、外のきれいなクリスマスのイルミネーションは見ていないので、
あまりクリスマス気分が盛り上がらない。

071223-11good.jpg


昔は、目も、耳も、口もクリスマスにどっぷり浸りきったもんだ、とおとうさん。
銀座には巨大なクリスマスツリー、ビング・グロスビーのホワイト・クリスマスが流れ、
不二家のクリスマスケーキを食べる、そんな時代もあったんだ。

071223-10.jpg


今年は食料品や生活必需品の値上げラッシュで、その割に収入のほうが増えないから、
みんな財布のひもを固く縛って出費を抑えてる人が多いみたい。

こういう時こそ、カラ元気でもいいから、
ハデにお祭りしちゃえばいいのに・・・・・

071223-7.jpg


もっとも、こんな手抜きなセッティングでクリスマス気分を出そうなんて
考える人間がいるから、景気が悪いのかも知れない。



おとうさんたちは24日は、幼い姪の子供の移動が大変なので、姪の家でクリスマスのお祝い。

テーブルに手作りのごちそうを並べて

071224-20全体


大人6人、幼児1人でクリスマス・ランチ。
アップで紹介すると、

071224-13オードブル


えびとスモークサーモンのオードブル

071224-15生春巻


サーモンとアボカドの生春巻

これはおとうさんが今まで食べた生春巻の中で一番おいしかったって。
おとうさん曰く、
具はスモークサーモン、リンゴ、アボカド、赤タマネギ、サンチュ、青ジソ、レモンと多彩だが、リンゴが歯触りといい、サッパリ感といい、実に効果的。
ゴマダレがこれまた秀逸。練りゴマ、コチュジャン、ナンプラー、砂糖、水、煎りゴマ
を混ぜたものだが、甘辛いみそ味にゴマの風味が効いて、メチャ旨い。
あんまりおいしいんで、ローストビーフの飾りのクレソンをサラダ菜で巻いて、このゴマダレで食べちゃったんだって。

作り方は上沼恵美子のおしゃべりクッキングレシピ"から。

さらに、

071224-18タンドリーチキン


タンドリーチキン

071224-17えびの天ぷらしょうゆ炒め


えびの天ぷらしょうゆ炒め

それにローストビーフもあり、デザートに自家製の

071224-22ショートケーキ


直径21センチのクリスマスケーキ

とほとんど残さずに平らげたそうです。ウラヤマシー!

071223-9best.jpg


アタシはお利口さんにしてお留守番。
ご褒美のクリスマス・プレゼントは

首輪とリード


真っ赤な首輪とリード。アタシのサイズに合わせて、金具や革の色も特注です。
少しは女の子らしくなれそう・・・・・。

ホントはクリスマスになる頃は骨折の金属固定板もとれて、外を歩けるようになるはずだったのに・・・・・・・・。
早くこれをつけてお散歩に行きたいです。

にほんブログ村 犬ブログ プードルへ

犬に論語

.22 2007 ペット comment(0) trackback(0)
2007年12月22日(土)

アタシの骨折の病院通いは、もう3ヶ月以上。車で30分くらいかかる。

車内


病院へ行くのにいつも通る世田谷通り。

071211-世田谷通り紅葉


先週はまだ銀杏並木が、銀色に輝いていたのに

今週はすっかり葉が落ち、寒々しい風景に変わっていた。

季節は秋を通り過ぎて、冬へと移ってしまった。


病院の先生はあと一ヵ月くらいかかると言っていた。
まさかの怪我で、夏から冬までなんて・・・・・・・・・・・。
もうすぐクリスマスで、あっという間に正月になってしまう。


最近は寒いのとさびしいのとで、おとうさんとおかあさんのベッドに一緒に寝ている。

071217-2.jpg


おとうさんはこの間、夢の中で回し蹴りをして、蒲団を蹴りあげたらしい。
用心しないとアタシなんか天井まで飛ばされそうだ。
そうなったら足の骨折なんかじゃ済まない。

このノートパソコン、無線LANでネット接続しているけどしょっちゅう接続が切れる。
ブログを書いている途中で切れると、苦労して(こんなブログでも結構苦労してるんです)書いたものが消えてしまう。

ワイヤレスのチャネルを変えればいいらしいけど、おとうさんは「わかんネー」と言ってやってくれない。
「そんなら、PLCアダプターで電源接続すれば簡単だよ」と教えたらさっそく買ってきて繋いでくれた。
これでネット接続切れの問題は解決した、・・・と思う。

ついでに、外付けのハードディスクも買ってもらった。
この前、まったく起動できなくなってメーカーサポートに電話して、運よく直ったけど、バックアップ用に持っていたほうがいいだろう。


071221-9.jpg


おじいちゃんの熱は平熱に戻って久しい。
あの入院騒ぎで、低温やけどのほうはすっかり忘れられて、知らぬ間に治ってしまった。
治ったら治ったで、また忙しい。
毎日、何やかや外の用事を頼まれる。
おかげでアタシはその都度外出の恩恵に預かる。

071219-9.jpg


外出の気配は絶対わかるから、いつも先回りして待つことにしている。


おじいちゃんのおしゃべり好きは前に書いたけど、猫のまたたびなんてもんじゃない。
猫はまたたびが無くたって病気にはならない。
おじいちゃんはおしゃべりが出来ないと、病気になっちゃうんだって。
おしゃべりの禁断症状は、不機嫌になり怒りっぽくなるからすぐ分かる。
そーゆーときは、近づかないに限る。
つかまったら2、3時間は覚悟しなきゃならない。
運がいいことにアタシでは話し相手にならないらしい。

071221-10a.jpg


やっぱし、ヤメトコー!
「馬の耳に念仏」じゃなくて、「犬に論語」だってさ。

にほんブログ村 犬ブログ プードルへ

美登利寿司のとらふぐ

.18 2007 シニア日記 comment(2) trackback(0)
2007年12月18日(火)

16日の日曜、おとうさんはまたまた梅ヶ丘の「美登利寿司」へ。

01215-11.jpg


小学校のときのお友達10人と久し振りの会食。

おとうさんが小学校に入学したのは昭和24年4月。
一緒に入学した50人くらいのクラスメートがそのまま6年間クラス替えもなくて、
親戚よりも濃いお付き合いが続いているんだって。

1949井之頭公園

(昭和24年5月井之頭公園への遠足。この頃の遠足には生徒の数に負けないくらい、父兄も一緒について行った。兄弟姉妹も一緒に行ったりした)

途中で転校して出て行った子もいたけど、42人が6年間一緒のクラスで過ごしたんだって!
途中転校して入って来た子もいれて、53人が昭和30年3月に卒業。

1955卒業記念校庭


おとといの集まりは、
2年生から4年生までの3年間だけ一緒だったMSさんが三重から東京に旅行で来たので、
近くにいる仲間が声をかけあって集まったもの。


美登利寿司では新館の「とらふぐ寿司コース」。
・ とらふぐの皮刺し
・ とらふぐの刺身
・ とらふぐ鍋
・ 握り寿司
・ 雑炊
・ 漬物
・ デザート

いつもながら、期待を裏切らないお味だけど、
60も半ばの年寄りには食べ切れなかったって。
雑炊は全員パス。もったいない。

おとうさんがびっくりしたのはとらふぐ鍋。
野菜と一緒に山盛りで運ばれて来たふぐの肉の塊。
テーブルに置かれたそのふぐの肉塊たちが、ピクピク、プルプル
ひー、きびわりー!
おとうさんはデジカメでそのピクピク、プルプルをビデオに収めたけど、
とても公開できる映像ではありません。

ま、それだけ新鮮でおいしいということでしょうけど - ホントにおいしいことは美味しかったって。


今回のピクピク、プルプルは、おとうさんの食べ物史の中でも、

福岡の魚料理屋で、同僚の指に噛みついた活き造りの石鯛の頭や、
渋谷の魚料理屋で、立ちあがって逃げ出した活き造りのするめいかの足や、
川崎宮前区の寿司屋で、シャリからジャンプして飛び降りた車海老のにぎりの海老や、
築地のすし屋で、マナ板からイケスに飛び込んでスイスイ泳ぎ回った三枚に下ろした石鯛の骨(頭と尾ひれが付いて)

に匹敵する気味の悪さだったんだって。

071215-7.jpg


考えてみりゃ、人間てずいぶんザンコク。
オーストラリアみたいに動物を苦しめるような調理法が禁止されてる国もあるけど・・・・
日本近海の魚介類はみんな、オーストラリアに移住しちゃうんじゃないかな?


おとうさんはそーゆー残酷料理は苦手。
冬場は根野菜がおいしくなるといって、きんぴらごぼうを作った。

017.jpg


ごぼうを刻むのはおかあさんの役目。炒めて味付けはおとうさんが自分の好みに合わせて、やや濃い口の甘辛。アタシには口が合わない。

アタシが一番好きなのはやっぱりコレ。グリニーズ

071210-15.jpg


にほんブログ村 犬ブログ プードルへ

長生きの秘訣

.13 2007 ペット comment(4) trackback(0)
2007年12月13日(木)

おじいちゃん退院。

071207-1


高熱の原因は結局よく判らない。
でも、熱が下がったので、
自宅でしばらく抗生物質を飲むことにする。

入院するときに、年も年なので入院のストレスで体調が急変して、
あの世に行っちゃうことも覚悟して、みたいなことを
お医者さんが言ったそうだ。

071210-2


そういうことは良く聞く。
年をとった人が入院して、一週間もベッドに寝ていると、
そのまま起き上がれなくなったり、ボケたりするらしい。

おじいちゃんが5年前に硬膜下血腫で入院したときも同じことを言われた。
頭蓋骨に穴を開けて、
頭蓋骨と硬膜の間にたまった血腫を取り除く手術を、
半年の間に3回もした。
齢(よわい)90才のことだから、普通だったら後遺症とかボケとかありそうなものだけど、まったくケロっとして退院した

071210-300.jpg


ボケているか判断するテストをしたら、満点に近い結果で、
先生が「ボクより出来る」と驚いていたそうだ。

おじいちゃんの生命力にはホントに驚かされる。

071210-4.jpg


普段から、三浦雄一郎さんのおとうさんみたいに、
節制して体を鍛えているワケではない。
日野原重明先生みたいなチョー元気なお年寄りは、
まるで参考にならないようだ。
ああいうお偉ら過ぎる方はかえって年寄りの自信を無くさせる、
と言っている。

071210-5.jpg


室温は27度にして、ダルマみたいにセーターやガウンで着ぶくれている。
歩くことは、いたって嫌いで、椅子から立ち上がろうとしない。
立っている者は親でも使え、を信条としてるから、
子供であるおとうさんやおかあさんなんか
アゴの先でコキ使われる。
それに比べりゃアタシなんか全く手がかからないもんだ。。。

071210-6


おとうさんは、「寝たきりになりたくなければ、
自分で出来ることは自分でやらないといけないよ」
と抵抗するが、あまり聞く耳を持たない。
身体を鍛えることは一切しないのに、
なんでこんなに長生きできるのだろう、
とおとうさんは不思議がる。

071210-7.jpg


多分、それはまだ生きる意欲が旺盛であることと
ストレスを徹底して排除する生活を送っているからだろう。

いつも自分から何かを発信したくて、
本を読んだり、新聞やテレビから情報を収集して、
何かを考えている。
その考えを人に聞いてもらいたくて
会う人ごとに講釈する。
話すことで自分の考えを整理する。
要するに、脳をいつも働かせているのだ。

だから自分が話すことを
真面目に聞いて受け答えしないと、
「チャント聞け!」と叱りつける。

071210-8.jpg


それにひきかえ、あまりものを考えることもなく、しゃべるのが苦手なおとうさん、
あんまり長生きできないのとちゃうか?

071210-8


にほんブログ村 犬ブログ プードルへ

ココジジの入院

.07 2007 ペット comment(6) trackback(0)
2007年12月7日(金)

ココジジことおじいちゃんが入院した。39度近い高熱が下がらず、主治医の先生が近くの大学病院に連絡をとってくれた。

ココジジは今年95才である。
38度前後の熱を出すことはふた月に一度くらいはある。
そして、そのたびに救急車を呼んでくれと大騒ぎをする。

大騒ぎしません


肺炎になるのが怖いみたいだ。
肺炎が原因で死亡する高齢者の死亡記事を
日頃目にしているからだろう。

「38度じゃ救急車は呼びにくいな」と、ココパパ(おとうさん)に言われ、
しぶしぶ近くの主治医に来てもらうか、解熱剤を飲むか、
そうこうしていると、熱も下がってしまう。

「オオカミ少年ならぬオオカミ爺さんだな」とおとうさんは毎度の発熱騒ぎには全く動じない。

オオカミどこ?


でも、今回は違った。コップを持てないくらい手が震えて、顔が赤くほてっている。解熱剤を飲んでも熱が下がらず、かえって上がって来た。主治医の先生が、設備の整った大きな病院で検査した方が良いと言う。

高熱でヘナヘナとなり、歩けないので今回は救急車を呼んだ。救急隊員は手際よく血圧・体温・脈拍を計り、容態を聞き取る。患者にはとても親切で、だっこして車まで運んでくれた。
こういうときは、地獄でホトケの心地になると、ココパパ感激。

こういうことがあるから、救急車をタクシー代わりに使うなんて絶対してはいけない。

タクシー代わりはやめましょう


ココジジの高熱の原因は検査中。いったん下がった熱が38度に上がったり不安定なので、引き続き入院中である。

いつ退院するのかな?


にほんブログ村 犬ブログ プードルへ

テレビをつければ・・・・

.03 2007 ペット comment(6) trackback(0)
2007年12月3日(月)

去年のクリスマスプレゼントでもらったカウチンセーターを着てみた。
まだ1年たっていないけど、去年来たときはダブダブだった。

061225折りたたんである


今年はちょうど良い大きさだ。

071201四足1


足のすそだって、折り返さなくても大丈夫。

体重が2倍になったんだから、まだ着られるだけラッキー。

ところでつい最近、決して謝らない気象予報士が
晴れの予報が雨になって、謝った。
もっともこれは会見を開いて謝ったのではない。
天気予報の冒頭で、「はずれてごめんなさい」的なことを言っただけ。
それでも、大進歩だ。

それにしても、この一年、「犬も歩けば・・・」じゃないけど、
テレビをつければ謝罪会見の連続。

最近はスポーツ界の朝青竜と亀田一家の謝罪会見ばかりで、ウンザリ。

お菓子屋さん系は不二家から始まり、白い恋人、赤福とつながり、
レストラン関連ではマクドナルドに、あの「吉兆」さんまで。
もっとも船場吉兆のトップはまだ謝罪してなかったかな?

もうしわけございません


崎陽軒の表示違反は使用原材料の多い順を一ヶ所間違えていたというもので、
これで社長の謝罪会見というのは、ちょっと気の毒。

それに比べると、昨年の姉歯建築士の耐震強度偽装から始まり、
今年のニチアスの耐火強度偽装なんかは、人命にかかわる違反。

頭が高い?


安倍さんは首相を辞めるときに謝らなかったが、、
小沢さんは党首辞任を撤回すると言って謝った。
どっちもなんかヘンな感じ。

深くおわび申し上げます



犬の謝り方はツーパターンだ。

カンベンねー


まず、軽く敬意を表して、相手をなめる。
これでも、許してもらえそうにない時には、
ひっくり返っておなか見せちゃう。

腹だし


これで、たいていは許してもらえるものだ。
人間社会では、謝っても許してもらえないことの方が多いようだ。
「謝り方が悪い!」とか、「謝って済むか!!」ってね。
どーすりゃいいんでしょう?

来年は?


来年は、謝罪会見なんかより、もっと明るいことが流行ってほしいな・・・・・


にほんブログ村 犬ブログ プードルへ

犬を見れば飼い主が分る?

.01 2007 ペット comment(2) trackback(0)
2007年12月1日(土)

「犬は飼い主に似る」ってよく言われます。
そう言えば、自分そっくりのブルドッグを飼っているプロレスラーがいます。
(トイイプーを飼っているプロレスラーの方は、この際無視して)

飼い主が、無意識のうちに自分に似ている犬を求めるということなんでしょうか?

散歩でときどき見かける老キャバリアとおばあちゃん。
お尻をちょっと落とし、
太めの腰をユタユタと振りながらゆっくりと歩いています。
顔つきも、
丸いお顔に少したるんだ頬、
タレ目のところが瓜二つです。

顔面体操


残念ですけど、諸般の事情で
写真は載せらません。

他にも、ミニチュアピンシャーの飼い主は
小柄でスマートな人が多いようだし、
大型犬にはそれなりの体格の飼い主がついています。

当然と言えば当然のことかも知れません。

犬の方も、常日頃、飼い主の行動を観察して、
それに合わせようとしますから、
ますます飼い主に似て来るのかも知れません。

マクドナルドの店員が飼い主なら、

らっしゃいませ


こんな飼い犬になるでしょうし、

ネバー・エンディング・ストーリーのファルコンの飼い犬なら、

ファルコン


オットセイが飼い主だと、

オットセイ



シャモが飼い主のときは、、

シャモ


こんな犬が飼われているでしょう。

子供を見れば親が分るように、飼い犬を見れば飼い主が分るものです。

寝転ぶ


分りますネー?。

にほんブログ村 犬ブログ プードルへ

 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。