スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽井沢滞在の終盤

.30 2007 ペット comment(1) trackback(0)
1月30日(火)
ココ生後5ヶ月と5日(体重1250g)

軽井沢4日目の27日は軽井沢ショッピングセンターへ。

土曜日ということで、この寒いのに大変な人出。ワンチャンも沢山来てましたが、何となく近寄りがたい雰囲気。

20070130203026.jpg
かろうじて、このチワワちゃんだけにご挨拶させてもらえました。

ここでのお目当ては、買物ではなくて裏庭の広い芝生でココを思い切り走らせること。


20070130203113.jpg
ところが、広いはずの芝生はほとんど雪に覆われ、大海に浮かぶ小島のように点々とあるのみ。


20070130203139.jpg
正面からの強風を受けて、ココがメンドり犬から孫悟空犬になっちゃった。


20070130203231.jpg
それでも、さすが犬だけあって雪の上でもピョンコピョンコ跳ね回っていました。

最終日の28日は家の中でボーロ遊び。

20070130205106.jpg
お父しゃん、始めていーい?


20070130205120.jpg
オンドリャー



20070130205157.jpg
ボーロなんてちょろいもんよ。


20070130205241.jpg
ボーロ遊びもだんだん飽きてきて、


20070130205339.jpg
ここの絨緞のヒモは一味違うわい、とカミカミが始まる。「コラー!」


20070130205431.jpg
叱られると、すぐお父しゃんの膝の上に飛んで来て甘える。

さあ、お遊びはお終い。東京へ帰るよ。

20070130205823.jpg
ココちゃん、ぼちぼち行くよ。


20070130205836.jpg
「お父しゃん、運転ヘタだからスピード出さずに安全運転してね」



ブログランキングに一応参加してます。ご用とお急ぎでない方は一押しよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログへ
スポンサーサイト

年寄りの冷や水

.29 2007 ペット comment(5) trackback(0)
2007年1月29日(月)
ココ生後5ヶ月と4日

さて、軽井沢の二日目と三日目の25、26日は久し振りのスキー。
行き先は軽井沢プリンスホテルスキー場

20070129112411.jpg
なんだ、ココ。ヤメロっつーの?
年寄りの冷や水だ?

20070129112334.jpg
軽井沢プリンスのやさしいコースだ。ウィークデイでガラガラ。大丈夫だよ、大丈夫。


20070129112426.jpg
え、絶対よせ?心配するな。お父しゃんたちはカナダ仕込みのベテランなんだから。
ここは、気軽にスキーを楽しむのにはもってこいだ。車で10分。シニアは平日の半日券(4時間)が¥1500。55歳以上でシニアになるのだが、女房殿は証明を要求され喜んでおった。


20070129112615.jpg
ほら、頂上までちゃんと来れただろ。

20070129112925.jpg
お父しゃんだって、カッコえーだろ。


20070129112952.jpg
何?ダサーイ?お前に言われたくないよ。


20070129112508.jpg


普段の運動不足で、2時間も滑れば充分。我々夫婦にはおあつらえのコースでありました。
ただ、食事はいただけない。高い。まずい。

家に帰ったら、ココのお相手。
さあ、ココ。カラーボールと遊ぼうか。

20070129113023.jpg
てんてんてんまり、てんてまり、


20070129113036.jpg
てんてん、てまりの手がそれて。

20070129113052.jpg
絨緞のお外に飛び出した。


20070129113102.jpg
ホレ、ホレ。滑るぞ。止めとけ、危ないぞ。


20070129113126.jpg
ほら、言わんこっちゃない。滑りよった。


20070129113150.jpg
ほいじゃ、滑り止めの靴下をはいて、お前の嫌いなメンドリスタイルだ。


20070129113206.jpg
ホレ、ホレ、滑らないから安心して追っかけろ。テンテケ、テンテケ、テンテケテ

にほんブログ村 犬ブログへ

軽井沢へ行ってきました

.28 2007 ペット comment(0) trackback(0)
2007年1月28日(日)
ココ生後5ヶ月と3日

1月24日から軽井沢へスキーに行ってきました。
ココは車での長距離旅行は初めて。

先ず、初日の1月24日。
ママの手作りのセーターでお出かけです。

20070128184825.jpg
車の中では緊張気味。


20070128184850.jpg
サービスエリアでちょっと休憩。ココ、ちっちゃー!


20070128184922.jpg
おっと失礼!


20070128184947.jpg
佐久のホームセンターでお買物に。ココちゃん用具を台車一杯買い込みました。



20070128185016.jpg
お天気も最高。浅間山がホームセンターの屋上からバッチリ。


20070128185154.jpg
目的地に着いたら、絨緞のないフロアーが初めてで、おっかなびっくり。


20070128185127.jpg
お母しゃんにイヤダーっつうのに滑り止めのついた靴下を履かされて、


20070128185140.jpg
何とかヨチヨチ歩き。


20070128185032.jpg
結局は、絨緞の上で裸足が一番。


20070128185215.jpg
バンザーイで、肉球がかすかに撮れました。


ココは始めての場所で、さすがに緊張したのか食欲なし。トイレも失敗続きで先行きが心配な初日となりました。(続く)


にほんブログ村 犬ブログへ

北の方へ旅行に行きます。

.24 2007 ペット comment(4) trackback(0)
2007年1月24日(水)
ココ生後4ヶ月と29日

今日からしばらくココと初旅行でブログお休みします。帰ってきたらお土産話が出来ると思います。

ナイアガラ

.22 2007 海外旅行 comment(9) trackback(0)
2007年1月22日(月)ココ生後4ヶ月と27日(体重1250g) トロントに来たら、なんつーたってナイアガラ見物。 20070122155758.jpg>
エリー湖の湖水がそのまま奈落の底へ向ってほとばしる。マリリン・モンローの顔が目に浮かぶ。 20070122214427.jpg
ココ、お前じゃなーい 20070122155811.jpg
この滝を樽に入って下るバカが後を切らないそうだ。風向きが悪いと(大抵悪い)、水しぶきでビショ濡れになるから注意。 20070122220417.jpg
ココ、引っ込んでおれ。 20070122155821.jpg
もっとビショ濡れになりたい人は、滝の裏側へ出るコースも。帰りの服に困る人は、カッコ悪いけどアマガッパを借りられる。 20070122221338.jpg
そう、大人しくしてな。話の邪魔すんじゃないぞ。 20070122155836.jpg
真っ正面から水しぶきをかぶりたいなら、この滝つぼツーリング。晴れた日には虹も出る。 20070122221601.jpg
なんだ、あんまり興味がないみたいだな。 20070122155904.jpg
夏には涼しくなること、請け合い。ワンチャン専用の船も出るそうだ。 20070122222315.jpg
オ、少しは興味が出てきたかな。うそだ、うそだよ、そんなわけねーだろうが。 20070122155924.jpg
でも、人混みが嫌いなら冬がいい。運が良けりゃ、ナイアガラの滝全体が巨大なツララになったのを見られるかもしれない。 20070122222739.jpg
なんだ、寒いのは苦手か? 20070122155935.jpg
この日のナイアガラは氷点下30度。ココよ、お前も犬なら外を駆け回れ。 20070122222817.jpg
やっぱし、止そう。 ここでブチッと一押ししてくれると、ココもやる気を起すんだけど。起すんじゃないか。多分起すだろう。 にほんブログ村 犬ブログへ

カナダでの生活 ー 冬

.21 2007 海外旅行 comment(0) trackback(0)
2007年1月21日(日)ココ生後4ヶ月と26日 真冬のトロントは 寒ーい! 暗ーい! 1-3月はマイナス15℃くらいが中心だったかな。マイナス10℃より高いと、今日は暖かいなーと思う。室内はどの部屋も暖房してあるので、東京にいた時よりも寒さを感じない。が、屋外の寒さは半端ではなかった。 20070121180009.jpg
(トロント・オンタリオ湖畔にて) 底の厚い防寒靴と厚手の手袋、帽子は必需品。車のドアキーが凍り付いて往生したり、ハンドルは手袋なしでは冷たくてさわれないなど、やはり冬は車の苦労が多い。 通勤は地下の駐車場から車に乗って、会社も車から降りれば外の駐車場でも歩いて1分で暖かいビルの中に入れるからまだまし。買物は歩いて数分の店でも車で移動。 真冬は日が短い。朝は暗いうちに出社して、午後は4時頃から暗くなり、退社時に屋外駐車場で自分の車を探すのもひと苦労。 20070121174710.jpg
(ナイアガラ近辺の冬景色) トロントの市内では、こんなに雪が積もることはなく、車の多い道路は塩を撒いて雪を溶かしてある。ただ、横道に入ると話は別だ。 社長宅に招待された日はマイナス30℃。トロント郊外のミシソガというところで、車で30分ほど。深夜の帰り道で迷って、フォードの工場敷地内に入ってしまった。人っ子一人おらず、道路の名前も表示されていない。1時間くらいグルグル回っているうちに、ようやく普通道路に脱出できた。こんなときガソリン切れにでもなったら、凍死しちゃう。 雪の上の運転は案外楽しい。チェーンは巻かずにスタッドレスタイヤだけで充分雪道を運転できた。かるーくスリップしながらカーブを切るなんて、ちょっとスリルがある。ただし、フリージング・レイン(氷雨)のときは、チェーンをつけて時速10Kmで走っても、ブレーキが効かない。これは怖かった。 最初の年は初体験ということもあり、ただ耐え忍ぶだけ。2年目からはカナダで始めたスキーに夢中になり、毎週のようにスキー場通いをした。トロントから車で1時間くらいだから、楽々日帰りできた。 トロント周辺は高い山もなく、丘陵に毛が生えたくらいの小さなスキー場ばかりだったが、初心者の我々夫婦には丁度手頃なゲレンデだった。この時以来30年近く、スキーは夫婦共通の趣味となった。 冬の期間は長くて、10月中旬から4月一杯が冬と言う感じ。5月の中旬くらいから春と夏が同時にやってくる。(つづく) さて、ココはグリニーズには夢中。「待て」でも待ちきれなくて、 20070121215642.jpg
舌なめずりをしています。 食べかけの小さいのよりは、やはり大きい方が気に入ったようで、 20070121215653.jpg
両手で挟んで 20070121215705.jpg
一心不乱にかじり始めました。 20070121215717.jpg
20070121215731.jpg
20070121215743.jpg
20070121215753.jpg
20070121215807.jpg
「ん?お父しゃん、写真撮ってるの?」 20070121221736.jpg
「ハイ、それじゃ、ポーズ」 にほんブログ村 犬ブログへ

シアトル ー 光陰矢の如し

.20 2007 海外旅行 comment(7) trackback(0)
2007年1月20日(土)ココ生後4ヶ月と25日 一昨日から風邪で寝込んでしまい、ブログ中断してしまいました。今日は回復し、カナダの旅の続きです。 バンクーバーからバスでアメリカのシアトルへ。今でこそ、イチローのマリナーズでシアトルの知名度は日本でもずいぶん高くなっているが、その当時(1979年)はまるで馴染みのない地方都市という感じ。バスから降りると、そこにはウィリーが二人の娘を連れて待っていた。最後に会ってから15年ぶり位の再会だが、人懐っこい笑顔で昔の彼がよみがえる。 20070120091455.jpg
20070120091510.jpg
ウィリーの一家は、シアトル市の港からフェリーで対岸の島に渡り、車で30分くらいのところにあった。 20070120091526.jpg
ここで1エーカーの敷地に家を持ち、妻と娘二人、それにパピーたちと平穏に暮らしていた。 20070120091545.jpg
下の娘はココに負けないヤンチャな顔つき。でも、今ではきっと可愛い奥さんになって、同じような子供を持っているんだろうな。 20070120091553.jpg
ウィリーの家の近くの港は、片田舎とは思えないほどリッチな感じだった。ここで食べたハムサンドは、薄切りハムがパンの厚さの倍以上入っていて、アメリカの豊かさを実感した。(日本では薄いハム一枚のハムサンドしか食べたことがない)。 ウィリー家では、ウォーターベッドを貸してくれ、大海を漂うような眠れない夜を4回繰り返し、グロッキーになってトロントへの帰宅となった。 このとき以来、ウィリーとは会っていない。既に30年近く経っている。光陰矢の如しとは、まさにこういうことなのだろう。 犬の成長は人間よりもずっと早く、ココの年齢(生後5ヶ月弱)だと1日が人間の16日くらいに相当するらしい。とすると、光陰弾丸の如しという感じで時が流れていくのか・・・・。 さて、ココにサツマイモのボーロを与えたら、おやつと言うよりおもちゃとでも思うのか、 20070120101007.jpg
猫パンチならぬ、犬パンチを食らわせたり、 20070120101040.jpg
ボーロをくわえて食べるかと思うと、 20070120101105.jpg
口から出して仕切りなおし、 20070120101129.jpg
寝転んでもて遊び、 20070120101152.jpg
右へ左へとジャンプしたり、 20070120101213.jpg
勢い余って、スッテンコロリン 20070120101228.jpg
終いに疲れ果てて、 20070120101241.jpg
ウトウトしかける。 はーい、それじゃココちゃんお休みにしようか。 20070120101259.jpg
「ウ?」 これから又、延々とココとボーロの闘いが再開されるのであります。 ココがあなたの一押しをねだっています。 にほんブログ村 犬ブログへ

バンクーバー

.17 2007 海外旅行 comment(5) trackback(0)
2007年1月17日ココ生後4ヶ月と22日 昨日のつづきで、カナダの旅は真夏(8月)のバンクーバーへ。 緯度が高いのでカナダの冬は長く、夏は短い。その分、春と夏が一度に来たみたいに、一斉に草木が芽吹き、花が咲く。 20070117150908.jpg
(ビクトリアのブッチャート・ガーデン) この公園ほど整ってはいないが、カナダの夏はいたる所、花が咲き乱れて本当に美しい。観光には絶対に夏がお勧めだ。 20070117150950.jpg
(バンクーバー、キャピラノ吊り橋)全長137m、高さ70mで、大勢で渡るとユラユラ揺れて怖い面白い。 バンクーバーは海に近いだけに、新鮮な魚が手に入り、おいしいお寿司も手頃な値段で食べられる。(トロントでは全くご無沙汰だったので、これはうれしかった) 20070117151854.jpg
(ホテルから市街を望む) 学生時代に、我が家では外人向けのホームステイをやっていて、世界各国から交換留学生やら、旅人やらが次々にやって来た。その中に、バンクーバーから来たB・ホーリーという大学生がいたのを思い出し、電話帳でその名前の人間(同姓同名の人が数人居た)を探し電話をかけたら、ご本人が見つかった。早速出かけていって15年ぶりくらいの再会を果たした。帰り際に、奥さんから「この本を読んで感想を聞かせてくれ」とジェームズ・クラベルの"Shogun"という恐ろしく分厚い本を渡された(もちろん英語版)。1981年にテレビドラマ化されて、日本でも放映された。(この本についてのその後は、又の機会に) バンクーバーからフェリーでビクトリアも近い。バンクーバーよりもしっとりと落ち着いた感じの街だ。カナダでリタイアした人達が多く住むが、自殺者も多いと聞いた。どうも、天候が一年中悪いからではないかというのがバスガイドの説だった。 20070117151823.jpg
バンクーバーでツアーは解散となり、我々夫婦は更に、アメリカ・シアトルに住む、これまた私の学生時代、ホームステイで1年ほど我が家に滞在した、同い年のウィリーを訪ねることとなる。(続く) さて、ココはというと、昨日のお散歩で大いに収穫があった。 20070117164138.jpg
最初のうちは、外の環境に慣れないのか、すぐ座り込んでしまったが、 20070117164151.jpg
次々と出会うワンチャンたちの挨拶に、犬の自覚が芽生えたのか 20070117164205.jpg
臆することなく、 20070117164221.jpg
次々とご挨拶を交わし、 20070117164248.jpg
自分より小さいヨーキーちゃんには逃げられ、 20070117164306.jpg
ヨーキーちゃんの飼い主さんに甘え、 20070117164322.jpg
行き場を失ったヨーキーちゃんはココママのところへ。 20070117164341.jpg
しかし、偶然出会った高校の同級生Y君のラビちゃん(3才)のアタックには、じっと我慢はしていたが、(ココ、耐えてるー!) 20070117164400.jpg
ついに、尻尾を巻いてお父さんに助けを求める。 20070117164410.jpg
そんなココに更に言い寄るラビちゃんに、そっけないココ。ごめんね、ラビちゃん。もう少し大人になるまで待ってね。 ここ北沢緑道はワンチャンの絶好の散歩道らしく、沢山のワンチャンと会えたが、 20070117164420.jpg
こんな珍しい鳥も現れた。 20070117164431.jpg
緑道に流れる小川に入り、小魚をくちばしでつまんで食べたのにはびっくり。まだまだ、こんな自然が残っているんだ。あとでネットで調べたら、どうやらこれはコサギというサギの一種らしい。 20070117164443.jpg
かくして、今日のココは収穫大のお散歩で、意気揚々と家路についたのでありました。 御用とお急ぎでない方、ポチッと押してってくんなまし。 にほんブログ村 犬ブログへ

カナディアンロッキー

.16 2007 海外旅行 comment(0) trackback(0)
2007年1月16日(火)ココ生後4ヶ月と21日(体重1.25Kg) 日本では有給休暇がとれなくて、毎年未消化の休暇が余ってしまったが、カナダでは誰もがフルに利用していた。トロントでの生活も10ヶ月を越え、ようやく生活を楽しむ余裕が出てきた1979年8月、カナディアンロッキーへ観光旅行に出かけた。トロントから飛行機でアルバータ州のカルガリーへ行き、そこからバスでバンフー>レイクルイーズー>コロンビア大氷原ー>マリーン湖ー>ジャスパーと回り、更にバスと列車でヴァンクーバーへ出るというカナダ横断旅行だ。 20070116093337.jpg
最初に宿泊したのは、バンフスプリングスホテル20070115170226.jpg
8月だというのに夜中は10℃以下に気温が下がるという。これから先でも、もっと寒いところもあると聞いて、仕方なくカウチンセーターを買う羽目になった。 20070116104805.jpg
バンフでは2泊したが、サルファー・マウンテンにゴンドラで登り、カミさんが目つきの悪いヤギに追い廻された(ヤギで良かった)以外は、ホテルの回りを散歩したりウィンドウショッピングしたくらい。 バンフからバスでジャスパーへ向うが途中、レイクルイーズに立寄る。 20070116092135.jpg
ここでは、早速カウチンセーターの助けが必要になった。 20070115170854.jpg
向かいの山の合間に氷河が見える。 次に向ったのがコロンビア大氷原。 20070115170908.jpg
上の写真は大氷原から流れ出す氷河の一つ、アサバスカ氷河。 20070115170920.jpg
氷河の上はクレパスがあって危険なので、雪上車でのツアーとなる。 更に、バスでマリーン湖へ。 20070115170940.jpg
まるで絵葉書のように美しかったマリーン湖とスピリッツ・アイランド。 ジャスパーではジャスパーパークロッジに泊る。 20070115170952.jpg
客室はコッテージタイプのみで気兼ねせずに過ごせた。 20070115171006.jpg
敷地が広いので、ルームサービスは自転車で届けられる。 ここで、ゆっくり休んで、次のヴァンクーバーへ(続く)。 さて、今日はココにお手の訓練。 20070116172434.jpg
そうそう、最初はちゃんと出来ますね。 20070116172445.jpg
2度目になると、ちょっと嫌気がさしたよう。 20070116172502.jpg
3度目は、やりゃいいんでしょ!って感じ。 もう一度やらせたら、 20070116172513.jpg
もう、いい加減にしてよ、 ブチ切れのココを慰める為にも、一押しプチっとお願いします。 にほんブログ村 犬ブログへ

人の言葉をいくつ理解してますか?

.15 2007 ペット comment(2) trackback(0)
2007年1月15日(月)
ココ生後4ヶ月と20日

ココのトイレのしつけでは、まだ苦労が続いています。トイレがちゃんと出来ないとケージをはずす事が出来ないので、自由に遊ばせることが出来なくて可哀相です。
トイレはケージを二つつなげて、床にビニールシートを敷いて、ベッドの部屋とトイレの部屋に分けてあります。トイレの部屋は、最初は全部トイレシートを敷き詰めておいたのですが、最近はトイレだけにして様子を見ています。
20070115164318.jpg

ココが中にいるときには左側のネットを閉じておきます。

トイレで用を足した時は、大げさにほめて外に出したり、ジャーキーをあげたりしています。
でも時々ビニールの部分で用を足すことがあります。
この場合は叱りもせず、ほめもせずに外に出してやり、掃除をします。
外へ出す前に充分に用を足してないと、外でウ○チやお○っこをしてしまうことがままあります。(フー)
うまくしつける方法はないんでしょうか。どなたか、いいアイディアがあったら教えてください。

トイプーは頭が良くて、人間の言葉を良く覚えるらしいですね。先日、可愛いトイプーを抱いている人に聞いたら、100語以上は分ると言っていました。(ワーオ!)
ココはまだ一生懸命、理解しようと努力しているみたいで、


20070115164348.jpg

「何言ってんのかなー」みたいな顔をしたり、


20070115164403.jpg

真剣に聞き耳をたてたり、

20070115164430.jpg

「え、え、え、何ですか」と覗き込んだり、


20070115164458.jpg

「まるで解りませんです」
と言っているような表情が、やたらと親心をくすぐるんですよ。

ま、勝手な思い込みなんですけど・・・・・・


どうせ、来たついで。一押しお願いします。
にほんブログ村 犬ブログへ

女の子?

.14 2007 ペット comment(8) trackback(0)
2007年1月14日(日)
ココ生後4ヶ月と19日



20070114205847.jpg

ココは「お座り」「お手」は出来るようになりました。




20070114205857.jpg

「待て」も何とか我慢します。
かろうじてです。


20070114210624.jpg

でも、おもちゃを見せると、もう止まりません。


20070114210644.jpg



20070114210720.jpg




20070114210729.jpg

引っ張りっこして、取り上げたりすると、



20070114210738.jpg

カプー!
全くこれでも女の子かと、将来が心配です。

で、ある時ふとケージを見ると、

20070114213141.jpg

何と、お人形さんを寝かしつけてあるじゃないですか。
偶然なんですけどね。ケージの中で暴れまわって、ベッドの下に頭を突っ込んだ時に、人形も一緒に押し込んだんだと思いますけど。
でも、これを見た瞬間、ココもやっぱり女の子なんだな、なんて思ったりして。



20070114222023.jpg

やっぱり無理か!


まあ、ついでですから、ブチッと押してやって下さい。
にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

久し振りのお散歩

.13 2007 ペット comment(2) trackback(0)
2007年1月13日(土)
ココ生後4ヶ月と18日

ココは朝6時前にお父さんに起されるのが一日の始まり。


20070113215124.jpg



いつもこんな格好で目を覚まして、

20070113215141.jpg


お父さんの膝の上で抱っこされて、しばらくはスキンシップをしてあげます。そのあと、ケージに戻され「トイレでシーシー」と「トイレでプープー」の掛け声で、お○っことウ○チをさせられるのが、朝の日課となっています。

いたずらをして、「いけない!」と叱られると飛んで来て、
20070113215857.jpg


お父さんの膝の上で小さくなります。悪いことをしたのは分っていて、

20070113215914.jpg


顔をそむけたり、

20070113215925.jpg


チラチラと人の顔を盗み見するので、叱る気がしなくなります。


今日は久し振りにお散歩。

20070113220609.jpg


元気良く走っていても

20070113220516.jpg


お父さんのことが気になるらしくチラチラ見ます。

20070113220545.jpg


20070113220637.jpg


ところが、多分音がするのか臭いがするのでしょうか、

20070113220741.jpg


排水溝の金網の前とか、マンホールの前で必ず

20070113220759.jpg


固まってしまいます。


20070113220622.jpg


それでも、すぐ元気に。



さて、今日の晩御飯は大根が残っていたのでブリを買ってきて、ブリ大根

20070113213713.jpg


それに、なすの田舎煮。たっぷりの油で炒めて水としょうゆを足して炒め煮するだけ。見栄えは悪いけど、なすと油は相性が良く、しょうゆのかおりが浸み込んでとろとろのやつをご飯にのっけると、何ともおいしい。

20070113213739.jpg


あとは、先日作った大根と帆立貝柱のキムチあえの残りと納豆。

食後はお母さん手作りのレモンと紅茶のクッキー。

20070113213756.jpg


今日はなかなか充実した夕飯でした。




20070113220647.jpg


遊びに来てくださった皆さん、ありがとでーす。また、来てくださいね。

にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

麻薬入り?

.12 2007 ペット comment(2) trackback(0)
2007年1月12日(金)
ココ生後4ヶ月と17日

ココに初めてグリニーズをあげてみました。

20070112164408.jpg

「お母しゃん、これ何ですかー?」

って感じで、余り興味がないのかと思ったら


20070112164428.jpg


おもむろに両手で挟んでペロペロ舐め始めました。


20070112164441.jpg

「アレ、これ  何か入っているのかしら?」



20070112164453.jpg

「何だか気分が良くなってきちゃった」

一心不乱にかじっています。

20070112164508.jpg

「ウットリします」



20070112164520.jpg

「天国にいるみたい」



20070112164531.jpg

「アー、気持ちがいい」



20070112164542.jpg

スースー

麻薬でも入っているみたい????


今日の晩御飯は栗原はるみさんの「肉団子のレモン風味」

20070112164936.jpg


扶桑社の栗原はるみ「たれ・ソースレシピ」という料理本に出ていたもの。
レモンソースというのを作っておいて、お酢の代わりにした肉団子の甘酢あんかけです。レタスのざく切りとブロッコリーがうまく合います。

たれとかソースを作っておいて、色々な料理の調味料に使うというのは、基本的にはお勧めできません。大抵使い切れないで期限切れになり、捨てることが多くてもったいない。全部使おうとすると料理が限定されてしまうし。(このレモンソースの場合は、「トムヤムクン風にゅうめん」とか「ポテトサラダ」とか「ブリステーキ」とかすぐに使いそうなレシピがついていたので、使い切りましたが)

ついでに言わせてもらうと、料理の鉄人とか名人の書いた料理本は使えるものは多くありません。レシピ通りの材料で同じ手順でやっても、余り美味く出来ないのです。これは、料理の腕と設備の違いで如何ともしょうがないことなんでしょう。


にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

カナダでの生活ー住まい

.11 2007 海外旅行 comment(2) trackback(0)
2007年1月11日(木)ココ生後4ヶ月と16日 20070111201406.jpg
今日もココパパの思い出話。興味のない人はとばして、お酒のおつまみにお勧めの料理を紹介してますから、そちらまで。 車の運転に泣かされ、言葉に泣かされ、次に泣かされたのは何と自分の住む家だ。アメリカよりも国土が大きいカナダだから、日本の住まいよりはずっと広い居心地の良い住空間を想像していた。 ところがオランダ人の上司が手配してくれたのは、ビルに囲まれた北向きの薄暗い、1LDKの狭苦しいアパート。日本の我が家よりも狭い。しかも備え付の家具が安物で薄汚く、ソファもスプリングが飛び出している。 こんなところにこれから2年半住むのかと思うと目の前が真っ暗になった。上司に相談すると、同じ予算内なら自分で探して引っ越しても良いと言う。 が、会社にはこういう場合に相談する総務部というものがない。日本人もいない。自分で新聞の不動産広告を見て探すしかない。 週末になると片っ端から電話して、慣れない英語で予約を取り、地図を見ながら危なっかしい運転で出向いて部屋を見せてもらう。2ヶ月で少しはましなアパートを見つけて引っ越した。 20070111162415.jpg
(二番目のアパート) 市の中心から車で10分くらいの住宅地にあり、70㎡くらいの家具付1LDK。 20070111170108.jpg
(部屋からの景色) それでも、理想的な住まいとは程遠い。結局その後、家具を自分で買い、家具の付かないアパートに移った。家具が付かない分だけアパートの賃料が安いので、滞在期間中で家具代は償却できた。 20070111164234.jpg
(3番目のアパートのリビングルーム) 20070111164252.jpg
(3番目のアパートのダイニング) 向かい側の棟には、こちらで知り合った日本人のI夫妻も住んでおり、何かと心強い環境になったが、ここまでたどり着くのに1年かかった。 20070111170126.jpg
(アパートから少しだけオンタリオ湖が見えた)写ってない! 20070111202648.jpg
(市の中心方向、朝焼け) 残りは1年半しかない。仕事はさておき、どんな楽しみがあるのだろう。(続く) 今日は、ご飯のおかずにも、お酒のおつまみにお勧めの一品。 <大根と帆立貝柱のキムチあえ> 20070111162626.jpg
もともとは、栗原はるみさんの「ごちそうさまがききたくて」に載っていたレシピに、白菜キムチを混ぜるだけ。キムチって発酵した酸味と旨みがあって、貝柱と合うんですよね。材料は大根     500g  千切り帆立貝柱缶詰 小1缶にんにく   1かけ 千切りしょうが   1かけ 千切り白菜キムチ(市販) 適量(ドレッシング)帆立缶の汁  大さじ2砂糖     大さじ2酢      大さじ5塩      小さじ1/2 作り方 ① 大根は4-5cm長さの千切りにして、塩小さじ1/2をからめ、5-6分してしんなりさせたあと、水気をかたく絞る。 大根の千切りが面倒臭いときは、こういう秘密兵器を使っています。 20070111163033.jpg
② ボールに大根、ほぐした帆立貝柱、にんにく、しょうがを入れ、ドレッシングをかけて全体をあえ、しばらくおいて味をなじませる。このままで、召し上がるのがはるみちゃんのレシペ。上品な味付けです。このレシピだと結構な量が出来るので、しばらく食べてから③へ移って味の変化を楽しみましょう。 20070111201849.jpg
お父しゃん、何作ってんの? ③   ②に白菜キムチを適量混ぜてあえる。特に古漬けになった残りかすのキムチが、これまたイケルのです。 これを肴に、焼酎のお湯割をチビチビなんて、たまりませんね。 20070111201924.jpg
(お前はジャーキの方か?) にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

カナダでの生活

.10 2007 海外旅行 comment(0) trackback(0)
2007年1月10日(水)ココ生後4ヶ月と15日(体重1.2Kg) カナダでの生活 カナダのトロントに着いて泣かされたのは車の運転だけではなかった。

>1978blogNOVA.jpg
(カナダでの最初の車NOVA)

先ず、言葉だ。
日本で外人が話す英語は、アタシたちの理解力に合わせてゆっくりと、やさしい表現でしゃべってくれていたんだ。現地では機関銃みたいにベラベラしゃべられて、眼が点だよ。「スピーク、スローリー、プリーズ」って言ったらキョトンとした顔してからようやく分かったらしく、オーケーと言ってくれた。英語のラリルレロはLとRがあるのだが、日本人はほとんどRで発音してしまうようだ。 “Speak srowry, prease”じゃ通じねーよな。
それと、数字の単位。距離とか速さはマイル(1マイルは約1.6Km)、重さはポンド、気温は華氏(ファレンハイト)。車を運転していてラジオから「今日は華氏40度で肌寒く、風も時速60マイルと強くなるので・・・・・・」なんて天気予報が聞こえてくると、日本人のアタシとしちゃどうしたって摂氏と秒速何メートルと換算したくなる。華氏温度から32を引いたものに0.555を掛ければ摂氏になる、風速はえーと、60マイルに1.6を掛けてKmになおし、それを60分で割り、更に60秒で割ればよい。こんな計算してたら、右側通行左ハンドル、追い越すときは左側からなんて慣れない運転は無理だ。ラジオを消すか車を止めることになる。
ガソリンはガロン単位だが、これは無視して常に「無鉛で満タン」を頼む。ガソリンスタンドでほとんどの人が、「フィリッタップ ウィズアンレデド プリーズ」と言っているようなので、口真似したら通じた。後で分かったが、”Fill it up with unleaded please”なんだ。 それから、日本で使っていた英語はどうも英国英語のようで、アメリカ英語よりも品が良いというか、済ました感じだった。例えばエレベーターで降りる人に「お先にどうぞ」は“After you”と言っていたが、カナダでは”Go ahead!”で何だか後ろから頭をこずかれて「さっさと降りろ、このうすらトンカチ」とでも言われているような気がした。まあ、慣れると却って気疲れがしなくなったが・・・・・・・(続く)

さて、ココは相変わらず遊び盛りだ。 紙を丸めてボールにして与えたら、

20070110173414.jpg
最初は、そっとなめなめ 20070110173430.jpg
あっちを見たり 20070110173443.jpg
こっちを見たりで、興味がないのかと思ったら突然 20070110173458.jpg
ウギャー!あ、眼がー!(飛び出したー!) 20070110173511.jpg
それからは、手で押さえてカミカミ、カミカミ 20070110173530.jpg
ボールの体をなさないまで食いちぎってしまいました。 20070110173544.jpg
今日もお遊びに来ていただき有難うでーす。又のご来場を。 ランキングから消えそうなんで、ひとつボチッ一押しお願いします。 にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

初詣・初運転

.08 2007 シニア日記 comment(4) trackback(0)
1月8日(月)ココ生後4ヶ月と13日 きのうは遅ればせながら、高尾山まで初詣に行って来た。 20070108092716.jpg
日本一の急勾配のケーブルカーに乗って 20070108092731.jpg
15分ほど歩くと108段の階段。 、20070108211618.jpg
やっとのことで上りきって薬王院に到着。ここで交通安全・家内安全のお札を買ってきた。 20070108092741.jpg
例年だと、甚だ不信心な我が家は正月のお参りは混むからと桜の花が咲く頃に初詣?に行ったりしていた。実は、昨年暮れに車で接触事故を起し車も気持ちもへこんでしまったので、今年はまじめに年初の初詣ということになった。 僕の運転が下手なのは親父殿のDNAに違いない。親父殿は停車中のトラックの脇腹に突っ込んで、運転を諦め免許証を返上した。 息子の私は、35才の時免許を取ってすぐカナダに赴任した。日本での路上での運転は仮免のときだけ。トロントの飛行場には上司のオランダ人が私に貸与する車で迎えに来てくれた。カナダでは車なしの生活はありえないから、ともかく慣れろと言って、ハンドルを握らされた。馬鹿でかいNOVAという車だ。当然左ハンドル。車は右側通行。生きた心地はしなかった。隣に座ったオランダ人の上司はもっと怖かったようだ。しょっちゅう横からハンドルに手を伸ばして進行方向を立て直してくれた。急ブレーキと急発進の繰り返しで、運転している自分自身が車酔いしたくらいだ。 我がトロント勤務はかくしてスタートした。(つづく) さて、今日はココは二回目のシャンプー。 20070108214810.jpg
ご期待にこたえてココのファルコン姿。 20070108214824.jpg
ドライヤーをかけてフワフワ、モコモコ。首を傾けてポーズしてくれました。 お寄りいただいたついでに、ボチッと一押しお願いします。 にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

丸得情報

.04 2007 ペット comment(2) trackback(0)
1月4日(木)
ココ生後4ヶ月と9日

さて、今日は数少ない読者の皆様にだけの丸得情報です。
あの、グルメ親父御用達の太郎兵衛そば本舗(HPはコチラ)のお蕎麦。我が家はここのほそぎり太郎兵衛そばを愛用しています。年越しそばもこの蕎麦です。

20070104223517.jpg


元々は友人のこだわりグルメW夫妻の紹介で取り寄せるようになったのですが、親父殿もすっかり気に入っています。

そしてここの寒づくり熟成そうめんも又コシがあって美味しい、お勧めの一品です。冬場は暖かく乳麺で。

20070104223530.jpg


この美味しさでお値段がお安い。バユリューフォーマネーです。

そしてこの蕎麦には、先日ご紹介した田中正造商店の海苔(HPはコチラ)。


さて、ココも我が家に来て2ヶ月弱、羽田に到着した11月11日には


20070102162553.jpg


こーんなにちっちゃくて、お人形の熊さんと同じくらいの大きさだったのに、現在は

20070102162520.jpg


熊さんよりもこんなに大きくなっています。

とは言ってもまだ体重は1.1Kgそこそこのおちびちゃんで可愛い盛りです。


20070102162430.jpg


カメラと比べても想像していただけると思います。
ココの撮影はもっぱらこのカメラを床に置いて、
スポーツモードで近くから広角でバシャバシャ連写し、
トリミングをして使っています。

それでは、この手法で撮れたボーロ遊びのココをどうぞ。

20070104230538.jpg

ヨチヨチ

20070104230610.jpg

ゴニョゴニョ

20070104230623.jpg

トリャー!

20070104230709.jpg

ちかれたー

20070104230729.jpg


この眼が可愛い。

20070104230746.jpg



広角にするのを忘れて、少し望遠になったまま撮れたのがこんな感じの1枚。

20070102162445.jpg


ま、これでも良しとしますか。
またまた、親ばかの一日でした。

まあ、ついでですから、ボチッと一押しお願いします。
にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

おせち料理

.03 2007 ペット comment(2) trackback(0)
2007年1月3日(水)
ココ生後4ヶ月と8日(体重1150g)


元旦は海外ではスルー感が強い、とニュージーランドの「羊の国のラブラドール絵日記」のゆうさんが言っていた。

カナダで働いていたときは、正月2日から出社して普通に働いていた。まったく、正月気分なんて味わえないのである。
正月がないというのは、1年のけじめがつかなくて、月日が連続的にだらだらと連なっているだけだ。
今年こそはと思う気持ちになんぞなれないのである。
年がら年中休み無く働いている感じだ。

20070103163353.jpg



その反動か、日本に帰ってからしばらくは、お正月の雰囲気が嬉しくておせち料理も気合を入れてあれこれ作ったりしたものだ。

それが最近は伝統的なおせち料理はすっかり手抜き。
お雑煮とあとは体裁だけ、数の子、田作り、黒豆、紅白なます、里芋の白煮、蒲鉾、イクラなんかを揃えてお茶を濁している。


20070103163402.jpg


ま、クリスマスを手巻寿司パーティーで盛り上がっちゃう我が一族だから、
正月にローストビーフとワインだっていいじゃんというノリで、
昨晩は平野レミちゃんのフライパンで作るローストビーフ。

20070103164036.jpg


肉の周りに焦げ目をつけて焼いてから、蓋をして弱火で5分蒸し焼きにしてから、火を消して肉の中が落ち着くまで5分待って薄く切るだけ。


肉の上に万能ネギの刻んだものと、にんにくのみじん切りを振りかければ見た目もきれいで、ポン酢を添えてお客様料理にもなる。(ア、そうすりゃ良かった。写真を見て、今思い出したりして・・・・・)



ココは今日現在、生後4ヶ月と8日で人間の歳でいうと7才と8ヶ月を過ぎたところだ。
ココパパがその年齢の時だと昭和24年4月、パリパリの小学1年生になった頃だ。

昭和24年になると戦後統制経済も一段と解除が進み、
1月に大都市への転入抑制が解除され、
4月には野菜の統制が撤廃、
10月にサツマイモが自由販売になった。

20070102160211.jpg

「大変な時代でちたねー」
 
一方、下山事件や三鷹事件など戦後の闇の中を思わせる暗い事件も相次いだ。

家庭ではラジオ全盛時代で、美空ひばりが「悲しき口笛」でデビューして大ヒット。
一方、高峰秀子が歌った佐伯孝夫作詞の「銀座カンカン娘」も大流行。

「あの娘可愛いや カンカン娘
 赤いブラウス サンダルはいて
 誰を待つやら 銀座の街角
 時計ながめて そわそわにやにや
 これが銀座の カンカン娘」



小学校でも思わず口ずさんだりすると先生から叱られた。

20070102160233.jpg


「テヘッ! 考えられなーい」


お父しゃんは、小学校に入るとピアノを習わされた。
全くやる気無いのに、親父殿の命令で始めたのだ。
楽譜を見ても何がなんだかさっぱり分からん。
先生がお手本に弾くのを見て、真似するだけの練習が続いた。
結局、小学校6年間楽譜を読めるようにならず、かろうじて「エリーゼの為に」が弾ける程度まで進んで、ピアノを止めた。

ココには決して無理強いはしない積もりだ。

20070103184404.jpg


オ、ココお前楽譜読めるんか?

20070103184423.jpg


よーし、お父しゃんが挫折した分をお前に仕込んだるぞー。

20070103185305.jpg


分かった、分かった、無理強いはせんから、
いてー!

ココにお年玉の一押しを!
にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

あけましておめでとうございます

.02 2007 ペット comment(5) trackback(0)
2007年1月2日
ココ生後4ヶ月と7日

20070102132228.jpg


今年もどうぞよろしくお願いいたしまーす。

ココは年明けから新しいおもちゃを見つけてじゃれています。

20070102132316.jpg


握りボールです。

20070102132327.jpg


大きすぎて噛めないので、這いつくばったり、

20070102132338.jpg


獅子舞みたいな格好をして、お正月を楽しませてくれました。

20070102132245.jpg


今年もココの瞳に見つめられて・・・・・・

ブログランキングに参加しています。ココに愛の一票を!
にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。