スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小里明子さんのチャリティーコンサート

.29 2012 音楽 comment(0) trackback(0)
120726花-3


7月18日(水)の昼下がり、メゾソプラノ小里明子さんのチャリティーコンサートに行って来た。
会場は北軽井沢ミュージックホール。


ホールの座席の後ろは壁がなく、中庭となっている。木が植えられているので緑の背景であるが青天井で、この前来た時は雷雨でピカゴロと賑やかだった。

会場ではカメラを2台持ったおじさんが、1台は三脚にもう1台は首にぶら下げてどのカメラアングルにしようかと、会場内を動き回っている。100人ほどの客席は80%ほどが女性(おばさん中心)で、知り合いが多いのだろう、あちこちで挨拶を交わしている。開演の1時半きっかりに、主催者のおばちゃまがゆったりと口上を述べる。

おばちゃまの友人が小里明子さんのお母様と知合いで、明子さんが東日本大震災の遺児を支援するためのチャリティコンサートを行っていることを聞き、ぜひ北軽井沢でということになった。
小里明子(メゾソプラノ)さんは東京芸大声楽家を卒業後、イタリアへ渡り、イタリア国立マントヴァ音楽院卒業、ミラノスカラ座研修所(合唱)終了。

おばちゃまの紹介で小里明子さんがにこやかに伴奏のピアニストを後ろに従えて登場。
本日のプログラムは、日本の歌やオペラ、ミュージカル、イタリア民謡などからお馴染みの曲ばかり。

プログラム


プログラムの進行はピアニストの方が務めた。普通にしゃべる発声から歌う発声に切り替えるのは、車で言えばローギアーからいきなりトップギアのフルスピードに入るようなもの。そんなギアチェンジを繰り返すより一定以上のスピード(発声)を保つ方が声のスムーズに出るのは確かだろう。小里さんは歌に集中して歌の出来でお客様に満足してもらうことが一番だ、と考えているのだ。


120718小里明子-7

最初の曲、「夏は来ぬ」は用心深くそ~っと声を出す。腹式呼吸で顔の共鳴を確かめながら、声を前方へ飛ばす。電車が駅から発車して次第にスピードを上げて行くかのようだ。


120718小里明子-5

プログラムが進むにつれて声にツヤとハリが増し、情感も豊かになる。


120718小里明子-10

プログラムの後半に入ると、すっかり歌の世界に入り込んで、目の前でカメラマンのおじさんがバシャバシャ写真を撮っても、飛行機が轟音を響かせて飛んでも、全然動じない。

120718小里明子-13


マイクなしでも会場の聴衆を包み込んでしまう声量である。やはりプロはスゴイ。



アンコールはお馴染みの名曲を自由自在にこなして聴かせてくれた。


120718小里明子-15

最初のアンコールは、ビートルズの"Imagine"。15才の息子さんがピアノ伴奏。おかあさんの表情豊かな表現と対照的に淡々と無表情に伴奏する。まだ恥ずかしい年頃なのだな。


アンコール2曲目、カンツォーネの「忘れな草」は思い出深い曲である。

40年ほど前、おかーさんとローマを訪れた時、フラッと入ったレストランで食事中のことである。バイオリンの伴奏で唄う歌手が近付いて来て、何か唄いましょうか? と聞いた(イタリア語は分からないが、そう言ったとしか考えられない)。そこで「忘れな草」を所望しようとしたけど、イタリア語の曲名が分からない。仕方なく、メロディを口ずさんだところ、即座に大きくうなずき、朗々と歌い上げてくれたのである。

目をつぶって聞いていると、過ぎ去りし若き頃の思い出が目に浮かび、しばし感傷にふける。

アンコール最後の「オーソレミオ」は切々と歌い上げ、エンディングのクライマックスでは背中がゾクゾクするような感動を覚えた。

こういう手作りの小さな音楽会は、親しみを感じさせて楽しいものである。

帰り際、主催者の方がお土産にずっしりと重いキャベツを下さった。

アタシより重かった

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スポンサーサイト

島津亜矢の魅力

.26 2012 音楽 comment(2) trackback(0)
120223花-2


先ごろ48才で急逝した米国ジャズ歌手、ホイットニー・ヒューストンの代表的ヒットナンバーに"I Will Always Love You"という曲がある。


I will always



love you


ジャズに関しては疎いので、ホイットニー・ヒューストンという歌手も知らなかったし、"I Will Always Love You"が彼女の持ち歌だったということも知らなかった。

知らなかったというのも、ボクにとっては当然と言えば当然で、脳の記憶容量が満杯の上、最近の記憶は保護されずにすぐ消去されてしまうのだから、覚えているわけがないのである。電源を切ったパソコンのフラッシュメモリーのようなもので、一晩眠れば昨日のことはおぼろげで頼りないこと甚だしい。

忘れる方が幸せ



しかし問題は記憶力だけではない。曲を聞く頻度も大いに関係がある。

昔は、ラジオやテレビから繰り返し英語の歌が聞こえていた。古くは江利チエミや雪村いずみのジャズだ。「テネシーワルツ」だの「ブルーキャナリー」だの意味は分からなくても、耳にタコが出来るくらい聴いていると自然と口ずさんだりしたものだ。

テレビでも「ペリー・コモ ショー」とか「アンディー・ウィリアム ショー」なんかもあって、映画の主題歌は日常的に耳に入っていた。
昭和40年代に入ると、日本の歌番組の全盛時代で、同じ歌手が同じ歌を連日のようにテレビで唄っていたものだ。こうして自然と耳に入った曲をカラオケで唄うようになるのである。
最近の歌は変化し過ぎて付いていけない。




"I Will Always Love You"という曲を知ったのは、演歌歌手の島津亜矢がテレビで唄っていたのを聞いたのがきっかけである。演歌歌手がジャズを唄うことは珍しくないが、島津亜矢の唄いっぷりは実に板についていてジャズシンガーそのものであった。その後ネットで探して、この歌が入っている島津亜矢のCDを購入した。

島津亜矢CD-1


島津亜矢CD-2

歌の好きな人なら分かると思うが、島津亜矢は耳から歌を覚えるタイプなのだろう。

心地よい音楽・歌が耳に入ってくる。うっとりと聴き惚れてメロディを追う。好きな旋律を口ずさむ。歌詞も載せてみる。好きな曲だから何回も聞く。自分でも唄ってみる。気分が良い。そうして唄っていると、自然とその歌が唄えるようになるのである。

そうして覚えた歌は、当然何回も聞いた歌手の唄い方に似てくる。

このCDを聴いていると、ホイットニー・ヒューストンや中島みゆき、岩崎宏美、中森明菜などが唄っているのではないかと思ってしまうほど本人たちに似ている。真似をしていると言うのではなく、それぞれの曲の完成した唄い方がそのままスポッと島津亜矢の身体の中に入ってしまっている感がある。

ポップスを唄う時の島津亜矢は、香西かおりの声に似ているし、岩崎宏美、中森明菜にも近い。伸びが良くてしかもパンチの効いた声で、演歌と違う魅力を秘めているように思われる。良いポップス曲にめぐり合えば、島津亜矢に大ブレイクの時が訪れるかもしれない。都はるみが「北の宿」にめぐり合ったように・・・。


そろそろ大ヒットを

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

島津亜矢と布施明

.20 2010 音楽 comment(2) trackback(0)
12日にオンエアーされたNHKの歌番組「日本のうた」を見逃してしまったが、おととい再放送があった。
島津亜矢と布施明がスペシャルステージで二人で歌う。


島津亜矢といえば、

島津亜矢a


ド演歌の女王みたいに思っていたが、以前見た番組で英語のスタンダード曲を歌っているのを聞いて、すっかり見直した。

今回も布施明の持ち歌である「シクラメンのかほり」を一緒に唄ったが、布施明よりも良かった。


島津亜矢b

この歌は小椋佳の作詞作曲で本人も歌ったが、布施明の方が大ヒットさせたもの。恐らくルックスの差だろう。


メロディーもいいが、歌詞も心がうずくような言葉が随所にちりばめられている。特に3番の

♪暮れ惑う街の 別れ道には
 
 シクラメンのかほり むなしくゆれて

 季節が知らん顔して 過ぎて行きました♪

なんてところは堪りません。

でもシクラメンって

それがねぇ・・・・


シクラメン

あるんですねぇ、最近は。

オソレイリマシタ


それにしても、随分値の張りますこと!




さて、島津亜矢と布施明、張り上げた声よりも静かなハスキー声の方が魅力がある。

どちらも声量があり表現力も豊かで歌唱力は抜群だが、島津亜矢が映画音楽やらシャンソンだったらどんな風に歌うか、一度聴いてみたいものだ。


布施明のド演歌


ヤダなぁ~・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

September Song

.23 2010 音楽 comment(0) trackback(0)
100921a.jpg


20日から軽井沢へ来ている。

9月になると思い起こすのがこの歌。

September Song

「5月から12月までは長い道のり。けれども9月がやってくると残された日々はもうわずか。もう戯れのゲームをしている時間はない」 と人生を12ヶ月に喩えた詩。

100921b.jpg


こんな意味の歌だが、このままの日本語では字余りになってしまって歌えない。
英語の詩が伝えようとする心情を汲み取って、思いきった意訳が必要になる。

井田誠一訳詞になるSeptember Song.

ヴァース(本体の歌の前に置かれる序奏部分)から、その見事な言葉の置き換えに唸ってしまう。

When I was a young man courtin' the girls I played me a waiting game
If a maid refused me with tossin' curls I let this old world take a couple of whirls
While I plied her with tears instead of pearls
And as time came along she came my way as time came along she came


幼き日のたわむれ 小川のほとり
君をおいてまろびぬ 君は巻き毛を風にまかせ
われを拒めばあはれ 術も無くて待つのみ
ただ 涙もて


But it's a long long time from May to December
But the days grow short when you reach September
And when the autumn weather turns the leaves to flame
And one hasn't got time for the waiting game

されど花は かく散り行き
今や我 待つに時無し
落ち葉のごと 短きは
恋のいのち 君よ君

Oh the days dwindle down to a precious few
September and November
But these few precious days I'll spend with you
These precious days I'll spend with you

共にうたわん 尊き日
September November...
共に過ごさん この宵
君をば 抱きて




September Songは英語でしか聞いたことが無かったが、淡谷のり子さんがこの訳詞で歌ったらしい。彼女の歌いっぷりならさぞかし心がうずくだろうな。



さて、この歌のイメージキャラクターにココを使うと、どうなるのかな?

Sept Song-1

されど花は かく散り行き



Sept Song-b

今や我 待つに時無し



Sept Song-c

落ち葉のごと 短きは



Sept Song-4

恋のいのち 君よ君






Sept Song-e

共にうたわん 尊き日



Sept Song-i

September November...



Sept Song-j

共に過ごさん この宵



Sept Song-h

君をば 抱きて


イメージ台無しだ。

これはやはり、淡谷のり子さんの日本語 September Song 、聴かなくては・・・。

島津亜矢、大変身か?

.24 2010 音楽 comment(2) trackback(0)
100524花a


評判の割にはあまり上手くないな思っていた演歌歌手の島津亜矢だが、昨日のNHK BS2の歌番組で歌っているのを聴いて驚いた。

島津亜矢



Yahoo ミュージックによると、

「幼い頃からのど自慢大会を荒らしまくり、最後には出場できる大会がなくなってしまったというエピソードの持ち主。15歳のデビュー時には作曲家、高木東六に「末恐ろしい」と、藤山一郎をして「日本の演歌の財産だ」と言わしめた天才である。
彼女の歌唱の魅力はスケールの大きさであるが、年を追うごとに感情の子細な機微を表現し得るようになり、若手の中でもズバ抜けた実力の持ち主である。21世紀には30代に突入し、演歌歌手としても脂の乗り切った時期だけに、これからの活躍が期待される。(リッスンジャパン)」

と紹介されていたが、これまでは声を張り上げるだけで、聴く者を惹きつける歌唱力を感じさせなかった。

それが、なるほどプロの見る目はやはり違うのだと納得させられる変身ぶりを昨日のテレビで発見したのである。
あの聞き苦しい喉声が消えて、顔の共鳴を効かせた心地よい発声に変わっていたのだ。

スッゴイ変身ぶり


48歳の歌姫誕生と騒がれた英国のスーザン・ボイルを彷彿させる艶のある伸びの良い声で、低音から高音までピアノでもフォルテでも楽に出せるようになっていた。

容貌も


圧巻は、"I Will Always Love You"というジャズ曲の歌いっぷり。演歌よりジャズの方が合うのではないかと思ったほどだ。さすがに、英語の言葉は聞き取りにくかったが、本場に行って2-3年でも身体にしみこませて来れば、本格的な日本人ジャズ歌手が誕生するかもしれない。

豊かな声量と、持って生まれた歌心がこれからどのように花開くのか楽しみになってきた。

チトホメ過ぎかな・・・? ま、いいか。



100524花b

心平さんと武彦さんと男声合唱

.24 2008 音楽 comment(6) trackback(0)
2008年3月24日(月)


男声合唱との出会い

先日、詩人草野心平さんの「富士山」という詩に感動した話を書きました。

高校1年、国語の授業のときのことです。(その話はコチラ)

080324a.jpg


この感動がまだ生々しく残っているうちに、

東大の男声合唱団「コールアカデミー」が僕たちの高校にやってきて、

多田武彦が作曲した男声合唱曲、「富士山」を聴かせてくれました。

080324b.jpg


最初のユニゾンで背中がゾクゾクっとしました。

080324c.jpg


心平さんの詩の世界が、美しいメロディーに乗って身体の中に流れ込んできます。

それから二声さらに四声へと分かれて和音に厚みが加わてくるにつれ、

080324d.jpg


080324e.jpg


心平さんの詩が美しいメロディと和音展開に溶け込んで、陶然とした心地になります。

080324f.jpg


080324g.jpg


この二重の感動で、男声合唱の世界にすっかりのめり込んでしまいました。

080324h.jpg


多田武彦さんという人は京都大学を卒業して、

富士銀行(現みずほフィナンシャルグループ)に勤めながら

作曲活動を続けた、なんだか小椋佳みたいな経歴の人です。

080324i.jpg

ところがそういうことが出来る人がいるんですよね・・・・・

武彦さんの曲の素晴らしさは、第一にメロディが優しく美しいことです。

詩の言葉を、話しているような自然な音のつながりにして

メロディを紡ぎ出しています。

さだまさしの曲もそうですよね。

080324j.jpg

そう、好きなんです。さだまさし。


彼の作曲する姿をテレビで見たことがありますが、

先ず詩を声に出して口ずさむ。何回も何回も繰り返します。

そのうちに、その口調にあった音階がスッと出てきます。それがメロディになるのです。

たとえば、「精霊流し」なんかでも

ミーーレレド ミーーレレド ファーミミレレーの旋律で

きょーねんの あーなたの おーもいでがー

と歌詞が乗りますよね。

武彦さんのもそんな感じなんです。

武彦さんが素晴らしいと思うことの第二は、

合唱の和音が美しいことです。

メロディと和音の美しさ、一度聴いたら骨のズイまでしびれます。

「富士山」もいいし、中原中也の「在りし日の思いで」なんかも好きです。

皆さんも機会がありましたら是非聞いてみてください。きっとシビレますよ。

080324k.jpg



ランキングに参加していま~~~す あなたのひと押しが支えです。
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

カルテット練習

.05 2007 音楽 comment(8) trackback(0)

2007年3月5日


ココ生後6ヶ月と10日(体重1.5Kg)


昨日は高校の同級生で作っているカルテットの練習。S君の自宅にある貸しスタジオで2時間ほど「千の風になって」とか「恋人よ」、「今日でお別れ」など日本語の歌を集中的に練習した。


20070305181805.jpg


「千の風になって」は先日のブログで言っていたように、三回目の修正でようやく満足できるレベルに達した。そのうちにブログにアップする技を身につけたら披露したいものだ。


練習後は、各自が持ち寄った料理とワインで夕食を楽しむのが恒例となっている。


20070305181927.jpg


先ずこのつきだしと白ワインから始まって


 


20070305182012.jpg


ネギのサラダ


20070305182025.jpg


たこサラダと進むうちに、白ワインは終わり


 20070305182359.jpg


茹で豚では赤ワイン


20070305182410.jpg


こんにゃくのピーナッツあえをつまみながら、瞬く間に次の一本に手がかかる。


20070305182429.jpg


そして豪勢な五目ちらし寿司をむさぼりながら、二本目の赤ワインをすする。


この他にS君の奥方による穴子をレンコンのすり身で包んで蒸した料理も出たが、写真を撮り忘れた。(ゴメンナサイ)


20070305182936.jpg


全体のテーブルセッテイングです。


食後は毎度のことながら、リビングにある超大画面のテレビでオペラのDVDを鑑賞。


20070305183344.jpg


オペラには詳しくないボクも、この画面と音響の大迫力にすっかり引き込まれてしまう。


 かくして、楽しく美味しいひと時を過ごたあと、ココの待つ我が家へ一目散。


さあ、お利口にお留守番をしてた(と思う)ココにもご褒美。


20070305203821.jpg


そう、ちゃんとお座りしてね。「待て」


20070305203955.jpg


ホント、お前は食べるときだけはいい子だね。そう、「待て」だよ。


 


20070305204415.jpg


まだまだ、待て。待てだよ。


 


20070305203934.jpg


よーし。


20070305205129.jpg


マア、そうヤケを起さんで。お前、いつも喜んでるじゃんか。


 

「千の風になって」

.28 2007 音楽 comment(4) trackback(0)

2007年2月28日(水)ココ生後6ヶ月と3日


最近、「千の風になって」という歌が話題になっている。昨年末の紅白歌合戦で秋川雅史が歌って、人気に火がついたようだ。


20070228211205.jpg


この歌を知ったのは数年前の朝日新聞の「天声人語」。作家の新井満氏が英語の原詩を訳詩し曲をつけた(そのいきさつは<コチラ>)ものだと紹介されていた。


早速CDを買って聴いてから、すっかりこの曲のトリコになった。この曲を歌っていると失った大切な人(や動物)が、いつも自分の身の回りに居る様な気がするのだ。


20070228213511.jpg
 (生前の太郎)


高校の同級生とやっているカルテットでも歌いたくて、カルテット用に編曲してみたが、イマイチ納得のいくものになっていない。もう一回修正を加えれば自分のイメージしたものになると思う。


20070228214927.jpg


ところで、我々が新しい曲を覚えるときには、先ず楽譜を見て音程・リズムを音符通りに歌うことから始まる。最初は歌詞をつけずにラ・ラ・ラで正確にハモれるまで練習する。次に歌詞をつけてハモらせる。


ところが録音して聴いてみると、楽譜通りに正確に歌詞をつけて歌うと、まるで歌の感動が伝わらないのだ。詩が持つメッセージが聞こえず、音符が聞こえてくる。


20070228215722.jpg


市川昭介氏が生前、シロウトの歌唱指導をしているTV番組をよく見た。歌詞の言葉をすごく丁寧に伝える歌い方が印象的だった。それまで縁遠かった演歌も、それで好きになった。どんなジャンルの歌でもその歌の心を伝える歌い方がある。それは誤解を恐れずに云えば、


「楽譜優先ではなく、歌詞優先」ということ。言い換えれば


「音に乗せて言葉を伝える」ように歌うこと。


20070228220441.jpg


「千の風になって」で云えば、二番の途中に「ふゆはーダイヤのようーにー、きらめくゆきになるー」と言葉が音符についているが、「きらめくゆきにな」は同じ長さの音符である。言葉として「煌めく雪になる」を気持ちを込めてしゃべると、詰まったり間があったりする。歌でもしゃべるように歌わないと、言葉の意味が伝わらないのだ。


 布施明なんかも言葉を伝えようとする歌い方に変わってきて、説得力のある歌い手になったが、しゃべるように歌う歌手の筆頭は、クミコではないだろうか?


20070228221053.jpg


ボクの葬式の時には彼女の歌う「千の風になって」を是非聞きたいものだ?????


20070228221537.jpg

 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。